HOME > 日本語・日本語教師 > 新米日本語教師 授業の作り方Q&A > 12. 漢字の読みだけを学習したい

Q

漢字の読みだけを学習したい人がいます。
どうすればいいですか。

「漢字はどうしても書けるようにならなければだめですか。先生には書けるようになったほうがいいと言われていますが、わたしは読めるだけでいいんです」と、非漢字圏学習者が聞いてきたことがあります。

教える側からすれば、漢字を勉強するのだから、きちんと書けたほうがいいだろうという親切心で勧めているのだと思いますが、この学習者の場合、書くことは望んでいないようです。


漢字学習のニーズは、学習者によって異なります。書けなくてもいいけれど、日常生活でよく目にする漢字の意味はわかって読めるようになりたい人、仕事の報告書を手書きで書くなど、読むだけでなくしっかり書けるようになりたい人などです。


漢字を読んで書くのは、日本人にとっても決して楽な作業ではありません。現実に、読めるけれど書けない漢字は意外とあるものです。先の学習者のような場合は、読むことを中心に学習していきましょう。書く必要がない人に、書けるようになることまでは求めないほうが賢明です。


目の前の学習者にはどのような漢字が必要なのか、読めるだけでいいのか、書けたほうがいいのか、それぞれの必要度に合わせた漢字リストを作成してみるとよいでしょう。


どんなときにも学習者が漢字に興味を持って積極的に学んでいけるように、教師は手助けしていきましょう。


学習者のニーズに合わせて対応しましょう。





新米日本語教師 授業の作り方Q&A トップへ  



  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録

JSST

アルクオンライン日本語スクール

アルク日本語教育公式Facebookページ