2015.01.05 Mon

「バイリンガルニュース」Mami が選ぶ2014年トップ・バイリンガルニュース

はてなブックマークに追加

「バイリンガルニュース」Mami が選ぶ2014年トップ・バイリンガルニュース

2015年最初のゲストは、本コーナー2度目のご登場、「バイリンガルニュース」MCのMami(マミ)さんです。

バイリンガルニュース」は、iTunesの無料ポッドキャスト。Mamiさんが 友人のMichael(マイケル)さんと共に英語と日本語を交互に使う「バイリンガル会話形式」でニュースを紹介し、意見を語り合うという番組です。以前番組がウケる理由をご紹介しましたが、2年目の2014年も、Podcast総合ランキングで1位を獲得。再生数も人気も拡大を続けています。

2014年 Mami的トップニュース
さて今回は、2014年に番組で紹介されたニュースの中で、印象に残っている話題について語っていただきました。政治・経済、科学技術や医療、さらに驚きの新商品や性に関する話題など、昨年も世界中のさまざまなニュースが挙げられていますが……。

いちばん印象に残っているのは山中伸弥教授のiPS細胞です! すごく夢がある。世界でも大きく報じられ、画期的な研究結果として今後にも期待されています。

あとはやっぱりISISのイラクシリア侵攻でしょうか。英語のメディアでは連日報道され、大きな話題になっています。現状を伝えるために多数のドキュメンタリーも制作されているのですが、日本語のメディアではほとんど取り上げられないので、情報量に驚くほど差があります

確かに日本では、あまり報道されていませんね。

「日本語で提供されている情報」はほんの、ほんの一握りです。日本では、世界の報道にしろ、論文にしろ、議論にしろ、誰かが日本語に訳さない限り、存在しないと同じ状態です。

英語が共通言語のネット社会の中で、日本の情報はガラパゴス化しているのかもしれません。

だから番組では、重要なのに日本で知られていない話をタイムリーに選ぶようにしていますし、今年もこの姿勢は変わらないと思います。

Mamiの新たな挑戦
こうして番組への変わらぬ姿勢を保っている一方で、毎年「変化を恐れないこと」を目標にしているとMamiさんは言います。

番組の各エピソードを文字起こししたアプリは好評で、iPhone版に続き、アンドロイド版を開発。英語学習オススメアプリとして、数々のメディアで紹介されました。

さらに2014年は、私個人としてもさまざまな挑戦をした年になりました。春にはWEBマガジンでコラムの連載を開始(「バイリンガルニュースMamiの文字おしゃべり」)、そして、12月末には自身初の電子書籍を刊行しました。

――次回は、Mamiさんが新たに挑んだ“文字でのおしゃべり”について、お話を伺います。

 

『バイリンガルニュースMamiの文字おしゃべり』(幻冬舎刊)『バイリンガルニュースMamiの文字おしゃべり』(幻冬舎刊) Webマガジン「幻冬舎plus」の連載エッセイを電子書籍化。
『バイリンガルニュースMamiの文字おしゃべり』(幻冬舎刊)

英語習得や恋愛、仕事など、さまざまなテーマでMamiさんを質問攻めにしたコラムや、撮り下ろしスナップ写真など、電子書籍だけのコンテンツも盛りだくさん。「その時その時に自分の心をつかまれた事柄を文章にしました。電子書籍用に書き下ろした部分もありますので、ぜひ!」(Mamiさん)

Text: Kako

はてなブックマークに追加