Presented by 「日本語教師☆ナビ
執筆 岡田英夫


異文化間教育・多文化教育


「異文化間教育・多文化教育」に関する次の問1~3に答えよ。
※正解だと思う選択肢をチェックして判定ボタンを押してください。
【問1】 集団に対して抱く固定的な先入観や、過度に単純化された紋切り型のイメージなどに、意見や判断、またそれに伴う好き嫌いの感情が結び付いたものは?
a) 差別 判定
b) 自文化中心主義
c) ステレオタイプ
d) 偏見

【問2】異文化接触を上手に行うための社会的スキルのうち、「エポケー」は次のうちどれ?
a) 相手文化での役割行動を取る 判定
b) 異文化を取り込む
c) 判断を保留し先に進む
d) 文化的拘束に気付く

【問3】 カルチャーショックの経験は、その文化を理解するためのプロセスであるため、異文化に適応するためにはむしろ必要なものであるとしたのは?
a) アドラー 判定
b) ガルホーン
c) ジョハリ
d) リスガード
 
解説
<<< 前の問題へ 次の問題へ >>>


必修! 日本語教育能力検定試験「基礎項目」対策講座 トップへ  


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録

JSST

アルクオンライン日本語スクール

アルク日本語教育公式Facebookページ