アルクのこども英語教室 入会のご案内  対象:2歳〜小学生

アルク Kiddy CAT英語教室は、“自分のことばで伝える力”を伸ばします。春の入会キャンペーン実施中!キャンペーン期間:2015年5月31日まで

先生の教室の特長や方針を教えてください。

私の教室では限られたレッスン時間を思いっきり楽しみ、新しい事を吸収する。

どんなに学校で忙しく疲れていてもレッスンに来たからには、その時間を楽しまなくては勿体ないと考えてレッスンをしています。子どもたちのやる気を引き出すのも私の役目ですが、 レッスンの妨げや悪ふざけが続く時にはしっかり私の考えを伝え、さらにお家の方にも説明をさせていただいております。一番大切なのは子どもの"学びたいと思う気持ち"です。その事を見失わないようにレッスンしています。

 

 

子どもたちを指導するうえで大切にしていること、気をつけていることは何でしょうか。

気をつけていることは、子どもたちの表情を見ながら指導するという事です。

子どもの顔色は楽しくレッスンが進んでいるかのバロメーターです。自信を持って私自身レッスンを行っていますが、 子どもたちが置いてきぼりにならないようにしなくてはと思っています。

どんなに私が「ほら〜楽しいでしょ?」と絶賛するゲームをしても、あらら、そうでもなさそうねという時があるのです。楽しそうな顔、悩んでいる顔、おどろきの顔や納得の顔、ゲームに勝利して満足している顔、 負けてしまって涙顔、いろいろな顔が見られるようなレッスン、そしてめりはりのあるレッスンをする事を心がけています。

 

 

教室の子どもたちにどんな力を付けてもらいたいとお考えですか?

英語力はもちろんですが、自分の意見や考えを伝える楽しさを身に付けてほしいと思っています。

積極的な性格のお子さまは「誰か見本になってくれるかな?」と聞かなくてもハイハーイと自然に手が挙がります。

高学年もハイハーイはなくても目を見れば一目瞭然、キラキラしています。シャイな子も心配性の子も みんな得意で好きなことがあります。その良い所を引き出して自信に繋げたいと思います。

きっとそれがきっかけとなってレッスンの時だけでなく、小学校での英語活動や他の授業でも良い成果が 表れてくることでしょう。

他人とのコミュニケーションを楽しむ力を身に付け、いつかは世界中に仲間を作って素敵な地球人になってほしいと思います。

 

 

子どもたちの成長を感じた、"とっておき"のできごとがありましたら、教えてください。

入会した頃は、親御さんに「元気にあいさつするのよ!頑張ってね!」と送り出されていた子どもたち。

ぎこちなく“ Hello〜! ” と精一杯の笑顔であいさつをしてくれていました。

3ヶ月が過ぎた今では、ドアベルが鳴り私が “ It's open! ” と答えると“ Hello Chika〜 ” “ Hi, ○○! How are you? ”  “ Fine, thank you! ” と自然な流れでレッスンが始まります。

この流れが初めて出来た日は「本当に子どもはすごい!」ととても感動した事を覚えています。この事が私の"とっておき"です。

ピンポンが鳴るといつもこの時のとっておきの気持ちを思い出します。

 

アルク Kiddy CAT英語教室
片岡教室

永田 智香子先生 (神奈川県平塚市)

教室を見てきました

 

 

お近くの教室を探す 資料請求・教室ご紹介 インタビュートップへ

ページトップへ