Peter : Hi. Welcome to Talking Japan. This is Peter von Gomm and . . .

Miki : With him, as always, is Miki Kano. Hello.

Peter : Hi, Miki.

Miki : Hi.

Peter : How are things going?

Miki :All right, I guess.

Peter : You know what, I’m a little disappointed.

Miki : Why?

Peter : Well, I tried to get some airline tickets for travel this summer during August.

Miki : Uh-huh. Right.

Peter : And the tickets were incredibly expensive, and I asked the travel agent, “What’s up? Why is this ticket price suddenly, like, 25 to 30, 50 percent higher than, you know, other times during the summer?” And they said, “Oh, it’s Obon.” But I don’t exactly know what is Obon. I know it’s, it’s the time when they jack the prices up on everything.

Miki : Ha-ha, yeah that’s for sure, right.

Miki : Yeah. Well, um, basically it’s the very old tradition when Japanese people welcome our ancestors’ spirits.

Peter : Uh-huh.

Miki : And, then, just, you know, feed them, and entertain them with bon odori, bon dance, I don’t know if you ever heard of it.

Peter : OK, I think I’ve seen it.

Miki : Uh, and, uh, eventually, uh, we see them off. And that’s the whole set of Obon. And during that time we normally go back to our native homes, so that’s why, you know, everywhere . . .

Peter : Uh-huh. Your hometown.

Miki : Yeah, everywhere.

Peter : OK.

Miki : And every place, everything is crowded.

Peter: So do all Japanese people celebrate Obon for its spiritual part, or do they just take advantage of the vacation time that their company gives them?

Miki : Ha-ha. I think it depends. But, uh, usually, you know, uh, many companies just don’t function at all during that time. So, the employees have no choice but to have vacation during that time.

Peter : Right.

Miki : So everybody has to go somewhere, or has to go back to their parents’ places, or whatever.

Peter : So when you say that during Obon . . . what part of the celebration is putting food out for your deceased relatives? Any kind of food, or do you put out food that they used to eat? Like would you put out a bowl of curry? Or a, a hamburger? Or what kind of food do you put out?

Miki : Well, I think it depends on what kind of family you’ve been raised.

Peter : Yeah.

Miki : Well, I think it depends on what kind of family you’ve been raised.

Peter : Yeah.

Miki : But and, um, two kinds of food which are very common for the Obon tradition is cucumbers and, um . . .

Peter : Cucumbers.

Miki : Yeah, and, eggplant, in American English, aubergines.

Peter : OK, eggplant, yeah.

Miki : Yeah, yeah. And we just make animals with those vegetables.

Peter :Interesting. So tell me more about this bon odori. Do people wear special clothing, or is there a special song that’s played, or sung, or what’s that all about?

Miki : I think there are some special popular songs for bon dancing, and you can pretty much wear anything if you like. Well, but I think the most suitable, clothing article would be yukata, a kind of casualed, very casualled down version of kimono. But you can wear anything.

Peter : OK. So jinbei is OK?

Miki : Yeah, jinbei is fine, too. You know jinbei, right?

Peter: Yeah, I have a couple of them actually.

Miki : Oh, have you? Right, yeah.

Peter : Yeah. Very comfortable. But, so, if I joined a Obon, or bon odori, would it be OK being a foreigner?

Miki : Yeah, yeah, of course, there’s no nationality border or anything.

Peter : Sounds good. So this is the middle of August. Does it start on the same day every year?

Miki : Uh, I don’t think it is that strict, but again it differs from region to region.

Peter : Hmm. So you were saying that basically it’s a celebration of your deceased relatives, or remembrance of your deceased relatives.

Miki : Right, exactly.

Peter : But with dancing, it sounds like it’s more of a enjoyable thing, rather than a sorrowful. Is it a time of joy or sorrow or what’s the vibe?

Miki : I don’t think it is the sorrow. It’s obviously, bon dancing is to entertain your deceased relatives. So that, you know, they came back for a certain period of time so during that time, you need to entertain them.

お盆

ピーター:やあ、「トーキング・ジャパン」にようこそ。ピーター・ヴァン・ガムと……

みき:いつものように狩野みきがご一緒しています。こんにちは。

ピーター:こんにちは、みき。

みき:こんにちは。

ピーター:調子はどう?

みき:いい感じだと思うわ。

ピーター:あのね、ぼくは少し元気がないんだ。

みき:なぜ?

ピーター:この夏の8月中の旅行のために航空券を取ろうとしたんだ。

みき:そう。

ピーター:でも、航空券代が信じられないくらい高かったんだ。それで旅行代理店に「いったいどうしたんですか? なぜこの航空券は、夏のほかの時期に比べて急に25から30、40%も値段が上がるんですか?」って聞いたんだ。すると、「ああ、お盆ですから」と言われたんだよ。お盆が何かはよく知らないけれど、何でもかんでも値段が跳ね上がる時期なんだね。

みき:ハハハ。ええ、確かにそうね。

ピーター:そうだよ。

みき:ええ。そうね、そもそもお盆って、とても古くからの伝統行事で、日本人が先祖の霊をお迎えする時期なのよ。

ピーター:そうなんだ。

みき:そしてお供えをしたり、「盆踊り」つまり、お盆に踊るダンスでもてなしたりするの、聞いたことあるかしら。

ピーター:うん、見たことあると思うよ。

みき:そして、最後には(先祖の霊を)送り出すのよ。その全部がお盆なの。その時期は、みんながたいてい生まれ故郷に帰るので、それでどこもかしこも……

ピーター:ああ、生まれ故郷にね。

みき:日本語では本来、七夕というけれど。

ピーター:ああ、なるほど。

みき:ええ、どの場所も。

ピーター:なるほど。

みき:それで、どこでも、何をするにも、込むというわけ。

ピーター:じゃあ、日本人はみんな宗教的な意味でお盆をするの? それとも会社がくれた休暇を利用するだけ?

みき:ハハハ。それは人によるわね。でも、普通は、だいたいの会社ではその時期、仕事にならないのよ。だから、従業員はそのころに休暇を取らざるを得ないの。

ピーター:そうか。

みき:だからみんなどこかへ出掛けたり、親元に帰ったり、何やかやをするしかないの。

ピーター:じゃあ、その、お盆で、亡くなった家族のために食べ物をお供えするのは儀式のどの部分? どんな食べ物でもいいの? それともその人がいつも食べていた物を供えるの? 例えば一杯のカレーとか? それともハンバーガー? どんな食べ物を供えるの?

みき:そうね、育った家庭によると思うわ。

ピーター:うん。

みき:でもお盆の伝統としてすごく一般的なお供えが2種類あって、キュウリと……

ピーター:キュウリ。

みき:ええ、それと、ナス(eggplant)、アメリカ英語ではね。ナス(aubergines)よ。

ピーター:なるほど、ナス、だね。

みき:ええ、そう。それで、その2つの野菜で動物を作るの。

ピーター:面白いね。じゃあ、その盆踊りってものについて、もっと教えてくれる? 特別な服装をしたり、特定の歌を演奏したり歌ったりするの? いったいどういうものなの?

みき:よく知られている、盆踊りに使う特別な歌が幾つかあるわ。それと、何でも好きなものを着ればいいの。まあ、でも、いちばんぴったりの格好は浴衣じゃないかしら、ちょっとカジュアルな、とても砕けた感じの着物なんだけど。でも、何を着てもいいのよ。

ピーター:なるほど。甚平でもいいの?

みき:ええ、甚平もいいわね。甚平を知ってるの?

ピーター:うん、実は何組か持っているんだ。

みき:まあ、持ってるの? そうなの。

ピーター:そうだよ。とても着心地がいいね。でも、じゃあ、僕がお盆とか、盆踊りに参加するとして、外国人でもいいのかな?

みき:ええ、もちろんよ、国籍の区別も何も関係ないわ。

ピーター:それはよかった。それで、お盆は8月の中ごろだよね。毎年、同じ日に始まるの?

みき:ええと、そんなには厳密に決まっていないと思うわ。やっぱり地域によっても違うし。

ピーター:そうか。さっき、そもそも、亡くなった親族を祭ったり、亡くなった親族をしのんだりするためのものだと言っていたよね。

みき:ええ、そのとおりよ。

ピーター:でも、踊ったりして、何だか楽しそうだね。悲しいというよりも。お盆は楽しいのか、悲しいのか、どんな感じのなの?

みき:悲しい感じではないわね。それはもちろん、盆踊りは亡くなった親族をもてなすためのものよ。だから、親族がその時期に帰ってきたら、そのときはもてなす必要があるのよ。

>>閉じる