執筆 いしもとあやこ

日本の流行語(12):イナバウアー  6/21 Up

荒川静香選手のイナバウワー

荒川選手のイナバウワーは、自分でどこまで反れるか試しているうちにエスカレートし、大きく反るようになったという。(画像提供:ロイター通信社)

Trendy Japanese #12:
Ina Bauer (a figure skating technique)

* 2006/4/5 配信 ALC Newsletter No.33(ALC International Marketing 発行)より

* クリックできる語句には、語注がついています

It's already been more than a month since the 2006 Winter Olympic Games ended. But the phrase Ina Bauer, which is a figure skating technique, has remained in the minds of many Japanese.

Ina Bauer is the name of the movement where the skater skates sideways on both feet, with the toes turned out to the sides and heels facing each other. The movement was invented by German skater Ina Bauer, one of the world's top figure skaters of 1950's. Not many Japanese paid attention to this technique until Shizuka Arakawa, one of Japan's top female figure skaters, won the gold medal at the 2006 Winter Olympics.

Arakawa's Ina Bauer is special in that she performs it with her back fully bent backwards. It's more than enough to show her elegance and flexible body movements, and many Japanese fans were attracted to the technique soon after they saw it on TV. Ina Bauer itself is not given a technical score any more --- since the new judging rules were introduced in 2005 --- but people still believe Ina Bauer led Arakawa to the podium.

After Arakawa's victory, there's been a kind of "figure skating boom" going on in Japan. Skating rinks are filled with people, and many of them are trying to imitate Arakawa's Ina Bauer by bending backwards over the ice. Unhappily, most of them end up flat on their backs, but if you do it on the ground, it shouldn't be that difficult. Just stand up with your legs wide open, toes pointing out in opposite directions, and bend backwards. Your Japanese friends will soon notice it's an Ina Bauer! Try not to swing your arms, because then they'll think you're doing the Matrix. If that happens, tell them it's an "Ina Bauer" --- with the Japanese pronunciation, "ee-nah-bow-woo-ah"!



日本語訳

日本の流行語(12):イナバウアー(フィギュアスケートの技)

2006冬季五輪が幕を閉じてから、すでに1か月以上がたちました。しかし、フィギュアスケートの技であるイナバウアーというフレーズは、多くの日本人の心の中に残っています。

イナバウアーとは、スケート選手が両足を使い、両方のつま先を外側に向けて、かかとが互いに向き合うようにしながら、横向きに滑る動作の名前です。この動作は、1950年代、世界のトップスケーターの一人だったドイツ人スケート選手のイナ・バウアーによって編み出されました。日本の女子スケート界のトップ選手の一人である荒川静香が、2006冬季五輪で金メダルを獲得するまで、この技に注目していた日本人はそう多くありませんでした。

荒川のイナバウアーが特別なのは、彼女が背中をいっぱいにのけ反らせてこれを演じるためです。彼女の優雅さや柔軟な体の動きを示すには十分すぎるほどであり、日本人のファンの多くは、これをテレビで見るなり、この技に引かれました。イナバウアーそのものには、もう技術点は与えられません──2005年に新しい採点ルールが導入されてからのことですが──しかし、人々はそれでも、イナバウアーが荒川を表彰台に導いたのだと信じています。

荒川の優勝以来、日本ではある種の「フィギュアスケートブーム」が起こっています。スケートリンクは人で埋め尽くされ、その多くは、背中を反らせて荒川のイナバウアーをまねようとしています。残念ながら、彼らのほとんどは背中から倒れる結果となってしまいますが、地面の上でやれば、そう難しくはないはずです。ただ両脚を広げて立ち、つま先が反対方向を向くようにして、のけ反ればいいのです。あなたの日本人の友達は、すぐにイナバウアーだと気づくでしょう! 腕は振らないようにしてくださいね、というのも、それではマトリックス(のまね)をしていると思われてしまいますから。もしそうなってしまったら、彼らにこれは「イナバウアー」であると伝えましょう──"ee-nah-bow-woo-ah"という日本語の発音で、ね!


参考

荒川静香 - Wikipedia
第32回へ    |   第34回へ


英語で話そう! 日本の「今」 トップへ