HOME > 初心者英語 > これだけ英文法

これだけ英文法

 
Presented by 「Mr.Evineシリーズ」
入門・初級者向け英文法書籍「Mr.Evineシリーズ」でおなじみのMr.Evineさんが、「初心者が理解しておくべき文法項目30」を選別し、解説を例文付きで紹介します。 毎日1つずつ文法項目を学んでいくことで、英文法の「苦手意識」を克服しましょう。確認クイズにもチャレンジ!
LESSON 11
be動詞と一般動詞の過去形
be動詞の過去形「(主語)は…でした」
be動詞の過去形was / wereで、過去の主語の状態・状況「(主語)は…でした」を表現することができます。
現在形 「私は先生です」 I'm a teacher.…現在も先生.
過去形「私は先生でした」 I was a teacher.…現在はもう先生ではない

be動詞の過去形はwas / wereの2種類のみで、現在形am / is→過去形was、現在形are→過去形wereとなります。

was / wereを用いた否定文と疑問文の作り方は、現在形の文と同じです。

肯定文「あなたは怒っていました」 You were angry.
否定文「あなたは怒っていませんでした」 You weren't [were not] angry.
疑問文「あなたは怒っていたのですか?」 Were you angry?
── 「はい、怒っていました」 Yes, I was./「いいえ、怒っていませんでした」 No, I wasn't.


was / were+notで否定文となり、was / wereを主語の前に出して、ピリオドを「?」にすれば疑問文の完成です。

一般動詞の過去形「(主語)は(過去に)…しました」
基本的に「一般動詞の原形+(e)d」一般動詞の過去形とし、「…しました」を表すことができます。
現在形 「私はテニスをします」 I play tennis.…現在もテニスをする習慣がある
過去形 「私はテニスをしました」 I played tennis.…過去の出来事。現在もその習慣があるかどうかは不明


過去形は過去の出来事(動作や状態)を示す形です。一般動詞の過去の否定文と疑問文の作り方はbe動詞と同様、現在形の文と変わりません。まとめて確認しておきましょう。


肯定文「彼は熱心に勉強しました」 He studied hard.
否定文「あなたは怒っていませんでした」 「彼は熱心に勉強しませんでした」 He didn't[did not] study hard.
疑問文 「彼は熱心に勉強しましたか?」 Did he study hard?
── 「はい、しました」 Yes, he did. / 「いいえ、しませんでした」 No, he didn't.


現在の文ではdo/doesを用いますが、過去の文では、didを用います。また現在の文と同様、否定文や疑問文では動詞は原形に戻すということも覚えておきましょう。
今日のクイズ
過去形の形をチェック!
次の英文のうち、日本語を参考に文法的に正しいものを記号で1つ選びましょう。
(a) He didn't studied last night.(彼は昨夜、勉強しませんでした)
(b) Are you a doctor?(あなたは医者ですか?)
(c) I'm very angry then.(僕はそのときとても怒っていました)
(d) Does he eat fish?(彼は魚を食べましたか?)
(e) Did you travel alone? ? No, I don't.(1人で旅をしたのですか?―いいえ、していません)

解答と解説はコチラ
  • アルコムワールドで日記を書く

英辞郎 on the WEB

メルマガ登録