Presented by 日本語教師☆ナビ
執筆 岡田英夫

異文化受容・適応


「異文化受容・適応」に関する次の問1~3に答えよ。
※正解だと思う選択肢をチェックして判定ボタンを押してください。
【問1】 カルチャーショックを乗り越えて異文化に適応していく過程を表すのは?
a) カルチャー・アシミレーター 判定
b) バーンガ
c) Uカーブ
d) Wカーブ

【問2】状況や文脈に依存しないで、はっきりと言葉に出し、言語メッセージそのものを重視する文化が、低コンテキスト文化。低コンテキスト文化に属するのは?
a) アラブ人 判定
b) ギリシャ人
c) スカンジナビア人
d) 日本人

【問3】 留学や仕事のために異文化の環境の中で暮らすときには、その異文化と折り合いをつけてうまくやっていく能力が必要となる、これを異文化間能力というが、そのうち、カルチュラルアウェアネスとは?
a) 自分のものの考え方や行動が自文化によって規定されていることに気付き、
異文化への関心を寄せる能力
判定
b) 異質なものに対して自己をどの程度調整して対処できるかという能力
c) 取り巻く状況に対処する一般的な能力
d) 相手への配慮や感情移入などの能力
 
解説
<<< 前の問題へ 次の問題へ >>>


必修! 日本語教育能力検定試験「基礎項目」対策講座 トップへ  


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録

JSST

アルクオンライン日本語スクール

アルク日本語教育公式Facebookページ