Peter : Hi everyone. This is Peter von Gomm and . . .

Miki : This is Miki Kano.

Peter : That’s right. Welcome to Talking Japan.

Miki : Hi Peter.

Peter : Hello Miki. So in Japan do you have these athletic meets? We have them in America. They’re called field meets.

Miki : Oh, right. Yeah, we have a similar thing. We usually call it athletic meet or sports day.

Peter : Sports day.

Miki : Yeah, either in May or in October because those two months are supposed to be the best months of the year.

Peter : For weather?

Miki : Yeah, for weather.

Peter : Right. So did you participate when you were a kid?

Miki : Yeah, I did and I was really serious about it.

Peter : Really?

Miki : Yeah.

Peter : You look like a competitive person.

Miki : Ha-ha, thank you. What was your favorite sport?

Peter : At my field meets? Well, I liked the three- legged race.

Miki : Right, you were good at it?

Peter : Yeah, I was pretty good, I was pretty good. But I always paired up with the fastest kids.

Miki : Oh, you cheat.

Peter : I hated to lose.

Miki : What other activities are popular in America?

Peter : OK, we had the, we call them gunnysack races.

Miki : Gunnysack races, what’s that?

Peter : Well a gunnysack is a burlap sack, a potato sack.

Miki : Right.

Peter : Strong material that potatoes are shipped in.

Miki : Yeah.

Peter : And, uh, you would step inside the sack and you’d pull it up as high as your waist, and you’d have to run in it.

Miki : Yeah, we have that in Japan too.

Peter : Yeah. It’s difficult to run, isn’t it?

Miki : Yeah, I’ve never done ’em myself. But have you ever done this what we call a mock cavalry battle, where several people just get together to make a kind of horse or platform on which a person rides and then fights with the other package of people?

Peter : Uh-huh. We have something similar to that, where it’s usually two people, and we call them camel fights.

Miki : Right.

Peter : Yeah. And where you get on the back of one other person and you try to knock the other person off . . .

Miki : Oh, right, yeah.

Peter :. . . the camel.

Miki : It used to be in Japan too, it used to be about knocking the other person on the other people’s backs, but, uh, well people obviously said, well it is too dangerous. So I think it is now changing into, um, if you can just get the cap or the headband we normally wear for this athletic meet thing — if you can just, uh, snatch it from the other person, you win.

Peter : Hmm. Sounds boring though. Safe is boring.

Miki : It is.

Peter: I like danger.

Miki : Yeah. I know children love dangerous stuff.

Peter : They do.

Miki : Yeah.

Peter : So do all students have to participate, or is it just those who want to participate?

Miki : I think everybody has to participate in that.

Peter : Yeah. What about parents? Like in America, sometimes they’ll have a parent and child race together.

Miki : Yeah, we do have things like that, too, but it’s getting more and more like, you know, more children’s stuff. But anyway, these, um, athletic meets, used to be a kind of event for people in the local community. So it just provided them an excuse to get together and, uh, get drunk, and, uh, just getting and, uh, merry and, uh, just, and, um, cheerful and excited about how the kids are doing.

Peter : Uh-huh, yeah, no alcohol in the States at these kinds of events.

Miki : No? Oh, really?

Peter : Yeah. Yeah.

Miki : Yeah, sounds very healthy.

Peter : Yeah. So in Japan do the kids receive prizes if they win, or . . . ?

Miki : Well, some kids do, I think, they still do. But, more schools are beginning to adapt this no-prize policy because everyone should be treated equally.

Peter : Come on.

Miki : Yeah.

Peter : But like you said, when you were a kid you took it very seriously, and you really wanted to do your best.

Miki : Yeah.

Peter : So those kids should be, you know, rewarded for their efforts.

Miki : Yeah, should be allowed to be as competitive as they like.

Peter : Hm.

Miki : Yeah, but then what has been pointed out at the same time, is, you know, once kids just get out into society it is the competitive world that awaits them. So, and they have to be used to how to be competitive and, uh, how to compete while they’re young.

Peter : I agree. I agree.

Miki : Hm.

運動会

ピーター:皆さん、こんにちは。ピーター・ヴァン・ガムと……

みき:狩野みきです。

ピーター:そうです。「トーキング・ジャパン」にようこそ。

みき:こんにちは、ピーター。

ピーター:こんにちは、みき。ところで、日本でも運動会をする? アメリカには運動会があって、フィールド・ミーツというんだ。

みき:ああ、そうなの。ええ、日本にも同じようなものがあるわ。運動会とかスポーツデー(体育の日)ということが多いわね。

ピーター:スポーツデー。

みき:そうよ、(運動会は)5月か10月に行われるけれど、そのふた月が1年中で一番良い月だと思われているからでしょうね。

ピーター:気候が?

みき:ええ、気候が。

ピーター:なるほどね。それで子どものとき、君も参加した?

みき:ええ、参加したわ。かなり真剣だったわね。

ピーター:そう?

みき:そうよ。

ピーター:負けず嫌いみたいだもんね。

みき:ハハハ、ありがとう。どんな種目が好きだったの?

ピーター:運動会で? そうだね、二人三脚が好きだった。

みき:そう、得意だったの?

ピーター:ああ、とても得意だったよ。とても得意だった。いつも一番足の速い子と組んでいたんだけどね。

みき:まあ、ずるい。

ピーター:負けるのが大嫌いだったから。

みき:アメリカでは、ほかにはどんな種目が一般的なの?

ピーター:そうだね、ガニーサックレースっていうのがあったよ。

みき:ガニーサックレースって、どんなもの?

ピーター:ガニーサックは麻袋のこと、ジャガイモの袋のことだよ。

みき:なるほど。

ピーター:ジャガイモを中に入れて運ぶ丈夫な布袋さ。

みき:そう。

ピーター:この袋の中に足から入って、腰の高さのところまで袋の口を引っ張り上げて、そのまま走らなくちゃならないんだ。

みき:ああ、それなら日本にもあるわ。

ピーター:そう。走るのが難しくない?

みき:そうね、私はやったことないけれど。騎馬戦っていうのをやったことある? 何人かが組んで、馬、というか、台を作って、その上に人が乗って、ほかの組(騎馬)と戦うの。

ピーター:そうだね、似たようなものがあるよ。たいてい2人で一組になるんだけれど、ラクダ競争って呼ばれている。

みき:そうなの。

ピーター:そう、1人がもう1人の背に乗って、相手を突き落とすんだ……

みき:なるほどね。

ピーター:……ラクダ(役の人の上)からね。

みき:日本でも以前はそうだったわ、相手の人たちの上の人を突き落とす競技だったの、でも、やはりあまりにも危険だということになったようね。それで変わってきたのでしょうね、今では運動会などのときに身に着けている帽子や鉢巻きを取れば、相手からそれを取りさえすれば、勝ちになるわ。

ピーター:なるほど。でも面白くなさそうだね、安全第一ではつまらないよ。

みき:そうね、確かに。

ピーター:僕は危険なのが好きだ。

みき:ええ、子どもも危険なことが好きね。

ピーター:そうだね。

みき:そうよ。

ピーター:生徒は全員参加しなければならないの、それとも参加したい人だけが参加するの?

みき:全員、参加しなければならないでしょうね。

ピーター:そう。親たちは? アメリカでは時々親子競走もあるよ。

みき:ええ、日本にもあるわ、でも、どんどん子どものものになってきているようよ。いずれにしても、運動会は以前はいわば地域社会の人たちの行事のようなものだったの。集まってお酒を飲んで楽しむための口実だったのよ、子どもの活躍を見て喜んだり楽しんだり騒いだりね。

ピーター:なるほどね。うん、アメリカではお酒は飲まないね、こういう種類の行事では。

みき:飲まないの? 本当?

ピーター:そうだよ。うん。

みき:そう。とても健全そうね。

ピーター:そうだね。日本では子どもは勝つと賞をもらうのかな、勝ったときには……?

みき:もらう子もいると思うわ、今でもね。でも、賞は出さないっていう方針の学校が増えてきているの、すべての子どもを平等に扱うべきだということで。

ピーター:おいおい。

みき:そうよね。

ピーター:でも、子どものころとても真剣だったと、さっき君も言っていたけれど、本当にベストを尽くそうとしたわけでしょ。

みき:そうよ。

ピーター:そういう子どもたちは、その努力は報われるべきだよね。

みき:そうよね。思う存分競争させてあげるべきよね。

ピーター:そうだね。

みき:ええ、でも同時に問題とされているのは、子どもがいったん社会に出たら、そこには競争社会が待っているってことなのよ。だから、子どものうちに、競争心を持つこと、競争することに慣れておくべきだわ。

ピーター:そのとおりだね。そう思うよ。

みき:そうよね。

>>閉じる