Peter : So Miki, are you a cook? Do you like to cook?

Miki : Yeah, I do.

Peter : Yeah. Well, I’ve got a question about cooking, and primarily cooking shows. It seems every time I turn on the TV here in Japan, there is a cooking show on any given channel at any given time. What’s the deal? What is the fascination with Japanese and food?

Miki : Well, you know, Peter, it’s interesting now that you’ve mentioned it, because, you, know I never actually personally have given any thought to the fact that cooking shows are that popular in this country.

Peter : Uh-huh.

Miki : But do they look bizarre to you?

Peter : Well, they don’t look bizarre, but it’s just, like I say, every time I turn on the TV, at least one channel— there’s a cooking show. Sometimes on almost every channel there’s a cooking show going on.

Miki : Yeah, I think you’re right.

Peter : And, I mean, I love food — don’t get me wrong. But, I don’t love watching food being cooked and seeing the local tarento or celebrities saying, “Hmm, this is delicious.” You know. It’s kind of an uninteresting thing for me. What about you? Do you watch those shows?

Miki : Yeah, I do. And, um, well, um, it’s very interesting, because I do kind of love watching people eat. You know, no matter how famous they are, I love to watch people eating and, introducing and, um, nice, delicious food.

Peter : Really? You enjoy seeing them eat?

Miki : Not particularly the eating part, but then the cooking part, yeah. Like when, you know, famous chefs come along and then they just cook their specialities, and, uh, that’s very illuminating.

Peter : OK. Their specialties.

Miki : Yeah, specialties. I think many Japanese people feel in a similar way. Like myself, and many people, well, I think enjoy just watching people cooking and eating at the same time — on TV. What about in America? Do you have similar kinds of shows in America, too? I guess you do.

Peter : Yeah, yeah, we have cooking shows, but just not the frequency that we have here in Japan, and the number. There’s just not so many. Well, actually, on cable, or like satellite TV, there’s actually a food channel.

Miki : Oh, right.

Peter : And it’s 24/7 cooking shows.

Miki : Yeah.

Peter : So if you enjoy that, then that would be a dream TV station for you.

Miki : Yeah, what kind of shows do they provide then?

Peter: Oh, it’s all about food. It’s about diet foods, and making desserts and there’s probably a vegetarian cooking show, and you know, all kinds of different food-related shows.

Miki : So it’s mostly cooking, rather than eating.

Peter: Exactly. Exactly.

Miki : Oh, right. Yeah, I wonder where this difference comes from.

Peter : I don’t know, but, you know, I think it’s actually a good thing that there’re not more cooking shows on America, ’cause the last thing Americans need is some temptation to eat more. My God!

Miki : Ha-ha. I think in a way, Japanese people do love eating; but not a lot, probably.

Peter : Yeah, so why is it that Japanese are, they love these cooking shows, and they love food, but yet they manage to keep the weight off?

Miki : Because of the portions we get in this country; they are very, very tiny compared to what you get in America. Probably we don’t love to eat that much.

Peter : Hmm.

Miki : Yeah, just a variety of delicacies and food.

Peter : Well, it’s certainly a blessing.

Miki : Ha-ha.

Peter : Well, I guess maybe next time I watch one of these shows I will write down the recipe — if I can understand what they’re saying.

Miki : Oh, yeah, and you can cook for me.

Peter : Well, we’ll talk about that later.

Miki : Ha-ha. OK, then.

料理番組

ピーター:ところでみきは、料理をする人? 料理は好き?

みき:ええ、好きよ。

ピーター:そう。実は料理について、特に料理番組について不思議に思っていることがあって。日本でテレビをつけると、必ずいつでもどこかのチャンネルで料理番組をやっているように思うんだ。どうして? どうして日本人は食べ物に夢中なの?

みき:そうね、ピーター、面白いことを言うわね。だって、私自身は、日本で料理番組がそんなに人気があるなんて、実際、考えてみたこともなかったわ。

ピーター:そう。

みき:でも、あなたはそれが変だと思うの?

ピーター:そうだね、変だとは思わないけれど、ただ、さっき言ったように、テレビをつけるたびに、少なくともどこかのチャンネルでは―料理番組をやっているから。ほとんどのチャンネルで料理番組をやっていることもあるし。

みき:そうね、そのとおりだと思うわ。

ピーター:つまり、僕も食べ物は好きだよ―誤解しないでね。でも料理しているのを見たり、地元のタレントや有名人が「うーん、おいしい」と言っているのを見たりするのは好きじゃないね。僕にとってはあまり面白くないものなんだ。君はどう?この手の番組を見る?

みき:ええ、見るわ。とても面白いと思うわ、人が食べているのを見るのが好きなのよ。その人が有名であろうとなかろうと、人がおいしいものを食べて紹介しているのを見るのは好きよ。

ピーター:本当? 人が食べるのを見ていて楽しい?

みき:食べるところが特に、というわけじゃなくて、料理をするところを見るのは楽しいわ。有名なシェフが出て来て得意料理を披露したりとか、とても勉強になるし。

ピーター:なるほど。得意料理ね。

みき:得意料理よ。たくさんの日本人が同じように思っているのではないかしら。私のように、たくさんの人が、人が料理をして食べるのを見て、楽しんでいると思うわ―テレビでね。アメリカではどう? アメリカにも同じような番組がある? あると思うけれど。

ピーター:うん、あるよ、料理番組はあるけれど、日本ほど頻繁ではないし数も少ないね。あまりたくさんないね。そうだなあ実は、ケーブルテレビや衛星放送には料理専門チャンネルがあるよ。

みき:そうなの。

ピーター:四六時中、料理番組を放送しているよ。

みき:まあ。

ピーター:そういうのが好きな人には夢のようなチャンネルってことだね。

みき:そうね、で、どんな番組を放送しているの?

ピーター:食べ物に関すること全部だね。ダイエット食について、デザートの作り方やベジタリアン向けの料理番組もあるかな。食べ物に関するありとあらゆる番組をやっているよ。

みき:じゃあ、食べることよりも料理が中心ね。

ピーター:そう、そのとおりだね。

みき:そうなの。(日本の番組との)こういう違いは、どこからくるのかしら。

ピーター:わからないな、でもそうだね、アメリカに料理番組がこれ以上なくてよかったと思うよ。もっと食べたいという衝動は、アメリカ人には最も必要ないものだからね。ほんとに!

みき:ハハハ。ある意味で、日本人は食べることは好きだけれど、あまりたくさんは食べないものね、おそらく。

ピーター:そうだね、じゃあどうして日本人は料理番組が好きなのに、食べ物が好きなのに、何とか太らずにいられるの?

みき:日本人の食べる量のせいよ。アメリカ人が食べる量に比べて、とっても少ないもの。日本人はあまりたくさん食べたがらないからでしょうね。

ピーター:そうだね。

みき:いろいろな種類のごちそうや食べ物は食べるけれど。

ピーター:なるほど、それは本当に幸運だね。

みき:ハハハ。

ピーター:じゃあ、今度、料理番組を見たときは、レシピをメモすることにしようかな―何を言っているかわかったら。

みき:そうね、そして私のために料理してくれてもいいわよ。

ピーター:まあ、その話はまた今度ね。

みき:ハハハ。ええ、そうしましょう。

>>閉じる