HOME > リスニング > ヒアリング道場 > ヒアリング道場 Lesson 12: カタカナ英語

ヒアリング道場

Lesson 12: カタカナ英語


今回は、発音が日本語化した英語、いわゆる「カタカナ英語」の練習をする。筆者はアメリカ人に日本語を教えていたことがあるが、例えば「チーム」や「バニラ」のようなカタカナを読ませると、発音はなんとかできてもその意味がまったく分からないということことがよくあった。意味がteam、vanillaだと説明すると、非常に驚いた様子だったことを覚えている。要するに、カタカナ英語は完全に日本語なのだ。

下の再生ボタンをクリックするとダイアログが流れてきます。音声をよく聞き、ポイントに注意してテキストボックスの中を埋めていきましょう。




Mabel: Hi, Chuck. How are you?
Chuck: Just fine, Mabel. And yourself?
M: Good. Do you want the usual today--- (1) ,bean sprout
  (2) and carrot juice?
C: No, Mabel. Today, I'll have something different.
M: OK. What would you like?
C: I'd like a large order of French (3) and a hamburger, please.
M: Excuse me?
C: You heard me.
M: But Chuck, you're a vegetarian!
C: Not anymore, Mabel.
M: What about your low-fat diet?
C: That's all in the past. From now on, I eat what I want, when I want.
M: Chuck, I can't let you do this.
C: You can't? In that case, I want to speak to the manager, please.
M: Hold on a minute, Chuck. Your doctor said…
C: My doctor died yesterday, Mabel. He had a (4) . That low-fat diet didn't help him.
M: OK, Chuck. You know best. Anything to drink?
C: Yes, a large root beer.
M: Root beer. OK. And for (5) ?
C: Ah, yes, dessert. I'll have a (6) ice cream. No, wait. Make that two
(6) ice creams. I have a lot of catching up to do.

「判定」ボタンを押すと判定結果が、「答え」ボタンを押すと答えが、それぞれのテキストボックス内に表示されます。


【解説を読む】


ヒアリング道場 トップへ



  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録