HOME > 初心者英語 > 苦手なりの受験英語 > 名詞節・形容詞節・副詞節


苦手なりの受験英語!

 

2016年5月30日

名詞節・形容詞節・副詞節(1)

新しいシリーズは「名詞節・形容詞節・副詞節」というものにします。名詞節・形容詞節・副詞節って言葉を知っているでしょうか? もし知らなくても、聞いたことぐらいはあるのではないでしょうか?
実のところ、私は過去にここで説明しています。ですがどうも短すぎてわかりにくいのではないか…と思いました。そこで今回はもう少しわかりやすく説明したいと思います。


今回は早速説明に入ります。


まず「節」という言葉から説明します。英語の先生が「この節は…(うんたらかんたら)」という説明をするときの「節」ってなんだかわかりますか? わからない人のためにここから説明します。


定義
「節」…文中で意味を持つ単語のかたまりのうち、S(主語)+V(動詞)を含むかたまり

簡単な例文で節を説明しましょう。
例文
 When I was young, I lived in Tokyo.
(私が若かった時、私は東京に住んでいた)


まず、この英文から「節」を探してみましょう


この英文は
・when I was young(私が若かった時)
・I lived in Tokyo.(私は東京に住んでいた)
この2つに大きく分けられるのは分かりますか?


when I was young ←こっちは、主語(S)が I 、動詞(V)が was
I lived in Tokyo. ←こっちは、主語(S)が I 、動詞(V)が lived
という具合に、両方共「S(主語)+V(動詞)」が含まれているかたまりです。


なので
when I was young
I lived in Tokyo.
  ↑この両者をそれぞれ「」と呼ぶことができます。


まずはここを確認しましょう。こういうものを「節」と呼ぶのだ…と認識して、次のステップに入りましょう。
よろしいでしょうか?


 この続きは来週の月曜日です。
金曜日に文法放送は有りますが、6月からはアルクからの告知はありません。
 最新情報はここをクリックして参照して下さい。


(↓目次はこちら)
目次ページへ

2016年6月 6日

名詞節・形容詞節・副詞節(2)

前回で「節」とは何かを説明しました。
「主語と動詞(~)」のある塊です。

それを踏まえて、今回は次の英文を見て下さい。


1 I know that he is ill.(私は彼が病気であることを知っている)
2 I know the boy who has blue eyes.(私は青い目を持っている少年を知っている)
3 I know the boy because I have met him before.(なぜなら私は彼に会ったことがあるので、私はその少年を知っている)


今回はこの3つの英文の節について考えます。
この3文はそれぞれ、「2つの節に分ける」ことができます。


確認しましょう。


1 I know that he is ill.
これは
・I know(私は~を知っている) 主語…I 動詞…know
・that he is ill.(彼は病気である[こと]) 主語…he 動詞…is
の2つの節に分けられます。


2 I know the boy who has blue eyes.
これは
・I know the boy(私はその少年を知っている) 主語…I 動詞…know
・who has blue eyes.(…は青い目を持っている) 主語…who 動詞…has
の2つの節に分けられます。


3 I know the boy because I have met him before.
これは
・I know the boy (私はその少年を知っている) 主語…I 動詞…know
・because I have met him before.(なぜならば私は以前彼に会ったから) 主語…I 動詞…met
の2つの節に分けられます。


それぞれ「主語と動詞」があるでしょう? だから2つの節に分割できるわけです。
ここまで良いでしょうか?


実は
1 I know that he is ill.←この英文の場合
・I know
・that he is ill.(←この節を名詞節と呼ぶ)


2 I know the boy who has blue eyes.←この英文の場合
・I know the boy
・who has blue eyes.(←この節を形容詞節と呼ぶ)


3 I know the boy because I have met him before.←この英文の場合
・I know the boy
・because I have met him before.(←この節を副詞節と呼ぶ)


…となっています。なぜそうなるのか…これについては来週以降で説明します。


 この続きは来週の月曜日です。金曜日に文法放送は有りますが、6月からはアルクからの告知はありません。
 最新情報はここをクリックして参照して下さい。


(↓目次はこちら)
目次ページへ

2016年6月13日

名詞節・形容詞節・副詞節(3)

前回は↓こういう話をして終わりました。


1 I know that he is ill.←この英文の場合
・I know
・that he is ill.(←この節を名詞節と呼ぶ)


2 I know the boy who has blue eyes.←この英文の場合
・I know the boy
・who has blue eyes.(←この節を形容詞節と呼ぶ)


3 I know the boy because I have met him before.←この英文の場合
・I know the boy
・because I have met him before.(←この節を副詞節と呼ぶ)


今回は


<私は彼が病気であることを知っている>
1 I know that he is ill.←この英文の場合
・I know
that he is ill.(←この節を名詞節と呼ぶ)


  ↑これについて、つまり「名詞節」についてのみ取り上げます。


1 I know that he is ill.←この英文の場合
・I know
that he is ill. ←なぜこの節を名詞節と呼ぶのか…これを説明します。


ポイント
・I know ←こっちにあります
・that he is ill. ←こっちにありません


know の意味を知ってますか?「知っている」と思った人いませんか? 残念ですが大間違い。正しくは「~を知っている」です。
~を」が大事なのです。


・「~を」とか「~に」が必要な動詞他動詞
・「~を」とか「~に」があってはいけない動詞を自動詞
 と呼びます。
 そしてこの時の「」に当たる部分を「目的語」と言います。


 【自動詞他動詞の違い】そして【目的語】が大事です。自動詞、他動詞、という言葉や、目的語という概念を知らなかった人は、一旦ここに行ってしっかり覚えてきて、それからここに戻ってきて下さい。


--


では
 I know (私は~知っている)
  ↑この部分ですが、「私は何を知っている」のでしょうか?


実は
 that he is ill. (彼が病気である(こと))←これを知っているわけです。


まとめると
 1・know(~を知っている)←この「~」の部分に注目。「【】の部分」を目的語と呼ぶ。
 2・今回の know の目的語 that he is ill. (彼が病気である(こと))である。
ということである。ここまでよろしいだろうか?


さて!
ここが最重要
 実は「目的語」というのは、文法上、「名詞(の役割をするもの)」として扱う・名詞以外は目的語になれない。
という決まりがあるのです。


 したがって
that he is ill. (彼が病気である(こと))
 ↑この部分は「名詞の役割」を果たしていることになります。


もう1回言います。
 したがって
that he is ill. (彼が病気である(こと))
 ↑この部分は「名詞の役割」を果たしていることになります。


もう1回言いましょうか
that he is ill. (彼が病気である(こと))
 ↑この部分は「名詞の役割」を果たしていることになります。


 おわかりですね。
that he is ill. (彼が病気である(こと))
 ↑この部分は「名詞の役割」を果たしているので…


that he is ill. (彼が病気である(こと))
 ↑この部分を「名詞節」と呼ぶのです。


 この続きは来週の月曜日です。金曜日に文法放送は有りますが、6月からはアルクからの告知はありません。
 最新情報はここをクリックして参照して下さい。


(↓目次はこちら)
目次ページへ

2016年6月20日

名詞節・形容詞節・副詞節(4)

今回は


<私は青い目を持っている少年を知っている>
2 I know the boy who has blue eyes.←この英文の場合
・I know the boy
who has blue eyes.(←この節を形容詞節と呼ぶ)


  ↑これについて、つまり「形容詞節」についてのみ取り上げます。


2 I know the boy who has blue eyes.←この英文の場合
・I know the boy
who has blue eyes. ←なぜの節を形容詞節と呼ぶのか…これを説明します。


前回 know についてやりましたね。know は目的語が必要な他動詞でした。


今回の英文を見てみましょう。
I know the boy who has blue eyes.
 ↑この know の目的語はなんでしょうか? 
  今回は前回と違って短いですよ。なんのことはない the boy ですよ。
  今回は前回と違って「目的語が節(主語と動詞があるかたまり)ではない」のです。


 I know the boy (私はその少年を知っている)
  文全体で言いたいのはほぼ↑これだけです。


でもこの英文は更に
 who has blue eyes がついています。
    ↑この部分の役割について考えましょう。


この部分(who has blue eyes)は実は手前の the boy修飾しているのです。
  [has blue eyes] [boy]
  [青い目を持っている][少年]
 という感じです。


実際は who がついていますが、これは主格の関係代名詞whoというものです。主格関係代名詞whoの役割を知らなかったら学ばなければなりません。(中3で習う知識です)一応過去に私はここで説明しています。がとても長い説明です。関係代名詞を知らなかったらここの説明を読んでから戻ってきて下さい。


よろしいでしょうか?
 I know the boy who has blue eyes.←この英文の場合
 (who has blue eyes)は実は手前の the boy修飾しています。
 ところで boy(少年)の品詞は何でしょう →「名詞」ですね。


 つまりこの英文は


  who has blue eyes という名詞修飾している


 わけです。


さて!
ここが最重要
 実は「名詞修飾している役割」を形容詞」の役割という。
と決まっているのです。


 したがって
who has blue eyes (青い目を持っている)
 ↑この部分は 名詞boy修飾している「形容詞の役割」を果たしていることになります。


もう1回言います。
 したがって
who has blue eyes (青い目を持っている)
   ↑この部分は 名詞boy修飾している「形容詞の役割」を果たしていることになります。


もう1回言いましょうか
who has blue eyes (青い目を持っている)
   ↑この部分は 名詞boy修飾している「形容詞の役割」を果たしていることになります。


 おわかりですね。
who has blue eyes (青い目を持っている)
   ↑この部分は 名詞boy修飾している「形容詞の役割」を果たしているので…


who has blue eyes (青い目を持っている)
     ↑この部分を「形容詞節」と呼ぶのです。


I know the boy who has blue eyes .(私は青い目を持っている少年を知っている)
 という具合になっています。


 この続きは来週の月曜日です。金曜日に文法放送は有りますが、6月からはアルクからの告知はありません。
 最新情報はここをクリックして参照して下さい。


(↓目次はこちら)
目次ページへ

2016年6月27日

名詞節・形容詞節・副詞節(5)

今回は


<なぜなら彼に会ったことがあるので私はその少年を知っている>
3 I know the boy because I have met him before.←この英文の場合
・I know the boy
because I have met him before.(←この節を副詞節と呼ぶ)


  ↑これについて、つまり「副詞節」についてのみ取り上げます。


3 I know the boy because I have met him before.←この英文の場合
・I know the boy
because I have met him before. ←なぜの節を副詞節と呼ぶのか…これを説明します。


前々回 know についてやりましたね。know は目的語が必要な他動詞でした。


今回の英文を見てみましょう。
I know the boy because I have met him before.
 ↑この know の目的語はなんでしょうか? 
  今回は前回と同じ。なんのことはない 、目的語は the boy です。
  今回は前々回のように「目的語が節(主語と動詞があるかたまり)ではない」のです。


 I know the boy (私はその少年を知っている)
  文全体で言いたいのはほぼ↑これだけです。


この英文は前回とやや似た感じで
 because I have met him beforeがついています。
    ↑この部分の役割について考えましょう。


前回と似ているので前回と同じかどうか確かめましょう
この部分(because I have met him before)は実は手前の the boy修飾<しているでしょうか?


  [because I have met him before] [boy]
  [私は以前彼に会ったので][少年]
 という感じになります。この場合、boy を修飾していると言えるでしょうか?


 そもそも him(彼)と the boy(少年)が重複してしまっています。「彼」が「少年」を修飾するのはおかしいでしょう。(同一人物なのですから)
 さらに「because(なぜなら~なので)」が余計。


 それでももしも無理やり boy(少年)に修飾させれば
 ⇒「なぜなら私は以前彼に会ったので少年」
    ↑こんな意味になってしまいます。これはおかしい


したがって、
I know the boy because I have met him before.
     この英文の↑ここの節は 手前の 名詞boy修飾していない、ということになります。


ここまでで、
 前回のように 節が「名詞修飾」していない。したがって⇒「形容詞節ではない
 前々回のように節が「名詞の役割」をしていない。したがって⇒「名詞節ではない
と認識していただきたいのです。


ここまでよろしいでしょうか?


---


ここまでであることが言えます


<なぜなら彼に会ったことがあるので私はその少年を知っている>
3 I know the boy because I have met him before.←この英文の場合


because I have met him before
     ↑この部分は名詞節でも形容詞節でもない、、、という事になります。

さて!
ここが最重要
 実は 名詞節でも形容詞節でもない節を「副詞節」と呼ぶ
と決まっているのです。


 したがって
3 I know the boy because I have met him before.←この英文の場合
 because I have met him before
     ↑この節は「副詞節」となります。


なお、実際は
3 I know the boy because I have met him before.←この英文の場合
 because I have met him before ←この節は
  I know the boy ←ここの「全体」を修飾しています


[because I have met him before]→[I know the boy]
[なぜなら私は以前彼に会ったので]→[私は彼を知っている]
という具合です。
 これは前回のようにboyという[名詞(1つ)」を修飾しているわけではないありません。前回のように【名詞1つ】を修飾していれば「形容詞節」です。しかしこれはそうではない。文全体】を修飾している。こういう場合は「副詞節」という分類になります。


良いでしょうか?


次回は確認問題を出します。


 この続きは来週の月曜日です。金曜日に文法放送は有りますが、6月からはアルクからの告知はありません。
 最新情報はここをクリックして参照して下さい。


(↓目次はこちら)
目次ページへ

2016年7月 4日

名詞節・形容詞節・副詞節(6)

今回は確認問題です。やってみてください。


問題:次の英文の下線部が、「名詞節・形容詞節・副詞節」のどれになるか答えなさい。


1 I know when he will come here.
2 I know the time when he will come here.
3 I will be very happy when he comes here.


======
======
======
======
======
======
======
======
======
======
======
======
======
======
======
======
======
======
======
======
======


答えましたか? それでは解答・解説!


問題
1 I know when he will come here.


正解
 名詞節


解説
 know目的語は何か→ when he will come here のまるごと。
 目的語[when he will come here]は名詞の役割を果すものしかなれない。
 したがって⇒名詞
(訳例:私は彼がいつここに来るかを知っている)


---


2 I know the time when he will come here.


正解
 形容詞節


解説
 know の目的語は何か→ the time。この結果 when he will come here は名詞節ではないことが判明する。
 次に when he will come here が the time を修飾しているかどうか確認する
 [when he will come here][the time]
 [彼がここに来る来るだろう][時間] … 問題ない。
  [when he will come here] は time という名詞を修飾している
   名詞を修飾するのは「形容詞の役割」である
 ⇒したがって⇒形容詞
(訳例:私は彼がここに来る時間を知っている)


---


3 I will be very happy when he comes here.


正解
 副詞節


解説
 まず be は自動詞で目的語が関係ない。補語が必要。で補語は happy として存在している。
 beに 必要な補語が文に存在することが分かった段階で when he comes here は名詞節ではないことが判明する。<補語が存在してなかったら 逆にこの節が名詞節と考えられられる)
 名詞節の可能性がなくなった段階で、
 次に when he comes here が happy を修飾しているかどうか確認する
  happyは形容詞。
  when he comes here名詞を修飾するなら「形容詞節」と言える。が happy形容詞名詞ではないからこの段階で when he comes here は形容詞節でもないと言える。
 したがって、⇒副詞節
 ちなみに、 when he comes here は [I will be very happy] という文全体を修飾している。
(訳例:彼がここに来る時、私はとてもうれしいだろう)


なお、最後の
3 I will be very happy when he comes here.
 この英文だけ will がついていない明らかに未来の話であろう。でも will がついていない
 誤文か? いや違う。実はこの場合、未来の話であっても will を入れてはいけない


 何故か分かるだろうか?


実は
 「時・条件を表す副詞節は未来のことでも現在時制で書く」というルールが存在するからである。
これは大変重要なルールである。
 該当部は when S + V ~ という節である。when があることからこれは[を表す節]であることが分かるだろう
 そしてこれは、今確認したとおり、副詞節である。


したがって
  I will be very happy when he comes here.
 ? I will be very happy when he will come here.
となる。


-----


最後の
3 I will be very happy when he comes here.
 この英文だけ will がついていない。明らかに未来の話であろう。でも will がついていない。
 理由は「時・条件を表す副詞節は未来のことでも現在時制で書く」というルールが存在するから。


  ↑これは想像以上に超大事なルールです。このルールを説明したいがために、今回「名詞節・形容詞節・副詞節」を詳しく説明したのです。
 この場合の when he comes here は「副詞節」である、と、たちどころに認識できるようになって下さい


今回は以上でした。いかがだったでしょうか?


この続きは来週の月曜日です。金曜日に文法放送は有りますが、6月からはアルクからの告知はありません。
 最新情報はここをクリックして参照して下さい。


来週は1回雑談入れます。そしてまさにその来週更新(2016年7月11日(月))の雑談で、アルクでの「苦手なりの受験英語」は最終回を迎えます。


(↓目次はこちら)
目次ページへ