Presented by 「日本語教師☆ナビ
執筆 岡田英夫


日本語教育史


「日本語教育史」に関する次の問1~3に答えよ。
※正解だと思う選択肢をチェックして判定ボタンを押してください。
【問1】 日本語を学ぶ人々のために文法などを体系的に説いた『日本語大文典』の著者は?
a) シーボルト 判定
b) 伝兵衛
c) ヘボン
d) ロドリゲス

【問2】植民地時代の台湾での日本語教育で、目標言語である日本語を使って教える直接法を取り入れたのは?
a) 伊沢修二 判定
b) 大出正篤
c) 嘉納治五郎
d) 山口喜一郎

【問3】 国際的な文化交流を目的として1972年に設立され、日本語教育や日本研究の活動に対する援助を行っているのは?
a) 海外技術者研修協会 判定
b) 国際協力機構
c) 国際交流基金
d) 日本国際教育支援協会
 
解説
<<< 前の問題へ 次の問題へ >>>


必修! 日本語教育能力検定試験「基礎項目」対策講座 トップへ  


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録

JSST

アルクオンライン日本語スクール

アルク日本語教育公式Facebookページ