執筆:安江こずゑ(やすえ・こずえ)

Rock, Paper, Scissors, Action!

からだでじゃんけん!

グー、チョキ、パーをからだで表現するじゃんけんです。静かな活動のあとにおこなうことで、レッスンにメリハリをつけることもできます。

 

 

遊び方
全員で動作をしながら"Rock, Paper, Scissors."と言い(Rock:両手のこぶしを胸にあてる/Paper:両腕を左右に広げる/Scissors:両腕をななめ上にあげる)、次に両腕を背中にまわして"One, two, three!"。threeのところで好きなポーズをします。先生に勝った子は"I won!"と言い次の勝負へ、負けたら"I lost!"と言って座ります。
 
 
留意点
RockよりもStoneがかんたん!
Rock, Paper, ScissorsはStone, Scissors, Paperとしてもいいでしょう。Rockの「R」の発音は小さい子にはむずかしいですし、後者の順番は日本語と同じですから、子どもが自然に動作できる利点があります。




1,2の3分 かんたんアクディビティ トップへ  


  • アルコムワールドで日記を書く

アルク児童英語教師養成コース資料請求プレゼント(10/31まで)!


アルクの子ども英語先生募集中!


はじめての英語応援キャンペーン実施中(11/12まで)!


オンライン英会話

メルマガ登録