HOME > 初心者英語 > 旅英語 初めの一歩 > シーン1:機内で

勇気を出して使ってみよう! 旅英語 初めの一歩

シーン1:機内で

成田国際空港からニューヨークまで約13時間。快適な空の旅を過ごすには、自分の意思をきちんと伝えることが大切です。

フライトアテンダントを呼び止めるとき
Excuse me.(すみません)



解説
フライトアテンダントを呼び止める言い方。窓側の席に座っていて通路に出たいときには、「ちょっと通してください」という意味でも使えます。
食事について聞かれたら
Fish, please.(魚をお願いします)



解説
フライトアテンダントに食事について Fish or beef? 「魚にしますか、牛肉にしますか」と聞かれたときの答え方。欲しいものの後に please をつければ大丈夫。
新聞や入国カードが必要かどうか聞かれたら
Yes, please(はい、お願いします)



解説
フライトアテンダントが Newspapers? 「新聞はいかがですか」、Immigration card? 「入国カードが必要ですか」と回ってきたときに、「ください」という意味で使える言い方です。
毛布が欲しいとき
Can I have a blanket?(毛布をもらえますか)



解説
「毛布をもってきてほしい」「お水を持ってきてほしい」など、特にお願いしたいことがあるときは、Can I have...? を使いましょう。「…をもらえますか」とお願いする定番の言い方です。


海外旅行は初めての花子。飛行機に乗るのも初めてです。映画を見たり、ガイドブックを見ながら現地での過ごし方を考えたりしているうちにニューヨークに着きました。

>>緊張の入国カウンターへ!



  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録