HOME > これだけ英文法

これだけ英文法

 
Presented by 「Mr.Evineシリーズ」
入門・初級者向け英文法書籍「Mr.Evineシリーズ」でおなじみのMr.Evineさんが、「初心者が理解しておくべき文法項目30」を選別し、解説を例文付きで紹介します。 毎日1つずつ文法項目を学んでいくことで、英文法の「苦手意識」を克服しましょう。確認クイズにもチャレンジ!
LESSON 3
形容詞 vs 副詞
形容詞と副詞の共通点と違い
英単語の勉強において形容詞と副詞を混同していませんか? 混同してしまう原因の1つは、日本語で考えるからです。文法的な働きに注目すれば、それほどまぎらわしくはありません。では早速、両者の働きについて整理しましょう。

 共通点相違点
形容詞ほかの単語を詳しく説明する修飾語名詞を修飾する
副詞名詞以外のすべてを修飾する


形容詞も副詞もどちらも修飾語です。修飾語とはほかの単語につながりその単語についてあれこれ説明する言葉です。そして形容詞は名詞、副詞は名詞以外につながるつまり修飾先が異なるわけです。お互いうまくすみ分けているわけですね。簡単にそれぞれの基本的な用法を整理しておきましょう。

形容詞名詞の前後(通例「形容詞+名詞」)に置き、その名詞を説明する言葉で、人や物事の「性質」「状態」「形」「数量」などを表す
副詞名詞以外のさまざまな言葉を説明する言葉で、主に「場所」「時」「程度」「頻度」などを表す


似たもの単語でも働きに注目!
早速ですが、次の英文には1カ所だけ文法的な誤りがあります。

「父はとても上手に歌を歌います」 My father sings songs very good.

結論から言えば、goodが誤りでgoodをwellにすれば正解です。good(良い)、well(上手に)と日本語の意味だけを考えると大差ないような気がしますね。しかし、両者には決定的な品詞の違いがあります。goodは形容詞、wellは副詞です。品詞が異なれば、同じ使い方はできないのです。

副詞はwell → sing 「上手に歌う」という形で動詞sing(s)につなげる(修飾する)ことが可能ですが形容詞にはそれができません。冒頭の通り、形容詞は「名詞」のみを修飾するからです。

(○)My father sings songs very well.
今日のクイズ
形容詞と副詞を区別しましょう!
次のhardのうち形容詞のものを記号で1つ選びましょう。
(a) You study hard.(あなたは一生懸命に勉強します)
(b) It rained very hard last night.(昨夜はとても激しく雨が降りました)
(c) He is a hard worker.(彼は働き者です)

解答と解説はコチラ
  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録