世界で活躍する 国際派プロフェッショナル

グローバルに活躍する日本人プロフェッショナルが語る、仕事、自分自身、言葉……。


マレーシアで受け継ぐ
パイオニア・スピリット

人材紹介会社経営 鵜子幸久さん/マレーシア


子ども時代に語られた曽祖父の偉業

鵜子幸久さん
1964年京都府生まれ。京都産業大学外国語学部を卒業後、リクルートに入社。情報ネットワーク事業部を経た後、ホットペッパー事業部にて、無料クーポン誌『ホットペッパー』の創刊編集長を務める。海外での起業を目指し、2002年に退職。アジア18カ国を視察して拠点をマレーシアに決定、03年末に桜リクルート社マレーシアを創業。人材紹介業・ビジネスコンサルタント業を手掛ける。

1枚の古ぼけた白黒写真。学校らしき建物、その前に先生や児童たちが並んで立っている。

「これがお前のひいおじいさんが建てた日本人学校だよ」。

まだ少年だった鵜子幸久さんにこう説明してくれたのは、今年96歳になる祖母の喜代美さんだった。鵜子さんの曽祖父は大正時代にアメリカ・カリフォルニア州のサクラメントに移住。現地で日本人学校を設立して校長を務めていた。喜代美さんから曽祖父の話を聞くたびに「自分もいつかは日本を出て新天地を見つけるんだ」と漠然と思っていた。

大学を卒業後、鵜子さんはリクルートに入社。無料クーポン誌の『ホットペッパー』の創刊編集長の任に就く。話題の雑誌の編集者として、テレビやラジオなどにも出演した。しかし次第に自分の置かれた状況に違和感を覚えるようになる。

「『ホットペッパー』は1つの街にとことん特化する、というのが強みでもあり編集方針でしたから、いつの間にか自分の世界は直径5キロメートルくらいの円の中にとどまってしまっていたんです」。

雑誌が軌道に乗り、後輩も育ってきたのを機に鵜子さんは退社した。曽祖父のように新たなフロンティアを求めて。




マレーシアでゼロからのビジネススタート

鵜子さんは“新天地”を探すため退職金でアジアへと旅立った。アジアの未完成さとエネルギーに昔から引かれていたからだ。 香港を皮切りに18カ国を巡った。各国語で書かれた自分の名刺を作って持参し、それぞれの国でさまざまな人に会い、生の情報を収集。その時の名刺は額に入れられ、今も鵜子さんのオフィスの壁を飾っている。そして、治安の良さ、気候の温暖さ、多民族性、親日度などの要素を併せ持つマレーシアへの移住を決意した。

早速、知人のオフィスの倉庫を間借りし、人材紹介のビジネスをスタートさせる。人材紹介は少ない元手で始めることができる事業だからだ。最初に当たった壁は言葉の問題。電話線を引くための交渉から手こずった。

「大学では英語学科だったんですが、サラリーマン時代は英語を使う機会がまったくなく、きれいに忘れていた上、マレーシア式の英語の発音が独特だったんです(笑)。例えば“car park”(駐車場)を『カ・パ』と語尾を消したりと、最初のころは聞き取りに苦労しましたね」。

しかし実践を重ねていくうち、現地の英語にも慣れてきた。

「幸いだったのは、マレーシアが多民族社会だったこと。マレー系の他、インド系、中国系などさまざまな人がいて、それぞれがお国なまりのある英語で話すんです。だから僕のカタカナ英語にも耳を傾けてくれました」。

いざ会社を立ち上げたものの、最初はまったく仕事がなかった。マレーシアには日系企業が1500社もあるが、新規の小さな会社などなかなか相手にしてくれない。家族もすでにマレーシアにやって来ていた。まさに崖っぷちだった。

そんな逆境の中で鵜子さんを精神的に支えてくれたのが、曽祖父の存在だった。20世紀初頭、日本からアメリカという未知の大地へ向かい、子どもたちのために学校をつくる。どれだけの努力が必要だったろう。

それと比べれば自分はもっと頑張れるはず。そう考えて活を入れた。


マ レーシアに拠点を築くまで »


会社のスタッフのバックグラウンドは、マレー系、中国系、そして日本とさまざま。職場では主に英語が使われている


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録

バックナンバー

2016年9-10月号

2016年9-10月号

リスニング、スピーキング、プレゼン、新TOEIC――
英語の先生に会いに行く


>>目次を見る

2016年7-8月号

2016年7-8月号

イギリス英語VS.アメリカ英語 比べてわかる 奥深~い言葉ワールド


>>目次を見る

2016年5-6月号

2016年5-6月号

語学を磨くリアルな学び&楽しみ


>>目次を見る

2016年3-4月号

2016年3-4月号

語学学習 その先にあるもの


>>目次を見る

2016年1-2月号

2016年1-2月号

英語学習あの手この手を真剣アドバイス


>>目次を見る

2015年11-12月号

2015年11-12月号

DIGITAL×ANALOG 英語学習MIX効果


>>目次を見る

2015年9-10月号

2015年5-6月号

うっとり☆語学学習のススメ


>>目次を見る

バックナンバーのご購入について

最新号・バックナンバーのご購入は、メールもしくは電話にてご注文を承ります。

  • E-mail
    csss@alc.co.jp
    Tel
    0120-120-800(受付時間:月~金 9時~17時/土日祝休み)でご注文を承ります。

1冊
一般:566円(税込)/会員:510円(税込)