Miki : Welcome to Talking Japan. I’m Miki Kano and . . .

Peter : Peter von Gomm. How are you today?

Miki : All right. How about you, Peter?

Peter : Very good, very good.

Miki : Good.

Peter : You know, I was thinking. I went to a, a movie the other day. Do you go to movies very often?

Miki : Yeah, yeah, I do.

Peter : Yeah? Do you... are you happy with the cost of the tickets?

Miki : No way, never. Yeah, they’re, they’re just too costly in this country.

Peter : I know that if you’re a senior citizen you can get a discount.

Miki : Right.

Peter : So do you get discounts?

Miki : Um, I don’t belong to that age bracket yet.

Peter : Oh, I see. Miki: Sorry, Peter. Peter: I see.

Miki : Ha-ha. Talking about senior citizens, we have this Respect for Senior Citizens Day in September. You’ve heard of it, right?

Peter : Yeah, I think so. Yeah.

Miki : Yeah. Well, originally this day actually started in, back in 1962. And originally this day was named just simply Old People’s Day.

Peter : Uh-huh.

Miki : But everybody said it the naming was just too blunt, so they changed it into Respect For Senior Citizens Day.

Peter : That has a much better ring to it, doesn’t it?

Miki : Yeah.

Peter : Well, on that day, how is it celebrated?

Miki : Well, basically what we are supposed to be doing on that day is, for instance, visit our grandparents and do nice things for them. Originally, this day was designated on the 15th of September until the year 2002, but the government decided, well, there will have to be more national holidays for Japanese people, so they just, sort of, shifted that day, the Respect For Senior Citizens Day, from the original date to the third Monday of September.

Miki : You don’t have a similar day in America, do you? Or . . .

Peter : Mmm, you know, it’s been a while since I’ve been back. America also creates new holidays, like they do in Japan.

Miki : Oh, do they? Yeah.

Peter : Yeah. So it’s quite possible there’s a respect for, the elderly day. I’m not exactly sure.

Miki : It’s really weird because Japanese culture just, you know, lays a very special emphasis on respect for anybody older than you.

Peter : Uh-huh?

Miki : But we have to have this special day . . .

Peter : Uh-huh.

Miki : ... and stated by the central government to show your respect to old people. I think there’s a kind of irony in it.

Peter : Hmm.

Miki : And, uh, also, we have what we call “priority seats” or “silver seats.”

Peter : Mm.

Miki : Have you ever heard of them?

Peter :Yeah. Actually, funny you bring that up. Uh, recently my mother was here in Tokyo visiting, and it was her first time in Japan.

Miki : Oh, good.

Peter : And she’s a senior citizen. She’s almost 73 years old.

Miki : Oh, right. She qualifies.

Peter: Yes, very much so. So she was offered seats on the “silver seat,” so whenever we got on the train we stood in that area, uh, strategically. And every time, without fail, somebody either moved over, or somebody got up and offered her the seat.

Miki : That’s a very un — unusal experience you had, I must say.

Peter : Well, you know, we all get old one day.

Miki : Oh, I don’t wanna admit that.

Peter : I know it’s true.

Miki : OK. Right.

Peter : And so it’s something we have to face.

Miki : Oh, right. And I just wanna be a very pretty old woman who would be loved by verybody.

Peter : You’re a pretty old woman now, Miki.

Miki : Oh, thank you, Peter.

敬老の日

みき:「トーキング・ジャパン」にようこそ。狩野みきです。そして……

ピーター:ピーター・ヴァン・ガムです。今日の調子はどう?

みき:いいわよ。あなたはどう、ピーター?

ピーター:とても元気だよ。

みき:それはよかったわ。

ピーター:ねえ、考えてたんだけど。この間、映画を見に行ったんだ。映画はよく見に行く?

みき:ええ、行くわ。

ピーター:そう? 映画のチケット代に満足している?

みき:まさか、全然。ええ、この国のチケット代はとにかく高過ぎるわ。

ピーター:高齢者だったら割引があるんだよね?

みき:そうよ。

ピーター:みきは割引を受けているの?

みき:まあ、私はまだそんな年じゃありません。

ピーター:おや、そうなんだ。

みき:おあいにくさま、ピーター。

ピーター:わかったよ。

みき:ハハハ。高齢者といえば、9月には例の敬老の日があるわ。聞いたことあるでしょ?

ピーター:うん、あるよ。たぶんね。

みき:そう。そもそもこの祝日は実際1951年に始まったんだけど、最初は単純に「としよりの日」といわれていたの。

ピーター:へえ。

みき:でもこのネーミングはあまりにもストレートだという声が大きかったので、「敬老の日」に変えたのよ。

ピーター:その方がずっと響きがいいよね。

みき:ええ。

ピーター:で、その日は、どんなふうにお祝いするんだい?

みき:そうね、要するに、その日にすることになっているのは、例えば祖父母を訪ねて孝行する、といったことなの。もともとこの祝日は、2002年までは9月15日と定められていたんだけれど、日本人にはもっと(連続した)国民の休日が必要だと考えた政府が、(2003年から)その日を、敬老の日を、もともとの日から9月の第3月曜日に移したのよ。

みき:アメリカには敬老の日みたいなものはないでしょ? それとも……

ピーター:うーん、アメリカにはしばらく帰ってないからなあ。アメリカも、日本みたいに新しい休日をつくるしね。

みき:そうなの? ふうん。

ピーター:うん。だから敬老の日もあるかもしれないね。確かなことはわからないけれど。

みき:ところで日本の文化は、自分より年長の人なら誰でも敬うということに、ことさら重きを置いているのに、本当に変よね。

ピーター:何が?

みき:特別な日を設けなければならないなんて……

ピーター:うん。

みき:……それでお年寄りに対する敬意を示せって中央政府が決めるなんて。なんだか皮肉な感じがするわ。

ピーター:そうだね。

みき:それに、「優先席」、いわゆる「シルバーシート」もあるし。

ピーター:そうだね。

みき:聞いたことある?

ピーター:あるよ、というか、君がその話を持ち出すなんて面白い偶然だね。最近、母が東京に来てね。初めて日本に来たんだ。

みき:まあ、よかったわね。

ピーター:母親は高齢者なんだ。もうじき73歳になるんだよ。

みき:ああ、そうなの。(シルバーシートに座る)資格があるわね。

ピーター:ああ、大いにある。それで、母はシルバーシートの席を譲ってもらったんだよ。だから電車に乗るときには、いつもその辺りに立ったんだ、戦略的にね。そうすると毎回必ず、誰かがいつも席を詰めて空けてくれるか、立ち上がって母に席を譲ってくれるかしたんだ。

みき:それはとっても―珍しい体験だったわね。本当に。

ピーター:まあ、僕たちもいつかは年を取るんだよね。

みき:ああ、それは認めたくないけれど。

ピーター:でも本当のことだ。

みき:ええ。そうね。

ピーター:そして向き合わなくちゃいけないんだよ。

みき:そうね。誰からも愛される、すごくかわいいおばあちゃんになりたいわ。

ピーター:今でもかわいいおばあちゃんだよ、みき。

みき:まあ、重ね重ねありがとう、ピーター。

>>閉じる