Presented byNAFL日本語教師養成プログラム
伊藤健人(関東学院大学准教授)


問題1対策(62)
 
問題 【 】内に示した観点から見て、他と性質の異なるものを、次の1~5の中から一つ選べ。
【日本語の特徴】
1.  擬音語・擬態語が豊富である。 判定
2.  述語による人称制約を持たない。
3.  SOVタイプで、主要部後行型の言語である。  
4.  アスペクトにかかわる形式を豊富に持っている。 正解
5.  「過去/現在/未来」のそれぞれのテンスに対応した形式を持たない。





<<< 前の問題へ 次の問題へ >>>

日本語教育能力検定試験 試験I対策トップへ


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録

JSST

アルクオンライン日本語スクール

アルク日本語教育公式Facebookページ