Peter : Hi. Welcome to Talking Japan. This is Peter von Gomm and . . .

Miki : This is Miki Kano. Hello.

Peter : Hello, how are you today?

Miki : All right. How are you, Peter?

Peter : Pretty good, pretty good.

Miki :Good.

Peter : So recently I went to New Zealand, and I took a star watching tour.

Miki : Oh, did you?

Peter : Uh-huh.

Miki : How was it?

Peter : It was actually really interesting. However, it got a little too cloudy.

Miki : Oh.

Peter : And from the time when we checked into the small company where the meeting place was, and we got on a bus, and we got to the top of this viewing mountain, it clouded up.

Miki : Oh, just too bad.

Peter : So it was a real disappointment that it clouded up. But, uh, we did get to see, there were some breaks in the cloud and we saw the Southern Cross, and we learned how to find the Southern Cross very easily.

Miki : Right.

Peter : But how about in Japan? Are most Japanese into star watching, or . . . ?

Miki : In July we have this festival called, well, if it is to be translated into English it will be called a Star Festival.

Peter : Star Festival.

Miki : Yeah, in Japanese originally it’s Tanabata.

Peter: Oh, OK.

Miki : Yeah. You . . .

Peter : What’s that all about?

Miki : Well, according to this current calendar we now have, it’s dated on July the 7th.

Peter : Uh-huh. But that, July 7th is in the rainy season, isn’t it?

Miki : Yeah, it is, it is, so . . .

Peter : So can you actually see stars?

Miki : Oh, no, I don’t think so. I think it was originally sometime just before August, so that’s, the rain — the rainy season was over. Um . . .

Peter : When it was according to the lunar calendar. But now it’s . . .

Miki : Yeah. Anyway, I think you’ve seen many of those, around that time of the year, bamboos, bamboo trees and . . .

Peter : OK.

Miki : And you see those little, long strips of paper dangling?

Peter : Yeah. Yeah. Yeah.

Miki : Yeah. And, you just make a wish. And, uh, you write it down on these pieces of paper and you just hang them upon a tree.

Peter :Any tree?

Miki : No. Bamboo.

Peter : It has to be a bamboo tree?

Miki : Yeah. Yeah, it’s gotta be a bamboo tree.

Peter: And so, what if you don’t have bamboo? What if your neighbor has bamboo? Can you hang it on their tree?

Miki : Ha-ha. Yeah.

Peter : But does that wish transfer to them, or do you still get the wish?

Miki : Yeah, I . . . just make sure you just put your name down.

Peter : OK.

Miki : Yeah. So that the stars and . . .

Peter : Ha-ha. And your address.

Miki : Yeah, yeah, ha-ha.

Peter : Do stars need to know your address?

Miki : Yeah, right, e-mail address and, I dunno, whatever you, you know. Yeah, anything will do I guess.

Peter : So, so Tanabata, or Star Festival — what’s the origin of it?

Miki : Well, Tanabata, well, I made a bit of surveillance study on this, for this Talking Japan session, and this, I think is, combination of Japanese tradition and Chinese older tradition, obviously. And there are so many various stories about how it got started a long, long time ago, but, then, um, one explanation has it, there was this girl whose job was weaving.

Peter : So she was a weaver.

Miki : Oh, right. Yeah, she was a weaver. And, uh, she met this who was a cow herder. And, then, they fell in love.

Peter: Hmm, nice story. OK.

Miki : And they got married. But since they got married, they were just leading a such romantic life so they just forgot about their jobs and they got real lazy.

Peter : Mistake number one.

Miki : Yeah.

Peter : Never quit your jobs when you fall in love.

Miki : Ha-ha.

Peter : Love is expensive.

Miki : It is. Ha-ha. OK, anyway, OK. So now whoever this god was got really angry, so he 0parted the couple. So, and he stated that the couple can only meet each other once a year, which is July the 7th.

Peter : Oh. So it’s a romantic holiday. Not holiday but, uh, festival. So, going back to your point about during tanabata you write a wish on a piece of paper.

Miki : Yeah.

Peter : So, what are you going to write this year?

Miki : I’ve been wondering about it, actually, since we got started this, this chat. And I don’t really know. I can remember what I wrote last year.

Peter : Maybe you should wish for a better memory.

Miki : Ha-ha. Thank you, thank you. And, um, wish me I remember that until July the 7th, the very day. All right?

Peter : OK. I’ll remind you.

七夕

ピーター:やあ、「トーキング・ジャパン」にようこそ。ピーター・ヴァン・ガムと……

みき:狩野みきです。こんにちは。

ピーター:こんにちは、今日の調子はどう?

みき:元気よ。あなたは、ピーター?

ピーター:とても元気だよ。

みき:よかったわ。

ピーター:ところで、この間、ニュージーランドに行ってきたんだ。星を見るツアーに参加したんだよ。

みき:そうなんだ。

ピーター:うん。

みき:どうだった?

ピーター:本当に、実に面白かったよ。少し雲が多過ぎたけれど。

みき:まあ。

ピーター:集合場所の小さな会社で受け付けを済ませてから、バスに乗って、観察する山の頂上に着いたんだけれど、曇っていてね。

みき:あら、残念だったわね。

ピーター:曇ったのは、本当に残念だった。でも、ちゃんと見られたんだ、雲の切れ間があって南十字星を見ることができたんだよ。南十字星をとても簡単に見付ける方法も習ったんだ。

みき:そう。

ピーター:でも日本ではどうなの? 日本人は星を見るのが好きな人が多い? それとも……

みき:7月に、あるお祭りがあるわ、えーと、英語に翻訳するとすれば、星祭りでしょうね。

ピーター:星祭りか。

みき:日本語では本来、七夕というけれど。

ピーター:ああ、なるほど。

みき:ええ、あなたは……

ピーター:それは一体どういうもの?

みき:そうね、現行の暦では7月7日がその日よ。

ピーター:でも、7月7日は梅雨のころでしょう?

みき:ええ、そうね、だから……

ピーター:本当に星が見えるの?

みき:ああ、いいえ、見えないでしょうね。もともとは8月に入る直前のころだったと思うの、だから梅雨は終わっていたということね。ええと……

ピーター:太陰暦に沿っていたときはね。でも今は……

みき:ええ、いずれにしても、その時期になると、笹竹、笹竹をたくさん見ると思うけれど……

ピーター:そうだね。

みき:細長い、小さな短冊が下がっているでしょう?

ピーター:そうだね。

みき:ええ、それでともかく願いごとをするのよ。それをその紙切れに書いて、木につるすの。

ピーター:どんな木でもいいの?

みき:いいえ、笹竹よ。

ピーター:笹竹でなければいけないの?

みき:ええ、笹竹でないと駄目よ。

ピーター:笹竹がなかったらどうするの? 隣の家に笹竹があったらどうするの? それにつるしてもいいの?

みき:ハハハ。そうね。

ピーター:でも、その願いは彼らに移っちゃうのかな、つまり、それでも願いはちゃんとかなう?

みき:そうね。ただ、名前はちゃんと書き記しておくことね。

ピーター:そうだね。

みき:ええ、星のために……

ピーター:ハハハ。住所も。

みき:そう、そう、ハハハ。

ピーター:星も住所を知る必要があるのかな?

みき:ええ、そうね、Eメールアドレスとか、そんな感じのものも。ええ、何でもいいんじゃない。

ピーター:ところで七夕、星祭りだけど。どのようにして始まったの?

みき:そうね、七夕は、実は私「トーキング・ジャパン」のために少し勉強してきたのだけれど、明らかに、日本の伝統と中国のもっと古い伝統が混じり合ったものだと思うわ。大昔にどのように始まったかに関しては諸説あって、でも、ある説明によると、機織りの仕事をしていた娘がいたの。

ピーター:織子さんだったんだね。

みき:そうね、織子さんだったの。その娘がある、牛飼いの青年に会ったの。それで2人は恋に落ちたわけ。

ピーター:ほう、すてきな話だね。なるほど。

みき:そして、2人は結婚したの。でも結婚したら、2人は毎日夢見心地の生活ばかり送って、仕事を忘れてしまい、本当に怠け者になってしまったの。

ピーター:間違いその2。

みき:はい。

ピーター:恋に落ちても仕事を辞めるべからず。

みき:ハハハ。

ピーター:恋は高くつくね。

みき:そのとおりね。ハハハ。ともかく、どういう神様か知らないけど、その方がとてもお怒りになって、2人を引き離してしまったの。そして、2人は年に1回しかお互いに会えないと決めてしまった。その日が7月7日なの。

ピーター:つまり、ロマンチックな休日なんだ。休日じゃなくて、お祭りだね。さっきの話題に戻ると……七夕には願いごとを紙切れに書くんだよね。

みき:そうよ。

ピーター:君は、今年は何を書くつもり?

みき:何を書こうか考えていたの、実は、このおしゃべりが始まったときから。本当にどうしようかしら。去年、何を書いたかは思い出せるわ。

ピーター:記憶力が良くなるようにお願いしてみたら。

みき:ハハハ。それはどうも、ありがとう。7月7日の当日まで覚えていられるように、祈っててくれる?

ピーター:そうだね。教えてあげるよ。

>>閉じる