HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 雑談 > 苦手なりの受験英語:アルク最終回


苦手なりの受験英語

 

2016年7月11日

苦手なりの受験英語:アルク最終回

足掛け12年間ありがとうございました



 前から仄めかして来ましたが、今回を持ちまして「苦手なりの受験英語」が終了いたします。第1回連載が2005年6月16日ですから、足掛け12年の連載でした。



 先んじてコミケのお知らせを1つ。この夏のコミケのブースは取れました。サークル「マウスバード」は3日目・2016年8月14日(日)東-フ01b に配置されています。新刊は「マンガで覚える英文法・改 第9巻 助動詞編」です。オタクバージョンで例文は「おそ松さん」です。



---



 では改めまして、シメの言葉を。



 アルク様は語学学習出版社であるのに、よくこんな酷い内容の連載を許してくれたものです(大変感謝しております)。足掛け12年の連載内容は私の英語に対する憎悪と悪口で充満しています。もしあなたが(最終回にもかかわらず)ここを初めて読む人ならば、どこでも良いので過去ログを御覧ください。私の英語に対する恨みと怨念が多く書かれていることが分かるはずです。個人的には、2012年度のセンター試験にその怒りをぶつけたこの回がお気に入りです。私がどれだけ英語が嫌いで、憎み、恨み、妬み、憎悪してきたかがわかると思います。



 ただ、そんな英語嫌いでも、英語を学習すること自体は可能です。もちろん、英語が嫌いだからそもそも英語を勉強したがらない。エンジンが掛からない。かかったとしてもすぐ止まる。それは英語が苦手な人なら当たり前の話。このブログはそんな人でも英語学習がしやすく、かつ成績が伸びるヒントを掲載したつもりです。



 第1回目の連載を御覧ください。↓そこにはこう書いてあります。



> 肝心なことは

> ・「英語が嫌いな人向け」「英語が好きな人向け」

> ということです。



 世間でよく言われるような勉強法は、英語が好きな人向けなのです。このブログはそういう英語が好きな人向けの情報をバッサリ否定してきました。このブログでは、そうではなく「英語が嫌いな人ならば、こうするべきだ」という情報を載せてきました。このブログは今後もこのまま残して下さるそうなので、折にふれて読み直していただけると嬉しいです。



---



 それにしても、まだまだ書き足りないですなー。英語に対する嫌悪・怨念・恨みつらみ、卑下、憎悪を私はまだまだ全然吐き出せていない! アルク様の連載は今回で終わりますが、Q-Engで続きを書きます。英語が嫌いな人が喜ぶような内容を今後も書き続けます。引き続き毎週月曜日の更新予定です。



 Q-Eng での続きはこちらです。



では皆様、足掛け12年ありがとうございました。Q-Engでお会いしましょう! さらば!



(↓目次はこちら)

目次ページへ

Comments

Dr. Sさん

こちらこそご無沙汰しています。
理系の学者さんでいらっしゃるDr. Sさんには長年大変お世話になりました。
Dr. Sはかなり以前から私のこのブログを読んでくださっているようですね。連載開始ぐらいからでしょうか?
特に↓この回では数学の問題の解答をお寄せ下さって感謝しています。
http://www.alc.co.jp/beginner/article/mouthbird/2005/07/post_6.html
数多くのコメントをありがとうございました。普段英語を使っていらしゃるDr. Sさんのご意見は大変ありがたかったです。

現在の私の生徒に「英語での英語の授業」が1つあるそうです。生徒に聞いたら「誰も話を聞いてない」そうです。ちなみにこの生徒は英語が好きでかなり英語ができる生徒。彼が聞いていないのですから、他の生徒が聞くわけがないですね。なんという無駄な時間なのかと思っています。彼にはちまちま英文法を教えてます。

アルクでの連載は終わりますが、Q-Engで続きを書きます。毎週月曜日の更新予定です。
http://q-eng.com/?m=pc&a=page_fh_diary_list&target_c_member_id=2&category_id=14512
よろしければ、Q-Engにご登録下さい。そしてコメントを下さればありがたいです。普通のSNSサイトですから。よろしくお願いいたします。

では!

マウスバード様

ご無沙汰しております。
Dr. Sです。

12年間ご苦労様です。
いつも楽しく拝見させていただいため、ちょっと寂しくなりますね。
英語を巡っては日本は何かおかしな方向に向かいつつありますね。
せいぜい2割程度しか必要のなく、標準的な学生の英語力の土台の構築を無視し、対費用効果の低い会話教育を行ったり、あるいは、日本の強みである母国語による自然科学の高等教育を放棄しつつあることは、危惧すべきことです。

いろいろ未来は暗そうですが、何とか希望が見えるといいですね。
ではでは。

>atepekoさん

コメントありがとうございます。長きに渡り3分間英文法無料動画講義のチャット受講者であるatepekoさんが、ESS出身者だとは知りませんでした。私はESAでしたが、英会話の訓練はかなりさせられたはずです。普通はそういう方は文法を学ぶことはまず無いのですが、よく私の講座を受講することを選んで下さいました。

このブログは「英語が好きで得意な社会人」には見向きもされない内容のつもりで書いてきました。「英語が嫌いで苦手な受験生」向きの内容のつもりだからです。ですがどうも「英語が好きで得意な社会人」も読んでくださっているようです。そのことがよく分かりました。

atepekoさんには3分間文法動画が随分肌にあったようですね。atepekoさんは授業中もよく「この知識が英会話で役立っている」と仰って下さいました。全ての英語学習者に文法が必要とは私は思っていませんが、atepekoさんにはこの3分間動画がちょうど良い質と量なのかもしれません。なにせ3分間文法動画の200回以上の新放送にatepekoさんはほぼ皆勤賞ですから。。。私も講義をしていて実に貼り合いがあります。

この続きはQ-Engで行います。

ではまたチャット講義でもお会いしましょう。

mouthbird先生

12年間にわたる連載、ありがとうございました。

私は、中学の部活動はESSに属し、どちらかといえば英語が好きで、得意な人間だと思っていました。そして英語は耳から聞いて自分で発音してこそ良い英語学習だと思い込んで来た最初の世代だと思います。社会人になっても、その思いに従って、あまり上達しない英会話学習を細々と続けていました。
バイリンガルの先生について、たくさんの英語を聞き流し、いくらかは聞き取れるようになりました。テキストの会話文だって生徒同士ペアになってかなりの数を反復練習してきました。決して熱心とは言えませんが、それなりに頑張ってきました。
そんな学習を続けるうちに、いつしか時代は流れ、英会話学習は大ブーム。音声や画像で皆が手軽に英語学習できる時代がやってきました。世の流れはグローバル、さぁ私も自分の思っていることを英語で話してみようと思い、試してみました。しかし、残念なことにちっとも口から英語が出てこなかったのです。

疑問に思った私は自分に何が足りないのか考えました。いろんな英語学習法を調べ、そこで出会ったのが、先生のこのブログでした
先生が。私の長年の思い込みを打ち消しました。学生時代にバカにして忌み嫌っていた文法こそが、自分の英語を変えてくれるのではないかと気づき、過去の3分間英文法動画を最初から順番に見続けました。そして、ついに、先生の英文法講義に参加しました。相当にドキドキしながら受講した日をよく覚えています。

今ではその講義も新放送となり、2巡目の学習を続けています。飽きっぽい私が根気よく講義を続けられるのは、英語が大嫌いなmouthbird先生の熱意あるご指導のおかげです。そして、講義を受け続け、英会話上達にも英文法学習が必須のものだと、私自身確信しているからです。

先生、12年間本当におつかれさまでした。これからもブログを楽しみにしています。
そして、英文法講義を続けてくださってありがとうございます。
このコメントを書くことによって、初心を思い返すことができました。これからもどうぞご指導よろしくお願い致します。  atepeko