HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 名詞節・形容詞節・副詞節 > 名詞節・形容詞節・副詞節(6)


苦手なりの受験英語

 

2016年7月 4日

名詞節・形容詞節・副詞節(6)

今回は確認問題です。やってみてください。


問題:次の英文の下線部が、「名詞節・形容詞節・副詞節」のどれになるか答えなさい。


1 I know when he will come here.
2 I know the time when he will come here.
3 I will be very happy when he comes here.


======
======
======
======
======
======
======
======
======
======
======
======
======
======
======
======
======
======
======
======
======


答えましたか? それでは解答・解説!


問題
1 I know when he will come here.


正解
 名詞節


解説
 know目的語は何か→ when he will come here のまるごと。
 目的語[when he will come here]は名詞の役割を果すものしかなれない。
 したがって⇒名詞
(訳例:私は彼がいつここに来るかを知っている)


---


2 I know the time when he will come here.


正解
 形容詞節


解説
 know の目的語は何か→ the time。この結果 when he will come here は名詞節ではないことが判明する。
 次に when he will come here が the time を修飾しているかどうか確認する
 [when he will come here][the time]
 [彼がここに来る来るだろう][時間] … 問題ない。
  [when he will come here] は time という名詞を修飾している
   名詞を修飾するのは「形容詞の役割」である
 ⇒したがって⇒形容詞
(訳例:私は彼がここに来る時間を知っている)


---


3 I will be very happy when he comes here.


正解
 副詞節


解説
 まず be は自動詞で目的語が関係ない。補語が必要。で補語は happy として存在している。
 beに 必要な補語が文に存在することが分かった段階で when he comes here は名詞節ではないことが判明する。<補語が存在してなかったら 逆にこの節が名詞節と考えられられる)
 名詞節の可能性がなくなった段階で、
 次に when he comes here が happy を修飾しているかどうか確認する
  happyは形容詞。
  when he comes here名詞を修飾するなら「形容詞節」と言える。が happy形容詞名詞ではないからこの段階で when he comes here は形容詞節でもないと言える。
 したがって、⇒副詞節
 ちなみに、 when he comes here は [I will be very happy] という文全体を修飾している。
(訳例:彼がここに来る時、私はとてもうれしいだろう)


なお、最後の
3 I will be very happy when he comes here.
 この英文だけ will がついていない明らかに未来の話であろう。でも will がついていない
 誤文か? いや違う。実はこの場合、未来の話であっても will を入れてはいけない


 何故か分かるだろうか?


実は
 「時・条件を表す副詞節は未来のことでも現在時制で書く」というルールが存在するからである。
これは大変重要なルールである。
 該当部は when S + V ~ という節である。when があることからこれは[を表す節]であることが分かるだろう
 そしてこれは、今確認したとおり、副詞節である。


したがって
  I will be very happy when he comes here.
 ? I will be very happy when he will come here.
となる。


-----


最後の
3 I will be very happy when he comes here.
 この英文だけ will がついていない。明らかに未来の話であろう。でも will がついていない。
 理由は「時・条件を表す副詞節は未来のことでも現在時制で書く」というルールが存在するから。


  ↑これは想像以上に超大事なルールです。このルールを説明したいがために、今回「名詞節・形容詞節・副詞節」を詳しく説明したのです。
 この場合の when he comes here は「副詞節」である、と、たちどころに認識できるようになって下さい


今回は以上でした。いかがだったでしょうか?


この続きは来週の月曜日です。金曜日に文法放送は有りますが、6月からはアルクからの告知はありません。
 最新情報はここをクリックして参照して下さい。


来週は1回雑談入れます。そしてまさにその来週更新(2016年7月11日(月))の雑談で、アルクでの「苦手なりの受験英語」は最終回を迎えます。


(↓目次はこちら)
目次ページへ

Comments