HOME > マガジンアルク > 世界で活躍する 国際派プロフェッショナル

世界で活躍する 国際派プロフェッショナル

グローバルに活躍する日本人プロフェッショナルが語る、仕事、自分自身、言葉……。


「海外で働く」を実現して30年
日本人の子とその親を支え続ける

学習塾経営・講師、野球コーチ 坂本博文さん/マレーシア


ライフワークの野球を通じてマレーシア社会に根を張る

坂本博文さん
1963年、東京都生まれ。立教大学卒業。教師を目指して塾講師のアルバイトをしていたところ、別の塾から東南アジア赴任を打診され、87年マレーシアへ。99年に日本人の小・中・高校生向けの学習塾、ACT教育研究所に入職、現在は所長。インターナショナルスクールに通う生徒と、入学を希望する児童・生徒に算数・数学と英語などを指導している。中学時代から続けている野球では、マレーシア代表チームのコーチも務める。

約2万2000人の日本人が住むマレーシアは、東南アジアでも有数の日本人コミュニティーがある国。坂本博文さんは、首都クアラルンプールで日本人向けの学習塾を経営する傍ら、野球を通じてマレーシア社会に関わっている。

2016年6月、クアラルンプール近郊の学校に、元プロ野球選手の山田久志さんと古田敦也さんの姿があった。日本プロ野球名球会は「ASEAN野球教室」を各地で開催しているが、マレーシアではこれが初めて。現地の人々と在住日本人小学生を対象に交流が行われた。

実現には、坂本さんの尽力があった。同野球教室がシンガポールで開催された折、名球会が他国でも開催を検討していることを知り、その場で協力を申し出た。マレーシア代表チーム※のコーチも務めた坂本さんは、現地の野球連盟と調整しながら名球会一行の滞在中の諸手配を引き受けた。

※アジア野球連盟に加盟しているマレーシア野球連盟によって結成されたナショナルチーム。

坂本さんは中学、高校と野球部に所属。当時、新設校であった国際基督教大学高等学校では、在籍する生徒の3分の2以上が海外からの帰国生だった。

「中学では英語が得意だったのですが、高校では完全に自信を失いました。習熟度別のクラスに振り分けられるテストで文法は手応えがあったものの、試験後に流ちょうな英語で会話をする同級生たちを見て『負けた』と思いましたね(笑)」。

こうして出会った級友たちから世界各国の話を聞くうちに「いつかは海外で働きたい」と思うようになっていった。

立教大学に進学後は、母校の高校で野球部の監督を務める一方で、学習塾の講師や家庭教師のアルバイトにやりがいを感じ、教員を目指すようになる。母校での教育実習の際、担当クラスには野球部の生徒たちがいた。部活動では地味な練習にも真面目に取り組んでいた彼らだったが、授業中はどこか上の空で私語も少なくなかった。

「授業でしか顔を合わせていなければ、『集中力のない生徒』と判断したかもしれません。クラブ活動を通じて生徒のさまざまな面に目を向けられる教師になりたいと考えるようになりました」。

大学を卒業後は学習塾に勤務。教員採用試験の準備を進めつつ、東南アジアで講師を募集している塾にも応募したが、定員が一杯だった。海外には縁がなかったと思っていたところに一本の電話がかかってきた。

「クアラルンプール教室で欠員が出たのですが、再来週から勤務できますか?」

教員採用試験は目前に迫っていたが、電話を切った後、坂本さんは一度は諦めていたはずの海外で働きたいという思いが消えていなかったことに気付く。翌日には受諾の電話をし、1987年の夏、マレーシアに飛んだ。


多言語社会でマレーシア流イギリス英語を身に付ける »


マレーシアに来たばかりの頃に一緒に働いていた塾の元同僚たちと

バックナンバー


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録

バックナンバー

2017年3-4月号

2017年1-2月号

アプリ、電子書籍、辞書 etc.
デジタル活用でTOEICスコア&英語力アップ!
最新ツールで始める快適語学ライフ


>>目次を見る

2017年1-2月号

2017年1-2月号

通信講座修了生、学習アドバイスのプロに聞く
語学学習「続ける極意」


>>目次を見る

2016年11-12月号

2016年11-12月号

いつもと違う米大統領選、議論再燃?スコットランド独立 etc.
あの国を二分するテーマに接近!


>>目次を見る

2016年9-10月号

2016年9-10月号

リスニング、スピーキング、プレゼン、新TOEIC――
英語の先生に会いに行く


>>目次を見る

2016年7-8月号

2016年7-8月号

イギリス英語VS.アメリカ英語 比べてわかる 奥深~い言葉ワールド


>>目次を見る

2016年5-6月号

2016年5-6月号

語学を磨くリアルな学び&楽しみ


>>目次を見る

2016年3-4月号

2016年3-4月号

語学学習 その先にあるもの


>>目次を見る

バックナンバーのご購入について

最新号・バックナンバーのご購入は、メールもしくは電話にてご注文を承ります。

  • E-mail
    csss@alc.co.jp
    Tel
    0120-120-800(受付時間:月~金 9時~17時/土日祝休み)でご注文を承ります。

1冊
一般:566円(税込)/会員:510円(税込)