Miki : Have you ever found it weird or interesting to see so many foreigners appearing in commercials and on TV?

Peter : Uh-huh. Well, I’m one of them.

Miki : Oh, right. Yeah, I’m sorry. I just . . .

Peter : So I think it’s a great thing. That means I have food on my table.

Miki : OK, that’s the end of this story. I’m sorry. No. Well, but anyway, have you ever thought, well, just putting yourself aside for a moment?

Peter : OK. OK. Yeah. In TV commercials and, yeah it is interesting. And I’ve also often wondered why Japanese prefer that. There seems to be a pretty high percentage of advertising — print work, television, radio — that’s in English.

Miki : Yes.

Peter : Why is that?

Miki : Exactly. Well, the simplest answer would be we just love things to do with the Western culture. That’s it. Like, you know, if you have, like, I dunno, you see something printed out in English, rather than in Japanese only, it just simply just looks cooler to many people. Because, y’know, I just, y’know you know, did a very interesting interview with this president of kids’ clothes manufacturer. And, uh, this manufacturer was very, very popular then. And then I was just flipping through the collection, um, leaflets or something, and everything was done in English.

Peter : Wow. Was it proper English?

Miki : No, it wasn’t. And I asked him, like, y’know, why has everything got to be in English? You know, why do all these models have to be foreigners?

Peter : And what’d he say?

Miki : And he said it just simply looks cooler that way.

Peter : Hmm. So it’s attractive to the consumer.

Miki : Yeah, yeah. So, you know, you just see so many funny English written on . . .

Peter : Yeah. Actually, I saw a very funny one once, and I’ve seen so many of them. But one of them, it was in Akasaka Mituske station.

Miki : Yeah.

Peter : It was a big billboard poster, beautiful full- color poster, of, uh, some models that were modeling some new clothing. And in big font was the word, supposed to be “gorgeous,” but it was “gurgus.” Don’t get me started on that. We could talk about that for hours.

Miki : Yeah, OK.

Peter: But speaking of fashion . . .

Miki : Yeah.

Peter: Tokyo has so many clothing shops and department stores, and of course, they use mannequins to display the clothing.

Miki : Yeah.

Peter : Well, why are those mannequins always Western-featured? I’ve never seen one Asian-looking mannequin in my life.

Miki : That’s a very interesting point.

Peter : Why is that?

Miki : Because, because I know, I don’t think, including myself, most of us Japanese would take no notice to such a feature. I mean, like, and they would just, you know, look at them as mannequin as they are.

Peter : Hmm, yeah.

Miki : So, you know, it’s, I, personally, I feel like, y’know, they are from nowhere.

Peter : They’re from neutral . . .

Miki : Yeah. Yeah.

Peter : . . . planet.

Miki : Yeah, neutral mannequin, um . . .

Peter : World.

Miki : . . . manufacturing, yeah.

Peter : OK.

Miki : So it’s interesting that they look Western to you, but not to me.

Peter : Really? Really, they don’t?

Miki : They’re, well, they’re not Asian, that’s for sure. They’re not Asian-looking.

Peter : Hmm. Well, some — sometimes they’re very neutral.

外国人モデル

みき:(日本の)コマーシャルやテレビに外国人がたくさん出てくるのを変だとか、面白いとか思ったことない?

ピーター:そうだね。ぼくもその一人だけどね。

みき:そうだったわね。ああ、ごめんなさい。ただ……

ピーター:だからいいことだと思うよ。そのおかげでぼくは食べていける。

みき:そうね、それじゃこの話はそれで終わりだわ、失礼しました。うそ。まあ、でも、それはともかく、そう思わない? 今だけあなた自身のことはちょっと置いといて。

ピーター:わかったよ、うん。テレビのコマーシャルとかね、うん、面白いね。僕も不思議に思っていたんだ、なぜ日本人はそうしたがるのか。かなりの割合で広告に―印刷物でも、テレビでも、ラジオでも―英語が使われているよね。

みき:そうね。

ピーター:なぜなの?

みき:そのとおりよね。一番簡単な答えは、日本人がただ西洋文化に関係したものが好きだ、ということになるわね。それに尽きるわ。英語で書かれたものを見ると、その方が、日本語だけで書かれたものよりもかっこいいと思う人が多いのよ。ある子ども服会社の社長さんと、とても面白いインタビューをしたことがあるの。そしてその会社はそのころ、とても人気があったの。それで、コレクションのカタログみたいなものをパラパラめくっていたら、すべて英語で書いてあったの。

ピーター:すごいね。正確な英語だった?

みき:いいえ。だから、なぜすべて英語にしなければならないのか、尋ねてみたの。ほら、なぜモデルは外国人でなければならないのかって。

ピーター:彼はなんて言ったの?

みき:単にその方がかっこよく見えるからだと言っていたわ。

ピーター:なるほど。消費者を引き付けるわけだ。

みき:ええ、そうね。だから、おかしな英語で書かれたものが、とにかくたくさん目に付くわけ……。

ピーター:そうだね。実際に、以前とてもおかしなものを見たことがあるよ。(今も)よく見掛けるしね。そんなものが赤坂見附駅にもあったんだ。

みき:そう。

ピーター:大きな広告掲示板のポスターで、きれいなカラーの広告で、数人のモデルが新しい服を着ていてね。大きな活字で「gorgeous」のつもりだと思うけれど、「gurgus」って書いてあった。僕にこの話はこれ以上させないで。話しだしたら何時間でも話せちゃうよ。

みき:そうね。やめましょう。

ピーター:ファッションといえば……

みき:ええ。

ピーター:東京には洋服屋やデパートがたくさんあって、当然、洋服を見せるためにマネキンが使われているわけだけど。

みき:そうね。

ピーター:マネキンはどうして必ず西洋人風の顔立ちをしているの? 僕は、アジア人風の顔立ちのマネキンは生まれてこの方、まったく見たことがないんだけど。

みき:とても面白い指摘ね。

ピーター:何で?

みき:私もだけど、ほとんどの日本人がそのことに気付いていないんじゃないかしら。つまりマネキンはマネキンとしてしか見ていないから。

ピーター:ああ、なるほど。

みき:私は、個人的には、何人風でもないように思うけれど。

ピーター:どこの国でもないところの……

みき:ええ。

ピーター:……惑星風。

みき:ええ、ニュートラルなマネキン……

ピーター:世界風。

みき:……作り物ね。

ピーター:なるほど。

みき:あなたには西洋人風に見えて、私にはそう見えないというのは面白いわね。

ピーター:本当に? 本当にそう見えない?

みき:そうね、アジア人風ではないわね。確かに。アジア人風の顔立ちではないわね。

ピーター:そうだね、すごくニュートラルなこともあるね。

>>閉じる