HOME > マガジンアルク > 通訳ソーウツ日記 > 神崎龍志さん:冷え込む日中関係のはざまで

通訳ソーウツ日記

各界の現役通訳者が通訳現場のさまざまな話題やこぼれ話を語ります。


冷え込む日中関係のはざまで

神崎龍志(中国語通訳)


2012年9月の尖閣諸島の国有化以来、日中関係は外交を中心に冷え込んだままだ。13年の二国間の貿易総額や共同世論調査※の結果を見ても、それを裏付けるような数字が出ている。関係悪化の影響を示す材料は他にもあるが、それらを列挙するのは本文の趣旨ではない。

私にとって確かな手触りのある「日中関係」とは、日本人と中国人がフェース・トゥ・フェースで言葉を交わす会議通訳の現場である。


※言論NPOの2013年の調査で、日中双方ともに9割超の人が相手国に対して、「良くない印象」を持っている。




白熱する日中会議

昨年、国内で中国人の参加する日中間ならびに多国間の会議数はかなり減った。ただ、大手の食品・飲料品、リテール(小売)、アパレル、IT系企業の社内会議や、ゲーム業界、大学主催のシンポジウムは例年通り開催されたものもかなりあった。企業ビジネスや業界において、中国抜きという選択肢などあり得ない分野はたくさん存在する。

ビジネス以外では、数は多くないが、両国が現在直面する問題をテーマとした文化人、ジャーナリスト、学者によるシンポジウムも開かれている。このような会議では、両国の「敏感な問題」が議論の的となるため、丁々発止の厳しいやり取りが続くことも少なくない。通訳者としても緊張のボルテージが急上昇する瞬間だ。

しかし、こういった会議の場合、参加者の心の根底には、きな臭いにおいさえ漂う日中関係の現状を憂い、現在の難局を打開したいという問題意識があり、ほとんどの場合、関係改善のためにはどのような対策を取れば良いのかという建設的な方向へと議論は及ぶ。無論、「建設的な話」をしただけで現状が変わるわけではないが、直接対話は双方の誤解を解くには最良の手段であると思う。




じっくり互いを知る重要性

さて、そもそも国家も人間同士も長い付き合いになれば、お互い常に仲良しというわけにはいかない。誤解や対立が生じ、侃侃諤諤と意見を戦わせ、激しい火花が散ることもあろう。まして日本と中国には歴史認識をめぐって大きな温度差があり、文化的にも実は似て非なるものだから何をかいわんやである。そういう意味で、日本人と中国人は互いの違いの大きさを認識するための対話がまだずいぶん不足している。

また、日本人の中国観と中国人の日本観の共通点として、自国のメディアを通じて、初めから一定のバイアスのかかった二次情報に常に接しているために、直接話もしたことのない相手に対し、「こっちのほうがそっちのことをずっとよくわかっている」というような過信と偏見と誤解が見られるように思う。

11月に北京で開催される予定のAPEC首脳会議で、日中首脳会談が実現するか否かはまったくわからないが、ともあれ日本と中国の両国間ではビジネス分野での協力と、それ以外のさまざまな分野での忍耐強い対話が今後とも長きにわたって必要となることは間違いない。

中国語の通訳者にとっては、両国の参加者が激論を交わすかもしれない会議で、正確な対話の橋渡しをするための能力と胆力が一層求められそうだ。



イラスト つぼいひろき
マガジンアルク』2014年9-10月号掲載

翻訳・通訳のトビラ

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録

バックナンバー

2016年9-10月号

2016年9-10月号

リスニング、スピーキング、プレゼン、新TOEIC――
英語の先生に会いに行く


>>目次を見る

2016年7-8月号

2016年7-8月号

イギリス英語VS.アメリカ英語 比べてわかる 奥深~い言葉ワールド


>>目次を見る

2016年5-6月号

2016年5-6月号

語学を磨くリアルな学び&楽しみ


>>目次を見る

2016年3-4月号

2016年3-4月号

語学学習 その先にあるもの


>>目次を見る

2016年1-2月号

2016年1-2月号

英語学習あの手この手を真剣アドバイス


>>目次を見る

2015年11-12月号

2015年11-12月号

DIGITAL×ANALOG 英語学習MIX効果


>>目次を見る

2015年9-10月号

2015年5-6月号

うっとり☆語学学習のススメ


>>目次を見る

バックナンバーのご購入について

最新号・バックナンバーのご購入は、メールもしくは電話にてご注文を承ります。

  • E-mail
    csss@alc.co.jp
    Tel
    0120-120-800(受付時間:月~金 9時~17時/土日祝休み)でご注文を承ります。

1冊
一般:566円(税込)/会員:510円(税込)