Miki : Welcome to Talking Japan. This is Miki Kano and . . .

Peter : I’m Peter von Gomm. How are you?

Miki : Fine, how are you, Peter?

Peter : Doing good.

Miki : OK. Let me just start with this question this time.

Peter : OK.

Miki : Have you attended any of Japanese weddings before?

Peter : Yeah, I have, actually. This last spring I did.

Miki : Oh, really? How did you find it?

Peter : Well, it was very Western. I was surprised.

Miki : In what way?

Peter : Well, my friend who got married used to live in America. She invited me to her wedding and I went and it was at a very nice hotel, and there were gospel singers and . . .

Miki : Really!

Peter : Yeah.

Miki : Ha-ha-ha.

Peter : Big, big reception afterwards and, a live MC and it was really, really very Western.

Miki : Oh, really?

Peter : Yeah. She was wearing a Western-style wedding dress, and he was wearing a tuxedo, and, well obviously most of the guests were Japanese. But, uh, it was just very Western feel to it. The only thing that was different I thought was that the bride, she had a change of clothing. So she changed three times.

Miki : Oh, that's very traditionally Japanese.

Peter : Yeah. In America, we don't do that.

Miki : From the guests' point of view, like when you attended this wedding, don't you get bored when the bride just gets out of the room, you know, get changed, I dunno, it takes a while, doesn't it?

Peter : I usually drink a lot.

Miki : Ha-ha.

Peter : So I stay pretty entertained.

Miki : That's an excuse for guests to just sit and get drunk and, get merry.

Peter : I was also a little bit shocked... I had to pay money!

Miki : Oh! Right, yeah.

Peter : We don't do that in America. In America we give gifts. And I wasn't sure how much to give.

Miki : And may I ask how much you gave?

Peter : I gave them, uh, 20,000 yen.

Miki : Twenty thousand yen?

Peter : Um-hum. Only later, I learned that giving 20,000 yen — an even number rather than an odd number — is actually bad luck.

Miki : Yeah, yeah, for occasions like weddings.

Peter: Um.

結婚式

みき:「トーキング・ジャパン」にようこそ。狩野みきです、そして……

ピーター:ピーター・ヴァン・ガムです。元気?

みき:ええ、あなたは、ピーター?

ピーター:元気だよ。

みき:では、今回はさっそくこの質問から始めましょう。

ピーター:どうぞ。

みき:日本の結婚式に出席したことある?

ピーター:ああ、実はあるよ。昨年の春に出席したんだ。

みき:あら本当? どうだった?

ピーター:そうだね、とても洋風だったよ。びっくりした。

みき:どんなふうに?

ピーター:ええと、結婚した友人は以前アメリカに住んでいたんだ。彼女に招待されて、結婚式に出席したんだけど、すごく立派なホテルで、ゴスペル隊もいて……

みき:そうなの!

ピーター:そうだよ。

みき:ハハハ。

ピーター:その後、盛大な披露宴があって、実際に司会者がいて、とても、とても洋風だったよ。

みき:へえ、そうなんだ。

ピーター:うん。彼女は洋風のウェディングドレスを着て、新郎はタキシードを着て、出席者のほとんどはもちろん日本人だったけれど。でも、とにかくとても洋風な感じだったよ。一つだけ違うと思ったのは、新婦が着替えたことかな。なんと、3回着替えたんだよ。

みき:まあ、それはまさに伝統的な日本風(のお式)ね。

ピーター:そうなんだ。アメリカでは着替えないね。

みき:出席者の立場からすると、あなたがその結婚式に出席したときみたいに、新婦が部屋から出て行って着替えている間は、時間がかかるし、退屈しない?

ピーター:たいてい、お酒をガバガバ飲んでるから。

みき:ハハハ。

ピーター:とても楽しくしてるよ。

みき:出席者にとって、お酒を飲んで酔っ払う口実になるわね。

ピーター:それからちょっと驚いたのは……お金を払わなけれ ばならなかったこと!

みき:ああ! ええ、そうね。

ピーター:アメリカではそういうことはしない。アメリカでは贈り物をするんだ。それに、幾らあげればいいかわからなかったんだよ。

みき:で、幾ら包んだか聞いてもいい?

ピーター:2万円持っていったんだ。

みき:2万円?

ピーター:うん。後になってから知ったんだけど、2万円持っていくのは―奇数でなく偶数なのは―本当は縁起が悪いんだってね。

みき:そうね、結婚式などの場合はね。

ピーター:ふうん。

>>閉じる