中高生エッセイコンテスト E-1グランプリ2014 応募期間 2014/7/24~9/15

毎年恒例となった、アルク主催の中高生エッセイコンテスト「E-1グランプリ」。
アルクの英単語集『キクタン』や『ユメタン』で、日々、単語やフレーズの学習を頑張る皆さんに、日頃の学習で培った英語力を披露していただく場として、今年の夏も開催します。
「E-1グランプリ」の「E」には、“English”“essay”“education”など複数の意味があります。それらのNo.1を目指して日頃の語彙学習の成果を、全国の中高生が参加するこの「E-1グランプリ2014」で発揮してください。

「E-1グランプリ」とは?

高校野球なら「甲子園」、ラグビーなら「花園」、サッカーなら「国立競技場」と、高校生の部活動には、それを披露する晴れの舞台があります。では、英語の勉強についてはどうでしょうか?
アルクでは、『キクタン』や『ユメタン』で日々、単語やフレーズの学習を頑張っている皆さんに日頃の学習の成果を披露していただく舞台として、中高生向けエッセイコンテスト「E-1グランプリ」を毎年夏に開催。
「E-1グランプリ」の「E」には、“English”“essay”“education”など複数の意味を持たせています。ぜひそれらのNo.1を目指して日頃の語彙学習の成果を、この「E-1グランプリ2014」で発揮してください。アルクもこれまで蓄積したノウハウやデータを惜しむことなく提供し、皆さんの学習するモチベーションのUPを全力で応援します。

「E-1グランプリ2013」入賞者発表

「E-1グランプリ2013」へのご応募、誠にありがとうございました。日頃の学習で培った語彙力を最大に生かした、素晴らしい作品ばかりでした。その応募総数は1,198作品にものぼり、その審査を監修者の先生方および 添削者の先生方、弊社「E-1グランプリ2013」事務局にて行いました。厳正な審査の結果、以下の作品が入賞されましたので、ここに発表いたします。

高校1年生部門

最優秀賞
日出高等学校(東京都) 金戸 華さん
優秀賞
大分県立大分上野丘高等学校(大分県) 加藤由太郎さん
優秀賞
大分県立大分上野丘高等学校(大分県) 小手川由莉さん
優良賞
九州国際大学付属高等学校(福岡県)  後藤友希さん
優良賞
九州国際大学付属高等学校(福岡県) 田原静真さん
優良賞
九州国際大学付属高等学校(福岡県) ロング ジャシュアさん

高校2年生部門

最優秀賞
春日部共栄高等学校(埼玉県) 北原 舞さん
優秀賞
大分県立大分鶴崎高等学校(大分県) 金山友美さん
優秀賞
大分県立大分上野丘高等学校(大分県) 佐藤愛香さん
優良賞
大分県立大分上野丘高等学校(大分県) 神崎向日葵さん
優良賞
大分県立大分鶴崎高等学校(大分県) 嶋田結花さん
優良賞
大分県立大分鶴崎高等学校 (大分県) 藤堂日奈子さん

高校3年生部門

最優秀賞
兵庫県立加古川南高等学校(兵庫県) 朝倉由佳さん
優秀賞
九州学院高等学校(熊本県) 市山爽夏さん
優秀賞
大分県立竹田高等学校(大分県) 油布ゆふ春華さん
優良賞
九州学院高等学校(熊本県) 安藤 ふうさん
優良賞
九州学院高等学校(熊本県) 緒方ゆいさん
優良賞
九州学院高等学校(熊本県) 下川友希さん

中学生部門

最優秀賞
滋賀県立守山中学校(滋賀県) 東 彩美あみさん
優秀賞
聖園女学院中学校(神奈川県) 佐藤愛美さん
優秀賞
千代田区立九段中等教育学校(東京都) 舘林里紗さん
優良賞
吉岡町立吉岡中学校(群馬県) 梅田璃子さん
優良賞
千代田区立九段中等教育学校(東京都) 木村奈穂さん
優良賞
聖園女学院中学校(神奈川県)  サルカール アラニ ロクサーレさん

各部門で栄えある第一位、最優秀賞に輝いた作品を紹介します。

高校1年生部門 日出高等学校(東京都) 金戸 華さん

Ten Years From Now

Ten years from now, you will still be a high diver. You will be given more advice from your parents and your grandparents who were once Olympic athletes. Years of hard work and classical ballet will help you give excellent performances. Being a member of the national diving team, you will be given more opportunities to join overseas expedition.
Ten years from now, it will be 2024, which is four years after the Summer Olympic held in Tokyo. You will be 25 years old then. You may have won gold medals or you may have quit diving due to some accidents. Only God knows what will happen in the future. But I believe that if you keep focusing on your high diving, you will be able to achieve your goals.
I know you will continue to dive for the next Olympic Games. Your performances will definitely charm all spectators. I wish that you get gold medals and show them proudly to your parents. You may have some hardships which will make you feel bitter, but I’m sure that they will make you stronger in return. So don’t give up and always pursue your dreams.

金戸 華さん

2年連続で最優秀賞を受賞でき、とてもうれしいとしか言いようがありません! ありがとうございます。今回のエッセイでも、自分の夢を交えて書かせていただきました。10年後自分が素敵な選手生活を送れているかわかりませんが、自分達が好きなことをできていること、学校で勉強ができること、これだけ充実した生活を皆が送れるわけではありません。だから毎日幸せに暮らせていることに感謝しようと言う思いで今回のエッセイを書かせていただきました。1日1日の感謝が5年後、10年後、20年後、自分の選手生活を終えてからも、大きな支えとなってくれたらうれしいです。

高校2年生部門 春日部共栄高等学校(埼玉県) 北原 舞さん

Dear future 26 year old me

I hope you are doing well and have secured a stable position as a cabin attendant by now. I wonder if you have seen the northern lights, trekked the paths of the Amazon Rainforest, or rowed through the canals of Venice. I am filled with awe just thinking about the marvelous sights you may have seen and the exciting things you might have done. Mom is always telling me amazing stories about her time as a flight attendant. She played tennis in the deserts of the Middle East during a sandstorm, dined on fresh olive oil in Greece, and braved the freezing temperatures of Anchorage, Alaska. Surely you must have your own a travel stories by now.
Has your English improved during these past ten years? I think talking and interacting with so many passengers should have helped you improve your English immensely. Right now I am writing this letter to you as an assignment for an English class. On future me, I wonder what you will think of the grammar in this message.
I cannot wait to meet the person I will become. See you in ten years' time!
Love, Mai

北原 舞さん

最優秀賞受賞を聞いた時、驚きとうれしさで先生に抱きつきました。「10年後の私へ」というテーマを見て、10年後の自分の姿を想像しながら、このエッセイを書きました。
幼い頃から、母のキャビンアテンダント時代の話や母に教わる英語が大好きで、いつか私も母のようになりたいという憧れを抱いて育ちました。今回の受賞により、改めて母の存在に感謝し、夢に向かって精進していきたいです。

高校3年生部門 兵庫県立加古川南高等学校(兵庫県) 朝倉由佳さん

My big dream

"Are you still pursuing your dream? " This is a question I'd like to ask myself ten years from now. If I say "yes," I'll be proud of myself. My dream is to become an actress. This dream is so big that it is difficult for me to imagine it.
Firstly, I would ask myself, "Do you remember why you wanted to become an actress?" The answer is easy. I love seeing movies. Whenever I see movies, I strongly wish I was in them. I'd like to move everyone with my acting.
I would also ask myself, " Who is your role-model?" My current role-model is Jennifer Lawrence. I was so excited when I saw her in "The Hunger Games." I'm not sure if I have that kind of talent. But I would say to my future self, "If you're making efforts to be like her, I'm glad she is still your role-model."
Finally, if you are tired of pursuing your dream, remember this: "If you can dream it, you can do it! " This quote from Walt Disney is my motto.
I'm going to enter an acting school next year. I believe my dream will come true!

最優秀賞に選んでいただき、本当にうれしいです。「10年後の私へ」というテーマで、10年後の自分は何をしているのかと考えた時、夢を諦めないでいてほしいという思いがありました。だから、夢を諦めないでというメッセージをこのエッセイに書くことにしました。英語は私が1番好きな教科なので、このエッセイを書くのはとても楽しかったです。今後、自分の夢に向かって努力しながら、英語の学習にも積極的に取り組んでいきたいと思います。

中学生部門 滋賀県立守山中学校(滋賀県) 東彩美(あみ)さん

Are you a wonderful teacher now?

My dream is to be a teacher because I've been taught by many great teachers. Two of teachers especially inspired me, I love them.
The first was my elementary school teacher in Japan. Once, she made me stand when I forgot my books. I felt terrible at that time, but she taught me the importance of not forgetting things.
The other is an English teacher in Australia. I must have made many mistakes with my English speech. However, she didn't say anything about it. She listened carefully to me. She taught me the importance of not being afraid of making mistakes.
I experienced how wonderful they are! I'm sure I'll also meet more great teachers in the near future in the world. At the moment, I want to be a strict and kind teacher like them.
Are you such a teacher or are you trying to be like another teacher?

東彩美(あみ)さん

最優秀賞をいただいたことで、英語で表現する力に自信が付き、将来は先生になりたいという思いが、一層、明確になりました。150文字という限られた語数の中で、「私はこんなにも素晴らしい先生に出会うことができた」という思いを込めることは、とても難しかったです。私は今も、学校で素晴らしい先生方に囲まれています。このエッセイで書いたように、これからさまざまな経験を通して、世界中の素晴らしい先生に出会い、多くのことを学びたいです。

学校単位でご応募の多かった以下の学校を学校奨励賞として表彰いたします。

学校奨励賞

第1位
九州国際大学付属高等学校(福岡県)応募作品数:267作品
第2位
天理高等学校(奈良県)応募作品数:254作品
第3位
北海道根室高等学校(北海道)応募作品数:218作品

なお、各賞の受賞者数と賞品は以下の通りです。

<最優秀賞>各部門1名 iPod touch 32GB
<優秀賞>各部門2名 (高校生部門)CASIO G-SHOCK
(中学生部門)CASIO電子辞書
<優良賞>各部門3名 オリジナルQUOカード(2,000円分)
<学校奨励賞>3校  オリジナルクリアファイル(個人に1枚)

たくさんのご応募、誠にありがとうございました。

応募方法

「E-1グランプリ2014」テーマ 「10年後の僕・私へ」

10年後の自分が何をしているか想像してみてください。スポーツ選手になって活躍している、英語を話していろいろな世界へ行ってみたい、立派な仕事をして人の役に立ちたいなど、やってみたいことや自分のなりたい姿がたくさん浮かぶでしょう。何に憧れどんな風になりたいですか。現在の希望や理想の姿を思い浮かべながら、未来の僕・私へメッセージを送ってみましょう。

応募資格
  1. 中学1~3年生、高校1~3年生
  2. 以下の教材を使用して学習している方
    『キクタン』(中学英単語、Entry2000、Basic4000、Advanced6000)、
    『キクタンリーディング』(Entry2000、Basic4000、Advanced6000)、
    『ユメタン』(012
  3. 『高校生応援マガジンmini vol.4』(※1)をお持ちの方
    (※1)応募資格②にある教材を、2013年6月1日~2014年5月31日の間に、1クラス分(30冊)以上ご採用いただいた中学校および高等学校に送付

※応募資格は全てを満たしていることが必要です

使用言語
英語
応募作品
150~200words のエッセイ
(中学生は100~150words)

※自作のもので、未作品のものに限る
※コンマ、ピリオドは語数に含めない
応募期間
2014年7月24日(木)10:00
~9月15日(月・祝)23:59
応募部門
高校1年生部門/高校2年生部門
高校3年生部門/中学生部門
応募方法
応募期間内に本サイト上の「応募フォーム」から応募作品を送付
版権
応募作品の版権は、主催者である株式会社アルクに帰属します
  • 応募の受け付けは、先着2,000名で締め切りといたします。ご了承ください。
  • 規定文字数に満たない作品および超過している作品は添削いたしません。ご注意ください。

審査方法

審査
エッセーを客観的基準に基づき総合的に採点・評価します。
審査基準
審査基準応募作品を、AA(100~90点)、A(89~70点)、B(69点~50点)、C(49点以下)に振り分けます。その段階では、書かれている内容の着眼点、論理構成、修辞を総合的に判断します。さらに、AAの中から各学年10名までに絞り込むために技能点(英語のエラー)などを考慮して優秀作品を決定します。
添削担当
入部なつき先生(向上高等学校 教諭)
加藤仁恵先生(足立学園中学校・高等学校 常勤講師)
佐藤仁志先生(駒場東邦中学校・高等学校 教諭)
髙木俊輔先生(鎌倉学園中学校・高等学校 教諭)
西山哲郎先生(東大寺学園中・高等学校 教諭)
橋本 恭先生(中央大学附属横浜中学校・高等学校 教諭)
株式会社アルク 「E-1グランプリ2014」事務局
※お名前は50音順
表彰
①高校1年生部門 上位6名まで
②高校2年生部門 上位6名まで
③高校3年生部門 上位6名まで
④中学生部門   上位6名まで
を優秀作として『E-1グランプリ2014 入賞作品集』に掲載。賞品を授与します。
賞品
※賞品は確定次第、本サイトにてお知らせいたします
添削担当
規定文字数に満たないまたは超過した作品は審査および添削の対象外となります。

昨年の「ユメタン甲子園」で応募者に返却した添削結果シート
▲昨年の「E-1グランプリ2013」で応募者に返却した添削結果シート

「E-1 グランプリ 2013」最優秀賞作品

昨年夏に開催した「E-1グランプリ2013」のテーマは、「私の好きな日本」。さまざまな視点から日本という国について考え、その良さを自分の言葉で表現していただきました。ここでは、全応募作品1,198点の中から、各部門で栄えある第一位、最優秀賞に輝いた作品を紹介します。

高校1年生部門 学習院女子高等科 豊田理恵さん

Kyushoku

My favorite time at elementary school was lunch time. I really enjoyed eating kyusyoku, school lunch, every day. The best thing about kyushoku is that you enjoy the same food with many friends. The more people you eat together with, the more delicious and fun the meal becomes.
The history of school lunch goes back to 1889. It has been evolving, getting healthier and better-balanced. Many children can conquer their dislikes. They can learn good manners as well.
In the US, where I had an experience of going to school, there was a school cafeteria where we could order lunch.  I used to look forward to every Friday, “Pizza day”. The pizza tasted good, but it was definitely not healthy to eat often. A typical American school lunch had less vegetables and a lot of fast foods. I sometimes missed Japanese kyushoku.
Three years after leaving elementary school, I still remember the delicious meal like saikyou-yaki, giant fried dumpling, and so on. I thank those people who made our warm delicious meal waking up very early. School lunch is what I like best about Japan. It is one of the best things the Japanese can be proud of.

最優秀賞に選ばれて、本当にうれしいです。「私の好きな日本」というテーマを見てまず思い浮かんだのは、「給食」でした。小学生時代を思い出して書いたエッセーで、このような素晴らしい賞を受賞できたことをうれしく思うとともに、これまでご指導くださった先生と、温かい給食を作ってくださった方々にあらためて感謝しております。食の観点からも日本の宝として給食が受け継がれていってほしいです。

高校2年生部門 姫路市立飾磨高等学校 坂尻明歌音さん

No.1 Welfare State

I like the warm relationship of people in Japan. My grandmother has physical disability and is helped by her neighbors and friends. They care about her, come to see her, and talk to her. I live with her and thank them for their warm support every day.
Not only my grandmother but also many other elderly people are troubled by various diseases, including dementia. Furthermore, Japan is becoming an aging society and more and more elderly people need help from others. With this change of the society, the nursing-care insurance system has been improved in Japan. For example, there are more services for dementia like group homes and the idea of prevention of care is spreading. Thanks to this improved system, elderly people in Japan can live without worries.
I think Japan will be better welfare state if both warm relationship of people in neighborhood and this superior nursing-care insurance system work well together. I think it is not just a dream that Japan will become the world’s best welfare state.

坂尻明歌音さん

最優秀賞の受賞を聞いた時、驚きとともに大きな喜びを感じました。私は健康福祉コースで福祉について学んでいます。日本の福祉の温かさと素晴らしさを多くの人に知ってもらいたいと思い、このエッセーを書きました。実は私は英語が苦手だったのですが、今回の受賞で自信が持つことができました。これからもいろいろなことに挑戦をし続けたいと思っています。

高校3年生部門 川越東高等学校 深谷啓介さん

My favorite Japan

When it comes to Japan, I want to talk about Japanese traditional architectures and foods. First, there are a lot of Japanese traditional architectures in Japan. For example, Kyoto has many shrines and temples. Those architectures were built by experienced carpenters. So their shapes are wonderful. When I see them, they remind me of Japanese long history and Japanese culture. Sometimes foreigners are also impressed by them.
What I want them to see is Kinkakuji Temple. Seen in winter, especially snowy days, the temple is very beautiful and spectacular.
Second, Japanese foods are very delicious and they have a long history like Japanese traditional architectures. For instance sushi and tempura have been eaten and loved by not only Japanese but also foreigners for a long time. Actually, there are a lot of Japanese foods shops around the world.
Today, Japanese culture influences other countries. So I wish it continues to do so with influenced by other countries.

深谷啓介さん

日本人だけでなく、外国の人々にも広く受け入れられている日本の伝統建築や食文化が印象深かったので、エッセーとして書くことに決めました。内容が伝わるよう、文法や文構成に気を配るのに苦労しましたが、最優秀賞をいただけて大変うれしいです。今後は今までに学習したことをより実用的に使うことができるように努力していきたいです。

中学生部門 日出中学校 金戸 華さん

I love Japan

If you ask me what&rsqursquo;s good about Japan, I’d never hesitate to say Japan is safer than anywhere else in the world.
I’m a high diver and I’ve often been overseas for the competitions and practicing. Every time I’m abroad, I always think of Japan as the safest country of all.
For example, when I was traveling Southeast Asia, I’ve experienced a lot of different things. I had a severe stomachache. My cell phone was stolen. Unlike Japan, the water was not good enough to drink.
To be honest, I think some Japanese are a little bit too sensitive about sanitation. But still, it always makes me feel lucky to have clean water. You can also enjoy four beautiful seasons here. Shop clerks are friendly and nice, and they’re always willing to help you. I’m happy that I am Japanese. That’s why I love Japan.

金戸 華さん

最優秀賞をいただきまして本当に感謝しています。私は飛込競技の選手なので、海外遠征の経験を基に、エッセーを書きました。私の夢は五輪(オリンピック)で優勝することです。今後は遠征も増えて英語を使う機会も多くなります。外国の選手や、海外でも自分を応援してくれている方々と交流するためにも、さらに英語力を高め、夢をかなえたいです。

※学年は全て、受賞当時のものです
※英文は全て、掲載上必要な修正(改行など)のみとし、原文のままで掲載しています

個人情報の取り扱いについて

ご提出いただいた個人情報は、「E-1グランプリ2014」の運営および入賞者の通知や、小冊子への掲載のみに使用し、それ以外の目的では使用しません。
優秀作品は、小冊子および本「E-1グランプリ2014」公式サイトにて発表いたします。また、今後弊社で制作する各種書籍に、エッセーの全部もしくは一部を利用いたします。

お問い合わせ

株式会社アルク 「E-1グランプリ2014」事務局
koukou@alc.co.jp
件名を「E-1グランプリ2014について」として、
①学校名 ②氏名 ③お問い合わせ内容
を明記してメールでお問い合わせください。

ページトップへ