Let's go to thailand カウントダウン!

日タイ修好130周年 & NAFL30周年 記念企画

タイと日本をつなぐ
2016年12月20日更新

日本語を教えるタイ人教師にインタビュー

                    
画像

笑顔がすてきなゼア先生

ソーソートー(バンコクにある語学学校)の日本語クラスではタイ人教師と日本人教師の両方が揃い、タイ人教師は文法を中心に、日本人教師は応用や漢字を担当し、学習者の日本語学習をバランスよくサポートしています。 今年で教師歴5年のゼア先生は、もともと大学では国際経営を学んでいたのだそう。先生が日本語教師になったきっかけや、日本語の魅力について溝口リポーターが尋ねました。

はじまりは自分で作ったオリジナルの例文

―教師になろうと思ったきっかけを教えてください。
もともと言語が好きだったということもあり、大学で英語・中国語・日本語を学んでいました。ある時、同じ日本語の授業を受けていた後輩が病気で数日間学校を休んだので、後輩のために自分で作ったオリジナルの例文を使って日本語を教えたんです。それが私の人生で初めて日本語を教えた瞬間でした。
そのあとにライトノベルの翻訳のバイトをして日本語にたくさん触れたり、家庭教師として日本語を教えたりするうちに、どんどん日本語を教えたいという気持ちが高まり、日本語の教師になろうと決心しました。

日本語を好きになってほしい

―授業で心掛けていることはありますか?
私が日本語を好きなので、学習者にも好きになって欲しいと思っています。ですので、楽しんでもらえるような授業を心掛けています。

―日本語のブラッシュアップはどのように行っていますか?
小説や日本語の教科書など、毎日本を読んでいます。たまに学習者に、自分でも分からないようなことを聞かれる時もあるので、まだまだ勉強中です。一生、勉強ですね(笑)。

画像

ゼア先生の話を真剣に聞く溝口リポーター

日本人の教師と一緒に協力して日本語を教えたい

―ゼア先生が思う、語学を学ぶ面白さとは何でしょうか?
たとえば、街で耳にした日本語の歌があったとして、最初は歌詞の意味が分からなくても、日本語を学んでその意味が分かった時に、日本語が分かるって楽しいという気持ちになります。そういう時がやっぱり言語を学ぶ魅力だと思います。それから、日本語の響きはかわいいです。ですので、授業でも「日本人っぽく発音してみて」なんて言って(笑)。
あとは漢字も魅力的ですね。私は大学の時に中国語も学んでいたのですが、その時、漢字は絵から学びました。絵から学ぶと分かりやすいし、楽しいですよね。

―最後に日本語教師を目指す方へ、メッセージをお願いします。
本校に来て気づいたのは、タイ人の教師だけではなくて日本人の教師も必要なんだなということです。タイ人教師にはタイ人の日本語を学ぶ時の気持ちが分かるなどの点もありますが、ネイティブの教師は絶対に必要です。日本人ならではの言い回しを教えたりとか、日本の文化を伝えたりとか。ですので、日本人の先生と一緒に力を合わせて、日本語を教えていければなと思っています。

今後もずっと日本語教師として日本語を教えていきたいです! と笑顔で話してくれたゼア先生。日本語が好きな気持ちと、教えたいという情熱を持った、素敵な先生でした。

画像

ゼア先生と溝口リポーターで記念撮影

私が日本代表!海外リポーターです

写真溝口昌代さん
海外旅行が大好きで、時間とお金があればすぐに日本を飛び出してしまいます。旅行先で外国人と交流する機会もよくあるのですが、日本の文化や日本語について聞かれることも多く、もう少し上手に説明できて、日本のことをよく知ってもらえたらいいなと思っていました。そこで、今回リポーターに選んでいただいたことをきっかけに、アルクの通信講座「NAFL日本語教師養成プログラム」(日本語教師を目指す人のための教材)の受講を始めました。
今回の取材で初めてタイを訪れましたが、その熱気とパワーとタイの人々の優しさに魅せられました。日本代表として、バンコクの「今」をお届けします!

アイコンFacebook

アイコンTwitter

記事一覧

画像

NAFLで日本語教師になる!

日本語教師という仕事を知っていますか?
日本語を学ぶ外国人に日本語を教える仕事です。訪日外国人の増加や日本カルチャーの人気の高まりとともに、日本語を学ぶ人が増えており、世界中に日本語学習者が400万人以上いると言われています。そして、日本語学習者の急激な増加により、国内外で日本語教師が不足しています。
アルクでは、日本語教師を目指す方々のための通信講座を開講しています。「日本語教育の知識がゼロ」でも、基礎からしっかり学ぶことができます。
アルクの教材で日本語教師を目指してみませんか?

  • 日本語教育に関する知識がゼロでもOK!
  • 日本語教師に必要な基礎をしっかり学べる!
  • 日本語教師になるのに合格しておきたい試験の対策もできる!
画像

「NAFL
日本語教師養成プログラム」

受講料
101,520円(税込)

詳しくはこちら

タイ国政府観光庁

  • 写真
  • 写真
  • 写真

タイ各都市の最新情報、イベント情報、旅レポートなど、タイの情報が満載です!

もっと詳しく

ページトップへ