HOME > 初心者英語 > 新・英語学習お悩み相談室

新・英語学習お悩み相談室

英語初級から中級の皆さんにとっては、どのような学習法が効果的なのか分からないものですよね。ここでは、学習者の皆さんから寄せられた英語学習に関するさまざまな質問や悩みに英語学習のプロ、アルク・教育ソリューション部のエキスパートがお答えします。ぜひ学習の参考にしてください!
本コンテンツに掲載の質問と回答は、アルク学習相談室に寄せられた質問と回答を修正、加筆したものです。

主語を何にすべきなのか迷ってしまい、文章を作れません。

英語は多少読む事はできるのですが、文章が作れません。自分や特定の人が主語の時はそれなりに文章が作れるのですが、天候のIt、未来を語る時のWe、など、特定の人物以外が主語になる時、主語を決められません。何かコツはないでしょうか? 慣用句などを覚えるしかないのでしょうか?
Answer

こんにちは。まずは英文をたくさん読みましょう。できるだけ多くの英文に触れ、例文を暗記しながら、様々な表現を覚えていくことで、難しく考えなくても、自然と主語をどうするべきかがつかめてくると思います。

また、英文を読む時は、短い文であっても「返り読み」をせず、英語の語順のままで意味をとる練習をします。例えば、I know you prefer a window seat, but it's not worth fighting about it. という文であれば、I know (私は知っています)/ you prefer (あなたが好んでいることを)/ a window seat (窓ぎわの席を), / but (でも)/ it's not worth fighting (争う価値はありません)/ about it (そのことについてを). のように読んでいきます。

英語の語順で読むことで、文の構造が見えてきますので、ご自分で英作文をする時にも必ず役立ちます。また、この読み方に慣れれば、速読にもつながりますよ。

慣用表現に関しましては、残念ながら単語と同様に覚えていくしかありません。まずは、すぐに英作文をしようとしないで、テキストにある英文をすべて暗記するつもりで取り組んでみてはいかがでしょうか。必ず役立つと思います。

そして、英作文については、最初から難しい文章を組み立てるのではなく、まずは教材でしっかりと身に付けた英文の主語を書き換えるような「真似」から始めて、だんだんと自分自身の文章を組み立てていくようにしてみましょう。

おすすめ教材
「単語・聴解・読解・音読・確認 5STEP アクティブ・リーディング」
「単語・聴解・読解・音読・確認 5STEP アクティブ・リーディング」

さまざまなジャンルの英文素材を読み解くための「コツ」を学ぶことができる書籍です。
こちらで能動的な読解力を身に付けていきましょう。「帰り読み」の習慣を無くしていくのに最適です!

ボキャビル®マラソンMUST

「ボキャビル®マラソンMUST」

単語、慣用句の引き出しを増やすのに最適な講座です。意外と知られていないのがこの講座は、「スピーキング」「ライティング」の基礎力を養う良質の英語のインプットの役割も持っているということです! 上級レベルの前の「登竜門」的存在、まさに「MUST」(必須)の教材です。


アルクの通信講座をご受講中の方は、下記の会員限定サイトよりお気軽にご質問・ご相談をお寄せください。お待ちしております。
★クラブアルク会員限定サイト「CAMPUS」
一部、「CAMPUS」上で質問を受け付けていない講座もあります。一部の講座につきましては、専用窓口をご用意しておりますので、各「コースガイド」でご確認ください。


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録