HOME > マガジンアルク > 世界で活躍する 国際派プロフェッショナル

世界で活躍する 国際派プロフェッショナル

グローバルに活躍する日本人プロフェッショナルが語る、仕事、自分自身、言葉……。


貧困にあえぐ母子への支援を
フェアトレードで形に

アクセサリーデザイナー 柿本可奈子さん/フィリピン


フェアトレードを通じてフィリピンの母親たちとつながる

柿本可奈子さん
フェアトレード&エシカルファッション※アクセサリー「Feliz」代表。デザイナー。1969年北海道旭川市生まれ。看護学校卒業後、保健師として道内の市役所に勤務。27歳の時、イギリスでアロマセラピーの資格を取得。翌年帰国し結婚。専業主婦の時代を経て、2008年にアクセサリー作りを学びコンテストで入賞。11年にFelizを立ち上げ、フィリピン貧困地域の母親の雇用創出と自立をテーマに、アクセサリーのフェアトレードを始めた。1児の母。
※フェアトレードなど、環境保護や社会貢献を考えて生産、流通されるファッション商品。

白いシェルでできた美しいピアス、小さなパールや天然石が揺れるブレスレット。Feliz(フェリーズ)のショップには、南の海や風を感じさせる愛らしいアクセサリーがずらりと並んでいる。作っているのは、フィリピンの女性たちだ。

Feliz代表の柿本可奈子さんは、今から6年前、フィリピンの貧困地域で子どもを育てる母親たちをパートナーに、アクセサリーのフェアトレードを始めた。

「目的は、母親たちの仕事の創出と収入向上と子どもたちの教育です。お母さんたちは、自分が得たお金を真っ先に家族や子どものために使いますから、彼女たちの収入が向上すれば、自然と子どもたちの生活も安定し、教育の機会が広がるのです」。

フィリピンで活動する日本のNGOやNPOの協力を得て、現在、セブ島とルソン島の女性たちが、Felizのアクセサリー作りに参加している。そのほとんどが母親だ。子どもの学費のために、朝から晩まで身を粉にして働く人。近所の家庭が養えなくなった子どもを引き取って、わが子と一緒に育てている人。病気の夫を抱えて1人で家族を支え、見る見る痩せ細っていく人……。柿本さんは、こうした母親たちに新しい商品の作り方を教えるために、年に2回ほど現地に行っては、ワークショップを開いている。その後、柿本さんが日本から注文を入れると、彼女たちが現地でアクセサリーを作り、検品もして日本に送ってくる。

アクセサリー作りはきれいで楽しいし、大掛かりな道具も使わないので、自宅で家族の世話をしながらできる内職として、フィリピンのお母さんたちには好評だ。

一方、柿本さんは日本での販路開拓に余念がない。フェアトレード商品という以前に、アクセサリー自体の魅力で勝負したいという気持ちも、そこにはある。

「だから百貨店のバイヤーや、店舗オーナーが集まる展示会にも、積極的に参加します。おかげで百貨店での期間限定販売の機会や、商品の卸先が増えてきました」。




目の当たりにした母子の貧困問題

柿本さんが、女性や子どもの貧困問題に初めて関心を持ったのは、保健師として働いていた20代の頃だった。仕事で多くの母子と出会い、貧困、DVなどで心の安定を得られずに苦しむ母親が少なくないこと、彼女たちの傍らには、厳しい環境で育つ子どもたちがいることを知った。

「保健師を辞めてからも、自分に何かできることはないかと考えていました。私の両親も、戦時中に地方の寒村で過酷な暮らしを経験したそうです。貧困のつらさ、教育や仕事を持ち自立することの大切さを聞いて育ちました。だから日本や途上国の母子の貧困問題が、他人事とは思えないのかもしれません」。

心の底にあった思いが日の目を見たのは、結婚し、専業主婦となり、子育ても一段落してからだった。アクセサリー製作を学び、デザイナーとして仕事を始めた頃、「フェアトレード」という言葉を知ったのだ。

「そうだ、アクセサリーでフェアトレードができるかもしれない!」。知人のつてをたどり、フィリピンの貧困地区で活動する日本のNPOと出合った柿本さんは、2010年に初のワークショップを現地で開催。そこからFelizの活動が始まった。

「フェアトレードもビジネスです。日本でどんどん商品を売って利益を上げないと、フィリピンのお母さんたちにお金が入りません。最初は本当に大変でした。商品の値段の決め方も、上代(小売価格)、下代(卸値)、掛け率といった言葉もさっぱりわからない。商品を卸す先のお店の人に『上代って何ですか?』と尋ねるほどでした(笑)」。


イギリス留学で収穫したこと »


就労を希望する女性たちの家庭を訪問し、生活状況についてヒアリングする柿本さん(左)

バックナンバー


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録

バックナンバー

2017年5-6月号

2017年5-6月号

語学のプロ&学習者が実践!
成果が出る「マイ学習時間」の見つけ方


>>目次を見る

2017年3-4月号

2017年3-4月号

アプリ、電子書籍、辞書 etc.
デジタル活用でTOEICスコア&英語力アップ!
最新ツールで始める快適語学ライフ


>>目次を見る

2017年1-2月号

2017年1-2月号

通信講座修了生、学習アドバイスのプロに聞く
語学学習「続ける極意」


>>目次を見る

2016年11-12月号

2016年11-12月号

いつもと違う米大統領選、議論再燃?スコットランド独立 etc.
あの国を二分するテーマに接近!


>>目次を見る

2016年9-10月号

2016年9-10月号

リスニング、スピーキング、プレゼン、新TOEIC――
英語の先生に会いに行く


>>目次を見る

2016年7-8月号

2016年7-8月号

イギリス英語VS.アメリカ英語 比べてわかる 奥深~い言葉ワールド


>>目次を見る

2016年5-6月号

2016年5-6月号

語学を磨くリアルな学び&楽しみ


>>目次を見る

バックナンバーのご購入について

最新号・バックナンバーのご購入は、メールもしくは電話にてご注文を承ります。

  • E-mail
    csss@alc.co.jp
    Tel
    0120-120-800(受付時間:月~金 9時~17時/土日祝休み)でご注文を承ります。

1冊
一般:566円(税込)/会員:510円(税込)