執筆 いしもとあやこ

日本の話題(27):相撲をめぐる不祥事:問われる「伝統」  12/26 Up

Topics in Japan #27:
Scandals around sumo: "Traditions" being questioned

* 2007/10/3 配信 ALC Newsletter No.69(ALC International Marketing 発行)より

* クリックできる語句には、語注がついています

A wave of scandals is now shaking the world of sumo wrestling, the national sport of Japan. In June, it was reported that a 17-year-old wrestler died of heart failure. But it turned out in September that senior wrestlers had repeatedly abused him, sometimes using metal baseball bats. What was worse, the stablemaster not only neglected such assaults, but also beat the wrestler himself.

The case is still under investigation, but there is a high possibility that their assaults lead to the wrestler's death. The media has been covering the case almost every day, filling the public with rage. In the sumo world, it is common that sumo wrestlers have to train themselves very hard in order to be stronger, both physically and mentally. However, if "hard training" means "abusing someone until death," the foundations of sumo will be severely questioned.

Meanwhile, there had already been a series of sumo-related headlines earlier this year. Yokozuna (the highest rank of sumo) wrestler Asashoryu had been criticized for cheating, suspicion of bout-fixing, and also some violent acts outside the ring. Furthermore, in August, Asashoryu cancelled an official sumo tour, because of injury, but secretly went back to his home country Mongolia during the tour, and was filmed playing soccer. After this series of scandals, Asashoryu began to show symptoms of depression. Now he is back in Mongolia for treatment.

Of course, the death of a wrestler and Asashoryu's unfavorable behavior are totally different matters. However, they might be both showing that there are some strains beginning to appear in the sumo world, which has always honored its traditions and tried to preserve them. The irony is that sumo, which had been losing its popularity, is now getting more attention than ever before.



日本語訳

日本の話題(27):相撲をめぐる不祥事:問われる「伝統」

日本の国技である相撲の世界は、今、相次ぐ不祥事に揺れています。6月には、17歳の力士が心不全で死亡したと報じられました。しかし、実は、先輩力士たちが彼に対して暴行を加え続けており、時には金属バットが使用されることもあったということが、9月に判明しました。さらに悪いことには、親方がこうした暴行に目をつぶっていただけでなく、彼自身も力士に暴力をふるっていたというのです。

この事件はいまだ捜査中ですが、彼らによる暴行が力士の死につながった可能性は高いと考えられています。マスコミはこの事件を毎日のように報道しており、国民は憤りを感じています。相撲界では、力士はより強くなるために、肉体的にも精神的にも厳しく鍛えなければならないことが常識となっています。しかし、「厳しく鍛える」というのが「死に至るまで暴行を加える」ことを意味するのであれば、相撲のあり方が厳しく問われることになります。

一方、今年初めから、相撲関連の一連のニュースはすでに報じられていました。横綱(相撲の最高位)の力士である朝青龍は、不正行為や八百長疑惑、そして、土俵外での複数の暴力行為によって批判されていました。さらに、8月には、朝青龍は公式の相撲巡業をケガのためにキャンセルしたにもかかわらず、巡業期間中に秘密裏に祖国モンゴルに帰国し、サッカーをしているところが撮影されました。こうした一連のスキャンダルの後、朝青龍はうつの症状を表すようになりました。彼は今、治療のためモンゴルに帰国しています。

もちろん、力士の死亡と朝青龍の不適切な行為は、まったく別の問題です。しかし、もしかしたらこれらの事件は、常に伝統を重んじ、それを守ろうとしてきた相撲界に、いくつかのほころびが見え始めていることを示すものなのかもしれません。皮肉なことに、ここのところ人気が落ちていた相撲は、今、(これらの件で)かつてないほどの注目を浴びています。


第68回へ    |   第70回へ


英語で話そう! 日本の「今」 トップへ