Miki : Do you wear suits?

Peter : Hmm. On very rare occasions I wear suits.

Miki : Yeah.

Peter : Weddings and things like that, but, yeah, pretty rarely.

Miki : Right, but . . .

Peter : Why do you ask?

Miki : Well, I just wondered if you found it a little bit uncomfortable wearing suits in this kind of weather, in this kind of country.

Peter : Hmm, well, I don’t particularly like neckties. Actually, I like neckties. I have a pretty big collection of neckties.

Miki : Ha-ha, oh, really?

Peter : Yeah, some very cool neckties.

Miki : Oh, you can wear just, um, several of them, just, you know . . . at one time.

Peter : Yeah, I could. Ha-ha. At one time, yeah. Start a new trend. But, uh, yeah, I’ve also often wondered seeing salarymen, wearing these suits and they must be dying.

Miki : Yeah, yeah.

Peter : In the heat and humidity.

Miki : It’s not fit. In this kind of weather, you know, humidity, as you said.

Peter : It definitely does not fit.

Miki : Yeah, that’s why the government came up with this idea of “Cool Biz”.

Peter : Cool Biz.

Miki : Yeah. Does it mean anything to you as an English word?

Peter: Hmm. Well, “biz” is business.

Miki : Right.

Peter : “Cool” is kakkoii.

Miki : Ha-ha.

Peter : kakkoii business.

Miki : kakkoii bijinesu. I wonder what kind of business that is.

Peter : Ha-ha.

Miki : I want to be in part of that.

Peter : That’s another story. We’ll talk about that one another time.

Miki : OK, I’m sorry, sorry. I digress. Anyway, so, Cool Biz, is saying, that, allowing a salaried man to wear things other than ties and jackets during this kind of muggy weather.

Peter : Oh, OK, so the company approves, ahead of time that the employees don’t have to wear a tie.

Miki : Yeah.

Peter : OK.

Miki : And the other side of the story is actually — well, this is more important, actually — the government just wanted to reduce the amount of carbon dioxide emission. So this calculation says if you put the temperature of AC, air conditioning, put from 26.2 degrees C up to 28 degrees C, and that would bring about the reduction of carbon dioxide emission by two million tons.

Peter : Wow.

Miki : That’s what it says.

Peter : Per season?

Miki : Yeah, per, yeah, yeah.

Peter: Wow. So imagine what if the whole world did that. They should go on a worldwide Cool Biz campaign.

Miki : Ha-ha, right.

Peter : You and I will be the, uh, the hosts. What do you think?

Miki : Spearheading, yeah. Well, there was this previous version of Cool Biz. And, uh, then they used to call it, I dunno, sho-ene rukku. I think many of our readers are familiar with this term.

Peter : Hmm.

Miki : Have you ever heard of it?

Peter : Never.

Miki : No. Literally it means, energy-saving-clothes- look. Right?

Peter : OK.

Miki : Yeah, but, what they actually had was, it was kind of a safari look.

Peter : OK.

Miki : Yeah, with no ties.

Peter : With like a, a pith helmet.

Miki : Yeah. Anyway, the government actually promoted this kind of wear to men.

Peter: Yes, so Cool Biz is in effect wearing fewer clothes during the hot summer season, so you can raise the temperature in the air conditioning, and thereby decreasing greenhouse effects. Is that correct?

Miki : Exactly, yes.

Peter : I see.

Miki : You got it right, yeah.

Peter : So, does this apply only to salarymen or so, to, female office workers as well?

Miki : Women actually they long-suffered from this very, very cold temperature of air conditioning, because, um, that has been usually, um, men- friendly temperature. But if the temperature stays at like at 28 degrees, that would be really helpful for women because, um, we long-suffered from this cold temperature and we just felt very, we felt cold and, uh, chills, and, um . . .

Peter : It’s not comfortable, is it, when you’re cold in a working environment.

Miki : Right. So, uh, so . . .

Peter : It’s hard . . . it’s hard to get warm.

Miki : Yeah. What we used to do was we just used to wear like, y’know, cardigans, or . . .

Peter : Hmm. That’s ridiculous . . .

Miki : It is!

Peter : ... in the middle of summer. It’s not healthy.

Miki : No.

Peter : So, and, well it’s not healthy for the Earth either. So, people: Cool Biz, 2thumbs up!

Miki : Yeah, right, ha-ha.

クールビズ

みき:あなたはスーツを着る?

ピーター:そうだね。ごくたまにはスーツを着るよ。

みき:そうなの。

ピーター:結婚式とか、でも、とてもまれだね。

みき:そう、でも……

ピーター:なぜ聞くの?

みき:日本みたいな国で、こんな気候で、スーツを着るのはちょっと不快じゃないかと思って。

ピーター:うーん、そうだね。特にネクタイが嫌だね。本当はネクタイ好きなんだけど。とてもたくさんのネクタイのコレクションを持っているんだ。

みき:ハハハ。まあ、そうなの?

ピーター:そうだよ。とても格好いいネクタイもあるよ。

みき:それなら、あなた、一度に何本も締められるわね、その……一度によ。

ピーター:うん、そうかもね。ハハハ。一度にね、うん。新しい流行にしよう。とにかく、そう、サラリーマンを見掛けてよく思うんだよ、彼らはスーツを着て、きっと死にそうに違いないってね。

みき:そうよね。

ピーター:この暑さと湿度じゃね。

みき:不向きよね。おっしゃるとおり、こんな気候と湿度には。

ピーター:まったくもって不向きだね。

みき:そうでしょ、だから政府は去年「クールビズ」というアイデアを打ち出したのよ。

ピーター:クールビズ。

みき:ええ。英語としては何の意味も成さないかしら?

ピーター:うーん。ええと、「ビズ」はビジネスだよね。

みき:ええ。

ピーター:「クール」は「格好いい」だね。

みき:ハハハ。

ピーター:「カッコイイビジネス」。

みき:「カッコイイビジネス」。いったいどんなビジネスかしら。

ピーター:ハハハ。

みき:参加したいわ。

ピーター:今はその話じゃないから。それはまた今度にしよう。

みき:そうね、ごめんなさい。脱線して。とにかく、要するにクールビズっていうのは、こういう蒸し暑い天気の間は、サラリーマンはネクタイと背広以外の服装をしてもよろしい、ということなのよ。

ピーター:ああ、なるほど、あらかじめ会社が社員に、ネクタイを締めなくてもいいと許可するわけだね。

みき:ええ。

ピーター:なるほど。

みき:でも、本当はもう一つ理由があって―実際はその方が重要なんだけど―政府は二酸化炭素の排出量をとにかく減らしたかったのよ。ある計算によれば、AC、つまりエアコンの温度を摂氏28.2度から28度に上げると、二酸化炭素の排出量が、200万トン減少するそうよ。

ピーター:わお。世界中がそうしたらどうなるかなあ。世界中にクールビズ運動を広めるべきだね。

みき:ハハハ、そうね。

ピーター:君と僕が中心になって。どう思う?

みき:先頭に立ってね。ええ。実は、このクールビズと同じようなことが約50年前にも行われたのよ。その時は確か「省エネルック」と呼ばれたけれど。その言葉を知っている読者もたくさんいると思うわ。

ピーター:ふうん。

みき:聞いたことある?

ピーター:ないね。

みき:そう。文字どおりの意味は、エネルギーを節約する服、ということ。わかる?

ピーター:なるほど。

みき:ええ、でも、実際は、サファリルックのようなものだったわ。

ピーター:そうか。

みき:ええ、ネクタイなしで。

ピーター:探検帽みたいのをかぶって。

みき:そうね。とにかく、政府が本当にそういう服を男性に勧めたのよ。

ピーター:そうなんだ。つまりクールビズとは要するに、暑い夏の間は着るものを減らして、エアコンの設定温度を上げられるようにして、それによって温室効果を緩和しようっていうことだね。それで合ってる?

みき:ええ、そのとおりよ。

ピーター:なるほどね。

みき:そのとおりだわ、ええ。

ピーター:それはサラリーマンだけに適用されるの? それとも女性社員にも適用されるの?

みき:女性は、実は、エアコンの温度があまりにも低いことで、ずっとつらい思いをしてきたのよ。エアコンの温度はたいてい男性に合わせて設定されていたから。温度が28度くらいに保たれれば、女性は本当に助かるわ、温度が低過ぎて、私たちは長い間つらい思いをしてきたんだもの。 とにかくとても寒くて、凍えて……

ピーター:それは、居心地よくないよね、職場で寒い思いをするなんて。

みき:ええ。だから……

ピーター:温まるのも大変だよね……

みき:そうなの。だから私たちは、カーディガンなんかを着たりしていたのよ……

ピーター:そうなんだ。そりゃ、ばかげてる……

みき:そうなのよ!

ピーター:……真夏にね。健康的じゃないよ。

みき:そうよね。

ピーター:地球にとっても良くないことだね。皆さん、クールビズ、大賛成!

みき:そうね、ハハハ。

>>閉じる