HOME > 初心者英語 > これだけ英文法

これだけ英文法

 
Presented by 「Mr.Evineシリーズ」
入門・初級者向け英文法書籍「Mr.Evineシリーズ」でおなじみのMr.Evineさんが、「初心者が理解しておくべき文法項目30」を選別し、解説を例文付きで紹介します。 毎日1つずつ文法項目を学んでいくことで、英文法の「苦手意識」を克服しましょう。確認クイズにもチャレンジ!
LESSON 22
不定詞 形容詞的用法と副詞的用法
不定詞の形容詞的用法 「…するための~、…するべき~」
「to+動詞の原形」の形を不定詞と呼び、不定詞は英文の中で名詞・形容詞・副詞のいずれかの働きをします。それぞれ「不定詞の名詞的用法」「不定詞の形容詞的用法」「不定詞の副詞的用法」と言い、ここでは形容詞と副詞の働きをチェックしていきます。

形容詞は、a happy smile(幸せな笑顔)のhappyのように、普通は「形容詞+名詞」の形で前から名詞を修飾します。一方、不定詞は後ろから名詞を修飾します。この違いはとても重要ですので、しっかりと区別しておきましょう!

「僕は何か飲み物[飲める何か]が欲しいです」 I want 名詞something 不定詞to drink.
「私には答えるべき質問がたくさんあります」 I have a lot of 名詞questions 不定詞to answer.

不定詞 to drink が後ろから前の名詞somethingを詳しく説明しています。2つめは、不定詞 to answer が後ろから前の名詞questionsを詳しく説明しています。

「不定詞の形容詞的用法」は、「…できる+(名詞)」(=can)または「…するべき+(名詞)」(=should)というニュアンスで考えることができます。

something to drink → can drink something
a lot of questions to answer → should answer a lot of questions

不定詞の副詞的用法 「…するために、…して[…したから]」
形容詞も副詞も同じ修飾語ですが、形容詞は名詞、副詞は名詞以外につながり、両者にはすみ分けがあります。不定詞の副詞的用法では次の2点を押さえておきましょう。

不定詞の副詞的用法 「…するために」という意味で目的を説明する
「…して[…したから]」という意味で原因を説明する



では用法を例文でチェックしましょう。

目的:「僕は彼女を手伝うために残業しました」 I worked overtime 不定詞to help her.

I worked overtime(僕は残業した)だけでは残業した目的が分かりません。不定詞to help her(彼女を手伝うために)がそれを説明しています。

原因:「僕はまた君に会えて、とても幸せだった」 I was very happy 不定詞to see you again.

I was very happy(僕はとても幸せだった)のままでは幸せの原因が分かりません。不定詞to see you again(また君に会えて)が「なぜ幸せだったのか」を説明しています。


今日のクイズ
不定詞の形容詞的用法と副詞的用法を使い分けましょう!
次の英文のうち、不定詞が「形容詞的用法」の働きをしているものを1つ記号で選びましょう。
(a) They were very sad to hear the news.
(b) He has a family to support.
(c) I went to a bookstore to buy the magazine.

解答と解説はコチラ


メルマガ登録