HOME > 初心者英語 > これだけ英文法

これだけ英文法

 
Presented by 「Mr.Evineシリーズ」
入門・初級者向け英文法書籍「Mr.Evineシリーズ」でおなじみのMr.Evineさんが、「初心者が理解しておくべき文法項目30」を選別し、解説を例文付きで紹介します。 毎日1つずつ文法項目を学んでいくことで、英文法の「苦手意識」を克服しましょう。確認クイズにもチャレンジ!
LESSON 10
命令文「…しなさい」「…するな」表現
一般動詞、be動詞の命令文
命令文「…しなさい」と典型的な命令口調のほかに、「…してね」「…してください」「…してごらん」など柔らかい口調で指示文としても使えます。たった1つの英語の表現でも話す状況によっていろいろな解釈ができるわけです。それでは一般動詞の命令文を肯定文と比較してみましょう。
肯定文 「あなたは熱心に勉強します」 You study hard.
命令文 「熱心に勉強しなさい」 Study hard.

肯定文 「あなたは静かです」 You are quiet.
命令文 「静かにしなさい」 Be quiet.


主語を略して動詞の原形で始まる英文にすればOKです。be動詞am / is / areの原形は、その名前の通りbeです。主語がなくなるので主語に合わせた動詞の形ではなく常に原形であることも押さえておきましょう。

否定の命令文を表現するDon't ....
次にDon'tを用いた命令文の否定の形をチェックしましょう。
「走りなさい」 Run. → 「走るな」 Don't run.
「真剣になりなさい」 Be serious. → 「真剣になるな」 Don't be serious.


「Don't+普通の命令文」の形で「…するな」「…しないで」「…にならないで」という意味です。be動詞であってもdon'tを用いることがポイントです。

命令文に丁寧な雰囲気を加えるplease
命令文に「ぜひ」「どうか」「…してください」という意味のpleaseを加えることで命令調を和らげ、丁寧さを出す効果があります。
「泣くな」 Don't cry. → 「どうか泣かないで」 Please don't cry.
「恥ずかしがるな」 Don't be shy. → 「恥ずかしがらないで」 Don't be shy, please.


pleaseを用いることで命令調が和らぎ、丁寧さが出ます。pleaseは基本的には文頭または「, (コンマ)」を付けて文末に置くと覚えておきましょう。

今日のクイズ
命令文の形をチェック!
次の日本語を参考に、命令文の形が文法的に誤っているものを記号で1つ選びましょう。
(a) Don't be afraid. (恐れないで)
(b) Please don't be stupid.(ふざけないでください)
(c) Don't call me, please.(私に電話をしないでください)
(d) Be cool.(冷静になりなさい)
(e) Kenta, stays home.(ケンタ、家にいなさい)

解答と解説はコチラ


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録