Peter von Gomm: Welcome to Talking Japan. I’m Peter von Gomm and . . .

Miki Kano : This is Miki Kano. Hello Peter.

Peter : Hello Miki. So, what’s our business today?

Miki : OK, right. You’re supposed to be talking about something seasonal, like . . .

Peter : Well, let me tell you a story. Every year, mid- January, my friends and I get together and we go to Meiji Jingu.

Miki : Right.

Peter : And we go there every year. It’s one of our traditions. And we drink sake. There’s a long line of people, waiting for a smal little saucer of sake, and we don’t know what it’s all about, but we go year after year.

Miki : Right.

Peter : Do you know what I’m talking about?

Miki : Um, I think it is partly a celebration of the New Year and also, Coming of Age Day.

Peter : Coming of Age Day?

Miki : Yeah. In Japanese we call it seijin no hi. It’s the second Monday of January, and we just celebrate young people who just turn the age of 20 that year. And just because they become, they are now new members of our society.

Peter : So before they became 20, they were not welcome in society?

Miki : Ha-ha. That’s not what I meant. But, um, they are legally allowed to drink, smoke, and vote, that kind of stuff.

Peter : So at that age, at age 20, all, you become legally able to do all of those things.

Miki : Yeah, that’s correct.

Peter : Voting, drinking and . . .

Miki : Smoking.

Peter : Smoking. Hmm. Is there actually a ceremony? ’Cause usually what I see is just the young people in their kimono, mostly girls.

Miki : Right.

Peter: I know the guys don’t seem to celebrate it like the girls do.

Miki : Well, yeah. I don’t think that it’s that easy to notice because, you know, boys don’t dress up like you know girls do. But, I know, I think most of them just get together to have a kind of school reunion. But the main part of seijin no hi is actually, is going to places like a public hall, for instance, and have a big ceremony where the mayor and, uh, some big names come and give speeches. And after that they just break up into groups and have their own celebrations.

Peter: Hmm.

Miki : Yeah, are there similar kinds of events in America?

Peter : Hmm, not really. Well, in America, there is basically three ages, which are moments of becoming an adult, or your feeling of becoming an adult. One is when you become 16, you can legally drive alone without a guardian, or someone older than you. So that’s your first moment of freedom. I remember when I was a kid getting my driver’s license and driving my mom’s VW, Volkswagen Bug.

Miki : Yeah?

Peter : Eighteen is when you can vote. And it’s another kind of freedom, you know, to be able to vote for your president and local city council and, mayors and governors and all kinds of stuff. Also that’s a time when you can smoke legally. And also that’s a time when people graduate from high school and a lot of people move out of the house. Most families plan on their children, at age 18, leaving the nest and going away to college, or moving into their own apartment, or something. And then at 21 is when you can legally drink alcohol.

Miki : Right, but you don’t particularly have any kind of ceremonies at those ages you’ve just mentioned?

Peter : Just birthdays.

Miki : Right, that’s interesting.

Peter : Yeah, not, not all one age group celebrates one particular day. I think it’s an interesting idea the way the Japanese do it, where it’s a special day. I mean, shoot, America needs more holidays.

Miki : Ha-ha. OK. So getting back to this age thing, is it same everywhere? Are there any differences among states?

Peter : Well, all states, 21’s the drinking age. However, before I became 21, it varied by state. Most states were21. But however, for example, Idaho was 19, I think. So some people living near the Idaho border in Oregon would drive across the borderand go drink because they were of age. And then they’d come back.

Miki : I see.

Peter : So, but now I believe all states in America: 21. . .

Miki : Right, you’re history.

Peter : . . . which is the way it should be.

成人式

ピーター・ヴァン・ガム:「トーキング・ジャパン」にようこそ。 ピーター・ヴァン・ガムと……

狩野みき:狩野みきです。こんにちは、ピーター。

ピーター:こんにちは、みき。今日のテーマは何?

みき:そうね。季節の話題について話し合うことになっているけれど、例えば……

ピーター:じゃあ、僕に一つ話をさせてくれるかい。毎年、1月の中ごろなんだけど、友達と連れ立って明治神宮に行くんだ。

みき:そう。

ピーター:毎年そこに行くんだよ。僕たちにとっては、慣習みたいなものだね。お酒も飲むんだ。小さな杯に入ったお酒をもらうために、 みんな長い行列をつくって待つんだ。あれはいったい何なのかわからないんだけど、毎年行っているんだよね。

みき:そう。

ピーター:僕が何のことを言っているかわかる?

みき:うーん、新年のお祝いの一環だと思うけれど、成人の日もそういうことをやるのよね。

ピーター:成人の日?

みき:ええ、日本語では「成人の日」というのだけれど。1月の第2月曜日に、その年に20歳になる若者をお祝いするの。彼らは今や社会の 新しい一員だから。

ピーター:じゃあ彼らは、20歳になる前は社会に歓迎してもらえなかったということなの?

みき:そういう意味で言ったんじゃないわよ。でも、お酒を飲んだり、たばこを吸ったり、投票をしたりといったことが、法律的に認められるの。

ピーター:その年齢、20歳になると、誰しもがそういうことすべてを、合法的にできるようになるんだね。

みき:ええ、そのとおりよ。

ピーター:投票したり、お酒を飲んだり……

みき:たばこを吸ったり。

ピーター:たばこを吸ったりね。なるほど。実際に式典はあるの? 例年、着物を着た若者を見掛けるんだけど、ほとんどが女性だよね。

みき:ええ。

ピーター:男性は女性のようにお祝いしないみたいだけど。

みき:ええ、そうね。見分けるのは女性の場合ほどわかりやすくないでしょうね、男性は女性のように盛装しないからね。でも男性も、たいてい 連れだって学校の同窓会みたいなものに出掛けるはずよ。でも実際、成人の日の主なイベントといえば、例えば、 公民館などに行って、大きな式 典に出席することでしょうね。市長や名士が来てスピーチをするのよ。その後、グループに分かれて、自分たちでお祝いするの。

ピーター:なるほど。

みき:そうなのよ、アメリカでも同じような行事がある?

ピーター:うーん、あまりないね。そうだな、アメリカでは、基本的に大人になる、あるいは大人になったと感じる年齢が3つある。1つは16歳 になる時で、法律上、一人で運転できるようになる。保護者とか年長者が一緒でなくてもいいんだ。だから、初めて自由を感じる瞬間だね。 若いころ、運転免許を取って、母親のフォルクスワーゲン・バグを運転したときのことを覚えているよ。

みき:そう?

ピーター:18歳になると、投票できるようになる。大統領や地元の市議会、市長や知事などといったさまざまなものに投票できるという、別の自 由だね。たばこが法律上吸えるようになるのも、 そのときだし、高校を卒業してたくさんの若者が家を出るのも、 そのときだ。たいていの家庭で は、子どもは18歳になったら、親元を離れて大学に進学したり、自分のアパートに引っ越したりするものと思っている。そして21歳になると、 法律上、お酒が飲めるようになる。

みき:なるほど。でも、ちょうど今言った年齢に達した時に、特にお祝いはしないのでしょう?

ピーター:誕生日だけだね。

みき:なるほど、面白いわね。

ピーター:そう、やらないんだ。同じ年齢のグループで、特定の日を祝ったりはしないね。日本のやり方は面白いね。お祝いのための特別な日が あるなんて。だって、まったく、アメリカはもっと祝日があってもいいはずだよ。

みき:ハハハ。そうね。年齢の話に戻るけれど、それはどこも同じなの? 州によって違いはないの?

ピーター:いや、どの州でも21歳で飲酒できるようになる。でも僕が21歳になる前は、州によって違っていた。たいていの州は21歳だったけれ ど、例えば、アイダホは19歳だったと思う。だからアイダホとの州境辺りに住んでいたオレゴンの若者は、車で州境を越えて飲みに行ったんだ。 飲酒可能な年齢だからね。それ から帰って来たものさ。

みき:なるほどね。

ピーター:でも現在は、すべてのアメリカの州で21歳だと思うよ……

みき:そう(アイダホのことは)過去の話なのね。

ピーター:……その方がいいだろうしね。

>>閉じる