政治・歴史

外国人にとっては、日本人の関心のなさも大問題

回答:河内千春(早稲田大学講師)、千駄ヶ谷日本語教育研究所

Q.  どうして休みの日に選挙をするのですか。(国籍不明)
A.  「選挙は休みの日」という決まりはありません。「議会の任期が終わってから何日以内にしなければならない」という決まりなので、平日にしても大丈夫ですが、みんなが投票に行きやすいように休日になっているのではないでしょうか。
Q.  外国人に選挙権がないのはどうしてですか。(韓国ほか)
A.  日本には「国民主権(国民が国のことについて決める)」という決まりがあります。選挙は国のことについて決める基本となることなので、参加の条件は日本の国民である(日本の国籍を持っている)ことなのです。しかし、日本に長く住んでいる外国人にも、同じような権利を持たせるべきだという考え方もあります。
Q.  県の政治について国が何も言えない、別々だというのは、どういうことですか。(韓国)
A.  各都道府県にはそれぞれの地域の特色や文化があり、国の政治の考え方や決まりを定めている日本国憲法を守った上で独自性があるのは当然のことです。それは日本に限られたことではありません。アメリカやオーストラリアの各州にもそれぞれ独自性があり、イギリスではスコットランド地方には独自の通貨があったりします。一つの国という大きな視野が大切なのはもちろんですが、それぞれの地域性を尊重するのも大切なことだといえるでしょう。
Q.  どうして日本は歴史を歪曲(わいきょく)して教えるのですか。(韓国ほか)
A.  「歴史」は、現実を目で見た事柄そのものではなく、過去の事柄について書かれた本や、誰かの話を通して伝えられたものです。その「誰か」がどんな立場で解釈したかにより、「歴史」の内容は異なります。一人ひとりが学校で習った「歴史」について自分で調べ、考え、客観的にとらえる力を身に付けることが大切です。
Q.  どうして日本人は鯨を食べるのですか。(イタリア)
A.  日本に仏教が入ってきたとき、動物の肉を食べることが禁止されたので、日本では魚を食べる文化が発展しました。魚の仲間と考えられていた鯨は、貴重な動物タンパク源だったので、江戸時代には庶民の食べ物として普及しました。第二次世界大戦後の食糧難も、日本は鯨肉によって救われました。最近は、鯨を食べる機会は少なくなりましたが、このように、日本人にとって鯨は生活や文化に根付いたものだったのです。
Q.  議会の解散時にはどうして万歳をしますか。(国籍不明)
A.  今は、総理大臣が衆議院を解散させますが、昔は天皇が解散の権利を持っていました。天皇から解散の命令が出された時、天皇に対して万歳を言っていた習慣が今も残っているからだという話があります。しかし、今では議員が選挙で頑張るために、自分たちを勢い付ける掛け声として行われているようです。
Q.  自衛隊には誰が行きますか。(国籍不明)
A.  「自衛隊に行かなければならない」という決まりはありません。自衛隊にはいろいろな職種があって、それぞれの条件を満たしていれば採用試験を受けられます。海外で災害があったとき手伝う活動に参加したいから、訓練で心身が鍛えられるから、いろいろな資格が取れるからなど、自衛隊を希望する理由もさまざまです。
Q.  国は金持ちなのに、個人には金持ちが多くない理由は何ですか。(韓国)
A.  金持ちの基準としては、一定の期間の収入で判断する場合(所得)と、資産で判断する場合があります。所得は、日本は国としては世界第3位で、国民一人あたりでは第15位です(2010年現在)。しかし、物価や家賃が高いため、豊かさが実感できないかもしれません。また、個人の資産については、所得税も相続税も額が多くなるに従い税率が高くなるので、なかなか増えません。これが、個人の金持ちが多くない理由です。
Q.  どうして首相(内閣総理大臣)を国民が選ばないのですか。(韓国)
A.  首相の正式名称は内閣総理大臣と言い、内閣の首長です。内閣総理大臣は国会議員の中から国会の議決によって指名されます。日本の政治は、権力を一箇所に集中させないために三権分立制になっていて、立法権は国会、行政権は内閣、司法権は裁判所がそれぞれ受け持ちます。内閣の長である内閣総理大臣は国会が指名、裁判所の長である最高裁判所長官は内閣が指名、国会を構成する国会議員は国民(有権者)が直接投票によって選びます。つまり、国民が選んだ国会議員が内閣総理大臣を選ぶことになります。
Q.  どうして日本の政治家はみんな年寄りですか。(韓国)
A.  政治の世界では、若いエネルギーが必要とされる場面もたくさんあります。しかし、政治家は、国民の代表としていろいろなことを決断しなければなりません。そのためには、長い人生の経験や、そうした経験をしてできあがった人間性が大切だと考えられています。最近、よく世代交代という言葉が聞かれます。これからはもっと若い人が政治の世界で活躍した方がいいという意見もありますが、政治家としては、ある程度年を取った人が信用される傾向があります。
Q.  日本はアジアよりアメリカとの関係を重視するのはどうしてですか。(韓国)
A.  第2次世界大戦でアメリカに負けた日本は、アメリカに占領され、その時に作られた日本国憲法によって日本は軍隊を持たないことになりました。また、日米安全保障条約が結ばれ、アメリカの軍隊が日本に駐留して日本の平和を守ってくれています。だから日本はアメリカと仲良くしなければいけないのです。アメリカを無視してアジアの国々と仲良くすることはできないのです。
Q.  どうして日本の国会中継では怒鳴り合う場合が多いのですか。(国籍不明)
A.  いつも怒鳴り合っているというわけではありませんが、静かに話し合うよりも声の大きさだけで自分の意見を通そうとする時には怒鳴り合いになることもあります。怒鳴りあう場面はインパクトがあるので、そこだけが何度もテレビのニュースやワイドショーなどで放送されて、いつも怒鳴り合っているような印象を与えてしまうということもあるかもしれません。
Q.  どうして各地域で選挙の時期が違うのですか。(韓国)
A.  衆議院・参議院の国会議員の選挙は全国同じですが、都道府県の知事・市町村の長・それぞれの議会の議員など、地方選挙の時期は違います。初めはどの地域も同じで、4年に1度、春に行なわれることになっていたのですが、途中で辞める人がいたり議会の解散などがあったりして、選挙の時期が地域によって変わってきたのです。
Q.  どうして選挙に出るわけではないのに、車の中で手を振っている人がいるのですか。(モンゴル)
A.  選挙に出たい人は、顔と名前を多くの人に覚えてもらいたいので、選挙のない時でも手を振っています。選挙が始まると、選挙に出る人(候補者)だけでなく支持者全員が一緒に選挙を戦うので、みんな車の中から手を振ったり握手したりお辞儀をしたりして候補者を応援するのです。また、当選後に選挙違反が見つかった時、支持者の違反でも当選が取り消されることがあります。

外国人の大疑問トップへ


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録

JSST

アルクオンライン日本語スクール

アルク日本語教育公式Facebookページ