執筆 いしもとあやこ

日本の流行語(11):武勇伝  5/10 Up

オリエンタルラジオ

左が中田、右が藤森。オリエンタルラジオはそれぞれ1人づつ独立したブログを持っている。「武勇伝」のネタは運動量が多く、藤森はパフォーマンス中に両肩が脱臼したことがあるという。

Trendy Japanese #11:
Buyuden (pronounced as "boo-you-den")

* 2006/2/22 配信 ALC Newsletter No.30(ALC International Marketing 発行)より

* クリックできる語句には、語注がついています

"Buyuden" originally meant "heroic episode" or "saga". We hear the word more often these days, but that doesn't mean we are back in the samurai era and bragging about each other's heroic episodes every day!

The word "buyuden" became popular in 2005, after Oriental Radio, a comedy duo of two guys Atsuhiko Nakata and Shingo Fujimori, began to use it in their comedy performance. What's unique about them is that their performances are more like hip-hop songs! In their "songs", Atsuhiko tells a short "buyuden" story. Shingo follows and tells him it's not "buyuden" but rather a stupid story. Let's take a look:

Buyuden, buyuden
Buyuden den de-den den! (Let's go!)
(Atsuhiko) I walk five hours home to save the train fare
(Shingo) You'd better work for five hours instead!
Buyuden, buyuden
Buyuden den de-den den!

...Does that give you an idea? Anyway, Atsuhiko and Shingo began performing together as Oriental Radio in 2004, and suddenly became stars the year after. Their raps are so rhythmical and easy to remember, plus they both look cute and fashionable. In an entertainment magazine issued early this year, Oriental Radio were ranked as "the most promising comedians of the year".

However, some people think that Oriental Radio might disappear from TV's soon. Because "buyuden" has become so popular, it now gives an impression that it's the only thing they can do. In fact, all their "buyuden" songs use the same melody, rhythm and phrase (buyuden), so people might get tired of it soon. Will Oriental Radio be able to come up with some new comedy and show their talent? The word "buyuden" is trendy now, but if it becomes over-exposed, people will soon find out if Oriental Radio are bona fide comedians.

But before that happens, try to use the word "buyuden" when you're with Japanese friends! You can just tell them your "heroic" episodes in English (e.g. having five girlfriends/boyfriends at the same time, riding a 40-year-old car, etc.), and then say, "That's my buyuden. Tell me your buyuden in English!"



日本語訳

日本の流行語(11):武勇伝("boo-you-den"のように発音)

「武勇伝」は、もともと、"heroic episode(英雄的なエピソード)"あるいは"saga(英雄伝)"という意味でした。最近、この言葉を頻繁に耳にしますが、だからといって、私たちがサムライの時代に逆戻りし、毎日、それぞれの武勇伝を自慢し合っているわけはありません!

「武勇伝」という言葉が広まったのは、2005年、中田敦彦と藤森慎吾という2人の男性によるお笑いコンビであるオリエンタルラジオが、彼らのお笑いのパフォーマンス中で使うようになってからのことです。ユニークなことに、彼らのパフォーマンスは、どちらかというとヒップホップの曲のようなのです! その「歌」の中で、敦彦が短い「武勇伝」の話を披露します。慎吾が後に続き、それは「武勇伝」ではなく、むしろバカな話であると彼に言います。見てみましょう:

武勇伝、武勇伝
武勇伝、でん、ででん、でん!(レッツゴー!)
(敦彦)5時間歩いて電車賃うかす
(慎吾)その分バイトをした方がいい
武勇伝、武勇伝
武勇伝、でん、ででん、でん

……感じがつかめるでしょうか? とにかく、敦彦と慎吾は、2004年、オリエンタルラジオとして一緒に活動を始め、1年後に突然スターになりました。彼らのラップはとてもリズミカルで覚えやすいうえ、彼らはどちらも、かっこよくてファッショナブルなのです。今年初めに発行されたエンターテインメント雑誌の中で、オリエンタルラジオは、「今年もっとも有望なお笑い芸人」に選ばれました。

しかし、オリエンタルラジオは、すぐにテレビから消えてしまうかもしれないと考える人もいます。というのも、「武勇伝」があまりに有名になってしまったため、今では、彼らにはそれしかできないという印象を与えてしまうからです。実際、「武勇伝」の歌にはすべて同じメロディとリズム、フレーズ(武勇伝)が使われているため、人々はすぐに飽きてしまうかもしれません。オリエンタルラジオは、何か新しいお笑いを考えて、彼らの才能を示すことができるでしょうか? 今は「武勇伝」という言葉が流行していますが、これが露出されすぎた場合、人々は、オリエンタルラジオが本物のお笑い芸人かどうかをすぐに見きわめるでしょう。

しかし、その前(「武勇伝」という言葉がすたれる前)に、日本人の友人の前で「武勇伝」という言葉を使ってみましょう! ただ彼らに「英雄的な」エピソード(例:5人の彼女/彼氏と同時に付き合う、40年ものの車に乗っている、など)を英語で伝えた後、こう言うだけでいいのです。「これが私の武勇伝です。あなたの武勇伝を、英語で教えてください!」


参考

オリエンタルラジオのブログ
第29回へ    |   第31回へ


英語で話そう! 日本の「今」 トップへ