世界で活躍する 国際派プロフェッショナル

グローバルに活躍する日本人プロフェッショナルが語る、仕事、自分自身、言葉……。


続々と進出してくる日本企業と
ベトナムの橋渡しをする弁護士になりたい

弁護士 三木康史さん/ベトナム


気鋭の弁護士に立ちふさがった英語の壁

三木康史さん
2003年東京大学を卒業し、05年に弁護士登録。同年、アンダーソン・毛利・友常法律事務所に勤務。同事務所に籍を置きながら、アメリカUCLAのロースクールに留学し、12年5月卒業。同年9月、ベトナム・ホーチミン市のVILAF法律事務所に勤務。今年1月、アンダーソン・毛利・友常法律事務所のパートナーに就任。5月に同事務所のホーチミンオフィスを開設し、支所長に就任。2児のパパ。

東京大学法学部を卒業し、司法試験に合格した後、四大法律事務所の一つであるアンダーソン・毛利・友常法律事務所に入所。エリートコースを突っ走ってきた三木さんが、最初にぶつかった壁は英語だった。

同事務所に勤務する弁護士は、入所後しばらくして、アメリカのロースクールに1年間、留学するのが恒例となっている。三木さんにも、その時期がやってきた。

「上位のロースクールに入るには、原則としてTOEFLで120点満点中100点以上のスコアが必要なんです。ところが、最初に受けた時の点数は70点くらい。これは困ったなと思いました」。

点数が満たなくても日本人弁護士を受け入れてくれるロースクールはある。しかし三木さんは100点超えにこだわった。「20回以上は受験しましたね。それでようやく104点を取ることができました」。

アメリカでの留学先はUCLAのロースクールを選んだ。その理由は「日本人が少ないから」。

「日本人の多い学校では、どうしても日本人同士で固まってしまい、英語が上達しません。それではダメだと思ったんです」。

また、授業は少人数制のものを選び、全ての講義で最前列に座ることを自分に課した。そうすると、発言を求められる回数が増える。英語が得意ではない三木さんには苦行だったが、そういう立場に自分を置くことで、英語力を伸ばそうというのが狙いだった。

「質問されても、何を聞かれているのかすらわからなくて、立ち往生することもしばしばでした。私は日本ではすでに実務経験もある弁護士。しかし同級生はみんな私よりずっと若い学生さん。恥ずかしかったですねえ」。

それでも三木さんは、最前列に座り続けた。次第に英語がわかるようになると、自信も付いてきて、「今、あなたの言ったことの、ここが聞き取れないんですが」と臆せず、質問もできるようになった。

ロースクール修了後は、欧米の大手弁護士事務所で1年間の実習経験を積むのが、それまでの通例。しかし三木さんは違うことを考えた。

「この機会に弁護士としての自分の得意分野を磨きたいと思ったんです。そこで、たどり着いたのが『アウトバウンド型M&A(企業の買収・合併)』という分野でした。日本に進出してくる外資系企業にアドバイスをするのがインバウンド型。これを手掛ける弁護士は多いのですが、海外に進出する日本企業への助言、つまりアウトバウンド型を扱う弁護士は少ないんです」。

そういう案件が扱える、つまり日系企業の進出が伸びている国はどこだろう……。いろいろな候補の中から白羽の矢を立てたのがベトナムだった。三木さんはベトナムを訪れたことはなく、イメージといえば、編み笠の女性が思い浮かぶ程度。奥さんも難色を示した。でも「行ってみないと、どんな所かわからないだろう?」と説得。2012年9月、ベトナムの地を踏んだ。


異国で仕事をするには、まず語学と文化を学ぶことが必要 »


ベトナム法務省の講演にて。質問者は英語、答える役人はベトナム語のため、同時通訳を介してのやりとりになる


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録

バックナンバー

2016年9-10月号

2016年9-10月号

リスニング、スピーキング、プレゼン、新TOEIC――
英語の先生に会いに行く


>>目次を見る

2016年7-8月号

2016年7-8月号

イギリス英語VS.アメリカ英語 比べてわかる 奥深~い言葉ワールド


>>目次を見る

2016年5-6月号

2016年5-6月号

語学を磨くリアルな学び&楽しみ


>>目次を見る

2016年3-4月号

2016年3-4月号

語学学習 その先にあるもの


>>目次を見る

2016年1-2月号

2016年1-2月号

英語学習あの手この手を真剣アドバイス


>>目次を見る

2015年11-12月号

2015年11-12月号

DIGITAL×ANALOG 英語学習MIX効果


>>目次を見る

2015年9-10月号

2015年5-6月号

うっとり☆語学学習のススメ


>>目次を見る

バックナンバーのご購入について

最新号・バックナンバーのご購入は、メールもしくは電話にてご注文を承ります。

  • E-mail
    csss@alc.co.jp
    Tel
    0120-120-800(受付時間:月~金 9時~17時/土日祝休み)でご注文を承ります。

1冊
一般:566円(税込)/会員:510円(税込)