Peter : Hello, and welcome to Talking Japan. I’m Peter von Gomm and in this program we’re going to talk about a couple of customs and traditions that I find intriguing. Here to shed some light on these topics is Miki Kano. Hello Miki.

Miki : Hello.

Peter : One thing that I’ve been very interested in for a long time, and just really I’m curious about is hanami.

Miki : Right.

Peter : What is hanami., and when did it start?

Miki : Well hanami literally means looking at the flowers. And, um, when we say flowers in this case we mean cherry blossoms. And I was told some time ago, flowers used to mean — more than thousand years ago — plum flowers; plums rather than cherry blossoms. Anyway, this hanami. event was a kind of occasion reserved for the — aristocracy, not for ordinary people, but, nowadays the situation’s changed drastically as many people do obviously know, like, and they get drunk, and then they get too merry and, and the rest.

Peter : So, is hanami., like, only looking at cherry blossoms, or can you look at other flowers and have a party?

Miki : Yes.

Peter : Why is that?

Miki : Well, we look at various flowers, but I dunno, I don’t think many people actually do hold a party and just sit and enjoy the flowers or the leaves or other natural things. But, the words, “to look at,” is reserved for cherry blossoms. So when we go to see autumn leaves and many people just for instance they travel all the way to Kyoto to see many beautiful leaves in autumn, but, and they never hold a party I guess. They “hunt,” we say in Japanese, we hunt leaves.

Peter : Hunt leaves?

Miki : Yeah.

Peter : Do you have a, something to protect yourself?

Miki : Ha-ha. I don’t know.

Peter : Because leaves can be very dangerous.

Miki : Right, yeah.

Peter : We all know that.

Miki : Ha-ha. And for the plum trees we use the word “search for.” We search for plum trees, uh, so ... yeah, so, it is interesting. I don’t really know why they came to have all these special wording for special events, but, it is such.

Peter : So we have cherry blossom viewing, or you look at cherry blossoms, you hunt autumn leaves, and you search for or look for plum blossoms, is that right?

Miki : Yeah, plum blossoms.

Peter: So what is necessary to have a hanami. party?

Miki : Well, to begin with, people, obviously, a party of friends. And drinks, food. And what else? A mat. . .

Peter: A mat?

Miki : Well, nowadays plastic, and then a person to save a spot for hanami.

Peter : To . . . what do you mean, “To save a spot”?

Miki : Usually it just, happens as in a companies. But, um, companies send people, usually new hires go to save the best place for them to enjoy hanami, like, um, first thing in the afternoon, and then, and this person just sits there to save this space, so that, and then, um, people, um, his bosses and, coworkers can just, come right away after their jobs are done, like 7 or, no, 8 o’clock in the evening, and just, and, um, enjoy hanami party afterwards.

Peter : Well, that’s not very fair.

Miki : Ha-ha.

Peter : For the rest of us who have to work.

Miki : But don’t you think it’s wonderful to be assigned that kind of task? Just right after they just get into this prestigious company, and they worked so hard to get into this company?

Peter : Mm-hm.

Miki : Ha-ha.

Peter : maybe I’ll go back to school so I can get that kind of job.

Miki : Ha-ha.

Peter : Ha-ha.

Miki : That would be a good idea.

Peter : Yeah.

Miki : Does that kind of thing happen in America?

Peter : Well, in America, we have a big holiday in July, which is called the Fourth of July. And they do a similar thing there. We reserve a space, but we don’t leave our work. Our bosses don’t give us permission to go save a space for our company.

Miki : OK.

Peter : But generally we do not have parties with our coworkers. Usually after we finish work we go home and we meet our friends. We don’t do a lot of socializing with our coworkers like you do in Japan.

Miki : Oh, right. I think it might be something special in Japanese customs.

花見の場所取り

ピーター:こんにちは、『トーキング・ジャパン』にようこそ。ピーター・ヴァン・ガムです。このプログラムでは僕が面白いと思っ た幾つかの習慣や伝統について話し合います。そうしたテーマについて説明してくれるのは、狩野みきさんです。こんにちは、みき。

みき:こんにちは。

ピーター:僕が長い間とても興味を持っていて、本当にすごく気になっていたのが、花見なんだ。

みき:なるほど。

ピーター:花見って何なの、それにいつごろ始まったの?

みき:花見は、文字どおりに言うと、花を見ることなのよ。そしてこの場合の花というのは、桜の花のことね。でも、かつて花というのは―千年以上も前のことだけど―梅のこと、桜ではなく梅の花を指していたという話を以前に聞いたことがあるわ。いずれにしても、この花見という行事は貴族だけの行事で、一般の人のためのものではなかったの、でも現在はまったく状況が変わって、もちろん、たくさんの人がご存じのように、酔っ払ったり、大騒ぎをしたり、いろいろしているわけね。

ピーター:じゃあ、花見って、桜の花を見るだけなの、それともほかの花を見ながら宴会をすることもあるの?

みき:まあ、私たちはいろいろな花を観賞するけれど、わからない、実際に宴会を開いて、ただ座って花や葉や自然を楽しむなんてことをする人は多くないと思うわ。「見る」という言葉は桜の花に対して使うものなの。秋に紅葉を見に行くときは、例えばたくさんの人がわざわざ京都まで美しい紅葉を見に行ったりするけど、宴会は開かないと思うわ。「狩る」のよ、日本では紅葉を狩(紅葉狩り)って言うの。

ピーター:葉っぱを狩るの?

みき:そうよ。

ピーター:何か自分の身を守るものはあるの?

みき:ハハハ。どうかしらね。

ピーター:葉っぱはとても危険なことがあるから。

みき:ええ、そうね。

ピーター:みんな知ってるよ。

みき:ハハ。梅の花の場合は「探る」という言葉を使うの。梅を探す(探梅)ってことね。そう、ええ……面白いわね。どうしてそう言うようになったのか、なぜそれぞれの行事によってこうした違う言い方をするようになったのか、本当のところはわからないけど、そうなっているのよ。

ピーター:じゃあ、桜は見る、つまり花見で、紅葉は狩って、梅の花は探る、探すわけだね?

みき:そう、梅の花はね。

ピーター:花見の宴会に、絶対に必要なものは何?

みき:まず第一に、人、もちろん、友達のグループ。そして飲み物、食べ物。それから、あとは何かな? 敷物……

ピーター:敷物?

みき:最近はビニール製のシートね、そして花見の場所取りの人。

ピーター:その……どういうこと? 「場所を取る」って。

みき:たいていは、会社で花見を行う場合だけだけど、会社は社員を、たいていの場合、新入社員を送り込んで、花見を楽しむのに最適な場所を確保させるの。午後一番にその人はそこに行って、会社の社員や上司や同僚が仕事を済ませたらすぐ、夜の7時、8時ごろにやって来て、そこで花見 の宴会を楽しむことができるように、ひたすら座って場所取りをして待っているわけ。

ピーター:それは、あまり公平ではないなあ。

みき:ハハハ。

ピーター:働かなくちゃいけない、ほかの人にとっては。

みき:でも、その役目をおおせつかるのはとてもうれしいことだと思わない? まさに一流会社に入ったばかりで、しかも大変な苦労をしてその会社に入ったのよ?

ピーター:なるほど。

みき:ハハハ。

ピーター:もう一度学校へ戻って、そういう仕事に就きたいね。

みき:ハハハ。

ピーター:ハハハ。

みき:それはいい考えね。

ピーター:そうだろう。

みき:アメリカでもこういうことがあるの?

ピーター:そうだなぁ、アメリカでは、7月に、7月4日(独立記念日)という重要な休日があるよ。その日には同じようなことをするね。場所は取るけど、でも仕事を抜け出すことはないな。上司は、会社のために場所を取りに行くことなんか、許してくれないよ。

みき:そうなの。

ピーター:それに一般に、会社の同僚とパーティーをすることはないんだ。たいてい、仕事が終われば、家に帰って友人に会ったりするのさ。日本のように、会社の同僚としょっちゅう交流することはあまりないよ。

みき:なるほどね、これは日本独特の習慣なのかもしれないわね。

>>閉じる