HOME > マガジンアルク > 受講生が語る Before and After > ヒアリングマラソン ビジネス

受講生が語る Before and After

語学学習に取り組み目標を達成した方に、これまでの学習法や今後の抱負などを伺います。


「ヒアリングマラソンビジネス」

猪又明子さん

BEFORE
全ての単語を聞き取ろうとして、できないと頭が真っ白に

AFTER
強調された箇所に注意しながら聞く練習で、
リスニング力が付きました!

猪又明子さん 衛生研究所職員


学生時代は英語が嫌いで苦手で、ずっと逃げていたのですが、社会人になってからは、英語の論文を抄訳する仕事が回ってくるなど、英語と関わることが多くなりました。仕事で論文や資料を読むことに加え、自費で英会話教室に通ったこともあり、日常会話程度の英語力を身に付けることができました。

本気で英語を勉強しようと思ったのは、学術論文を英語で書いた時です。学術雑誌に掲載されるためには、論文の構成や文法もしっかりしていなければなりません。本当に苦労したので、ライティングをきちんと勉強しようと決意し、TEP TESTの対策講座を受講。ここで実務英語のライティングを学びテストを受験、2級を取得しました。

「リズムリスニング」で肩の力を抜いて聞けるように

猪又さんが実践
“挫折しない”通信講座完走のコツ


1. 負荷を掛け過ぎない
自分が苦手とするスキルに的を絞り、レベル、学習期間に無理のない講座を選択。

2. 自分に合ったスケジュールを立てる
カリキュラム上は1日に1つのLessonを設定しているが、猪又さんは平日に時間が取れないので、週末に4つのLessonを学習した。

3. 臨機応変に学習量を調整
自分にとってテーマになじみがなく、手こずるユニットは、無理に終わらせようとせず、2日に分けるなどして調整した。

次なる目標は、かねて弱点だと気になっていたリスニング力の強化。学校に通うよりも、自分のペースで勉強できる通信講座の中から、レベルや目的、期間、体験談などを比較して、「ヒアリングマラソン ビジネス」を選びました。選ぶ際にポイントにしたのは、通信講座だと、挫折してしまうことが一番心配だったので、学習期間が短めで、自分にとって、あまりにもレベルが難し過ぎないようにという点です。

講座で取り上げられているテーマは、駅や飛行場でのアナウンスからビジネス交渉、講義、スピーチ、科学的なものまでと幅広かったので、最後まで興味を持って受講することができました。科学分野をテーマにしたユニットは、生物や環境など自分の専門に近い内容はもちろん、心理学など、専門外のものでも聞き取りやすかったです。文章の構成やスタイルに慣れているからかもしれません。反対に、マーケティングや商談などのビジネス分野をテーマにしたユニットは、単語自体を知らないことが多く、音は聞き取れても意味がわからないことがありました。

本講座では、リスニングのスピードが3段階に分けられており、テキストが進むにつれ、速くなっていきます。リスニングワード数も格段に増えるため、音声に合わせてリピートしたり、シャドーイングしたりすることさえ大変です。とても追い付かないので、自分なりに息継ぎの場所にスラッシュを入れて、できるだけたくさん口に出して練習しました

また、この講座では、英語特有のリズムとロジックに着目した「リズムリスニング」と「ロジックリスニング」という2つの学習方法が用いられています。論文作成などで「ロジック」に着目することにはなじみがあったのですが、「リズムリスニング」はとても新鮮でした。これまでは全ての単語を聞き取ろうとしていて、それができないと頭が真っ白になってしまうこともありました。でも、リズムを意識したリスニング練習をするうちに、聞き取りの途中でついていけなくなっても、強調された箇所に注意して聞き続ければ、かなり内容を把握できることがわかったのです。このことに気付いただけで、ずいぶんと肩の力を抜いて聞けるようになり、気が楽になりましたね。

カリキュラムは1日30分×週4日となっていますが、平日は時間が取れないため、土日の朝にまとめて学習することにしました。朝8時から1時間。時には1時間半ほどかけて、2日分を1日で学習。遅く起きてきた子どもたちには、「へえ、英語勉強してるんだ」と驚かれたり、「ママ、いい年してやるね!」と褒められたりしました(笑)。

不思議なぐらい聞き取れたイタリア旅行


イタリア、ローマのコロッセオで息子さんと。旅行中には、機内アナウンスや、街中で道順を尋ねた時などに、講座学習の効果を思いの外実感したという

わが家ではよく海外旅行をするのですが、受講開始2カ月目に息子とイタリア2人旅行をした時に、リスニング力がアップしていることがよくわかりました。最初にそれを感じたのは機内や車内のアナウンス。あれ? と思うぐらい聞き取れるようになっていました。また現地での英会話もスムーズに。これまでは1回聞いただけではよく意味が取れず、何回も“Pardon?”と聞き返していたのに、1、2回できちんと聞き取れる。街で道順を聞いた時にも、スムーズにやりとりができました。

私は、仕事の関係で国際学会に参加することがあり、将来的には、自分でも発表をしたいと思っています。発表自体は入念に準備すれば問題ないのですが、心配なのは英語での質疑応答。今後は、どんな質問にも滑らかに答えられるようなリスニング力とスピーキング力を目指して、英語学習を続けていきたいと考えています。

また相当難しいとされているTEP TEST1級も目標の一つ。もっともっと実力を付けてから、いずれは本気で取り組めればと思っています。


教材編集部からのコメント
仕事や家事をしながらも、ご自分のライフスタイルに合わせて上手にペースを調整して学習されていますね。今後も実践の場で英語を活用しながら、英語力に磨きをかけていってください。


取材・文◆杉谷知子

マガジンアルク』2014年9-10月号掲載

  • アルコムワールドで日記を書く

英辞郎 on the WEB

メルマガ登録

バックナンバー

2016年7-8月号

2016年7-8月号

イギリス英語VS.アメリカ英語 比べてわかる 奥深~い言葉ワールド


>>目次を見る

2016年5-6月号

2016年5-6月号

語学を磨くリアルな学び&楽しみ


>>目次を見る

2016年3-4月号

2016年3-4月号

語学学習 その先にあるもの


>>目次を見る

2016年1-2月号

2016年1-2月号

英語学習あの手この手を真剣アドバイス


>>目次を見る

2015年11-12月号

2015年11-12月号

DIGITAL×ANALOG 英語学習MIX効果


>>目次を見る

2015年9-10月号

2015年5-6月号

うっとり☆語学学習のススメ


>>目次を見る

2015年7-8月号

2015年5-6月号

英語で 日本語を語る 日本でもてなす


>>目次を見る

バックナンバーのご購入について

最新号・バックナンバーのご購入は、メールもしくは電話にてご注文を承ります。

  • E-mail
    csss@alc.co.jp
    Tel
    0120-120-800(受付時間:月~金 9時~18時/土日祝休み)でご注文を承ります。

1冊
一般:566円(税込)/会員:510円(税込)