HOME > マガジンアルク > 受講生が語る Before and After > 日本語教育能力検定試験合格パック2015

受講生が語る Before and After

語学学習に取り組み目標を達成した方に、これまでの学習法や今後の抱負などを伺います。


「日本語教育能力検定試験合格パック2015」

野瀬由季子さん

BEFORE
自分の母語を留学生に教えたい

AFTER
日本語教育能力検定試験に合格!
大学院でさらに日本語教育を学ぶ予定です

野瀬由季子さん 大学生 大阪府


大学での専攻は、英語コミュニケーションなのですが、日本語教育も副専攻として学びました。日本語教師を目指そうと思ったのは、大学1年の春休みに1カ月間、英語を学ぶためにニュージーランドに短期留学した時のことです。通っていた語学学校で出会った先生のお話に心を動かされました。

その先生は大学付属の語学学校で教えているのですが、なぜ大学ではなく、語学学校で教えることを選んだのかを尋ねると、留学生は、単に、単位を取るためではなく、非常に高い意欲を持って勉強するから、という答えが返ってきました。私も先生と同じように、自分の母語を学ぶ意欲の高い人に教えたい。その先生に憧れて、日本語教師を目指そうと思い始めたのです。

日本語教師になるための方法を調べたところ、毎年10月に行われる日本語教育能力検定試験の合格がその第一歩と知りました。勉強方法をインターネットで検索すると、「日本語教育能力検定試験 合格パック2015」が出てきて、講座の課題を全てクリアしたのに合格できなかったら全額返金されること、また、受講料も私が支払える額だったので受講を決めました。アルク以外の通信講座や通学制講座は考えなかったですね。

テキストは1週間に2冊のペース

試験対策のノウハウを凝縮!
日本語教育能力検定試験合格パック2016
[期間限定販売:2016年3月31日(木)まで]



検定試験の完全対策セット。毎年合格率約23パーセントという難しい試験ですが、NAFL修了生は50パーセントが合格。高い合格率を誇る教材です。

本格的に勉強を始めたのは2015年4月です。「合格パック」のスケジュールに沿って勉強しました。試験まで約半年。日数を逆算してスケジュールを立てました。「NAFL日本語教師養成プログラム」のテキストは1週間に2冊読み終えるペース。ただ、毎日、勉強時間が取れるわけではなかったので、前日に勉強できなかったら次の日は1時間長くするなど、調節するようにしていました。その他、アルバイトに行く途中、15分ほど電車に乗るのですが、その時間も勉強に充てました。電車では聴解問題の音声を聞くというより、内容を読み込んで理解するものを中心に勉強しました。

また、勉強する中で活用したのが付箋です。最初は付箋にポイントを書いて壁に張っていたのですが、だんだん粘着力がなくなってきたので、A4の紙に張り、ファイルに入れて保管するようにしました。ノートに書く方法もありますが、後から関連事項が出てくると書き足したくてもスペースがなかったり、汚くなってしまったりすることがあります。付箋だと、追加も簡単ですし、関連事項を台紙のA4の紙に書き足すこともできます。持ち歩きも便利で、何枚か、かばんに入れていき、時間が空いた時に読んでいました。

教える現場に積極的に足を運び、刺激を受ける

教材説明会、実施中
「実際に教材を見てみないと不安……」という方には、編集部員が教材をお見せしながら学習についてアドバイスします。
個別教材説明会の詳細・お申込みはこちらをご覧ください>>

試験に向けての勉強は、自分の将来につながることなので、自然とやる気が出て、モチベーションを保てました。多分、私は周囲の人に恵まれていたことも大きいと思います。大学には、日本語教育に携わっている人がたくさんいたので現場の話を聞き、刺激を受けました。また、実際の日本語クラスに入って、文法を教える機会を与えていただき、模擬授業もさせていただきました。その他、地域の日本語教室にも見学に行きました。留学生とお昼ご飯を一緒に食べるなど、直接交流できたのも良かったです。知識を身に付けるだけではなく、さまざまな現場に積極的に足を運ぶと、自分の目指したい日本語教育の方向も明確になっていくと思います。

「合格パック」のテキストは、勉強しなくてはならない分野が網羅されていることもありますが、どの教材も文章の語り口が優しくて、とっつきやすいと思いました。また、模擬問題集の解説が非常に役立ちました。記述式問題の添削も、コメントに良い点、悪い点が書かれていて参考になりましたね。

今後は、大学院に進学し、日本語教育についてさらに学ぶ予定です。ニュージーランドで出会った先生のように、学ぶ意欲にあふれた留学生に早く日本語を教えられるようになりたいです。

※1 「合格パック2016」とはセット教材が一部異なります。
※2 2016年度の試験日は、10月23日(日)。


教材編集部からのコメント
付箋を活用して勉強法を工夫したり、現場に積極的に足を運んだりするなど、その高い「意欲」が合格につながったのですね。大学院でさらに力を付けて、いつかプロの教師として羽ばたいてください!


取材・文◆青山美佳

マガジンアルク』2016年3-4月号掲載

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録

バックナンバー

2016年9-10月号

2016年9-10月号

リスニング、スピーキング、プレゼン、新TOEIC――
英語の先生に会いに行く


>>目次を見る

2016年7-8月号

2016年7-8月号

イギリス英語VS.アメリカ英語 比べてわかる 奥深~い言葉ワールド


>>目次を見る

2016年5-6月号

2016年5-6月号

語学を磨くリアルな学び&楽しみ


>>目次を見る

2016年3-4月号

2016年3-4月号

語学学習 その先にあるもの


>>目次を見る

2016年1-2月号

2016年1-2月号

英語学習あの手この手を真剣アドバイス


>>目次を見る

2015年11-12月号

2015年11-12月号

DIGITAL×ANALOG 英語学習MIX効果


>>目次を見る

2015年9-10月号

2015年5-6月号

うっとり☆語学学習のススメ


>>目次を見る

バックナンバーのご購入について

最新号・バックナンバーのご購入は、メールもしくは電話にてご注文を承ります。

  • E-mail
    csss@alc.co.jp
    Tel
    0120-120-800(受付時間:月~金 9時~17時/土日祝休み)でご注文を承ります。

1冊
一般:566円(税込)/会員:510円(税込)