2016.06.01 Wed

リゾート地・セブで子どもといっしょに「ママ留学」

はてなブックマークに追加

株式会社留学情報館が、ママ向けの留学プログラムをスタート。

「ママ留学」は、ベビーシッターに子どもを預け、ママ自身は英語の勉強や自分のために時間を使える、というプログラムです。留学先はフィリピンのリゾート地、セブ島。「ITパーク」と呼ばれる、セブで最も経済的に発展した治安も良い地域だそうです。

人気のリゾート地でストレスフリーな「英語漬け」生活

「ママ留学」の狙いは、英語を学べるだけでなく、育児の負担を軽減することでママを笑顔にすること。子どもの世話をベビーシッターにまかせ、ママは1日4時間程度のマンツーマンレッスンで英語を勉強します。

留学先はフィリピンのセブ島。コンドミニアムのある「ITパーク」はセブで最も経済的に発展した、治安も良い地域。周辺にはショッピングセンターやマッサージ店、ネイル店などもあるので、勉強のあとはお買い物なども楽しめます。

ママ留学 1日の流れ(例)

  • 7:30 子どもと起床、朝食
  • 8:30 子どもとコンドミニアムについているプールサイドの遊具で遊ぶ
  • 9:00 ベビーシッターが来て、掃除などをしてくれる(床掃除、洗濯、洗い物)
  • 10:00 ママの身支度
  • 11:00 学校へ行き、食堂でランチ。子どもとベビーシッターはお家でお留守番(英語で本の読み聞かせなどして遊んでくれる)
  • 13:00~16:00 マンツーマンレッスン、グループレッスンを受ける
  • 16:00 帰宅して子どもと遊ぶ。マッサージやネイル、お買い物も
  • 18:00 ベビーシッターが帰宅

「ママ留学」プログラム概要

  • ・料金:4週間 42万円(1週間から利用可能)
  • ・サービス開始日:2016年5月15日
  • ・対象者:1~4歳の子どもと保護者
  • ・滞在先:Avida Tower(I.T. Park, Jose Maria del Mar St, Lungsod ng Cebu, 6000 Lalawigan ng Cebu)

出典:ママ留学.com(株式会社留学情報館)、同社プレスリリース(PR TIMES)

はてなブックマークに追加