HOME > マガジンアルク > 通訳ソーウツ日記 > 神崎龍志さん:大学で通訳を教えられるか

通訳ソーウツ日記

各界の現役通訳者が通訳現場のさまざまな話題やこぼれ話を語ります。


大学で通訳を教えられるか

神崎龍志(中国語通訳・明海大学外国語学部准教授・サイマル・アカデミー講師)


イラスト

2015年4月から、明海大学外国語学部中国語学科で教鞭を執ることになった。会議通訳者が現役を続けながら大学の中国語学科で語学や通訳について教えるケースは、皆無ではないが決して多くはない。

私が受け持っているのは主に、1、2年生必修の中国語クラスと3、4年生合同の選択履修の通訳演習の授業である。後者は大学から中国語を始めた初学者が大半だが、留学経験者もおり、通訳に対する関心度の高い学生が多い。一方、1、2年生の2クラスはともに中国語ネイティブあるいは既習者ばかりである。当然、指定された基礎教材ではやさしくて物足りず、工夫を凝らさざるを得ない。学生の中には日本語の運用能力が低い者もいるため、今のところ、ビジネス用語や慣用句を盛り込んだ、オリジナル副教材を併用している。

さて、そもそもなぜ中国語ネイティブの学生が中国語学科にいるのか不思議に思われるかもしれないが、そこには特殊な事情がある。

日本には日本語学科や日本語専攻を設けている大学がいくつかあるが、それは日本語研究や日本語教員の養成が主目的であり、日本語を学習する場ではない。つまり、中国で小学校あるいは中学校まで教育を受けた後に、日本に移住してきた子どもたちが高校卒業後、日本語の能力をさらに高めたい場合には、専門学校に通うぐらいしか選択肢がなくなってしまう。ただ、それでは就職に不利になるのは目に見えているため、大学進学を考えるのは自然の理ことわりである。しかし、現状ではそういう学生を受け入れ、きめ細かく指導できる大学の数はまだまだ少ない。

初学者に加え、ネイティブ背景の学生にもしっかり対応することが、私が大学に求められている務めの一つだと思っている。




立派な同時通訳ブースは大学には必要ない?

私がもっぱら利用する教室には大学には珍しく、立派な同時通訳ブースと関連機材が設しつらえてある。通訳の練習には極めて理想的な環境だ。無論、同時通訳ブースがあるだけで、通訳術が身に付くわけではない。

私は、通訳養成校のサイマル・アカデミーでも社会人向けに通訳を教えているが、大変なのは同時通訳の訓練ができるようなレベルに達するまでの期間の長さである。サイマル・アカデミーでは日本人と中国人のクラスを別々に担当しているが、受講生は入学以前に、大学や専門学校、留学先での学習や会社勤務など、さまざまな形で通訳対象言語に接し、経験を積み重ねてきている。それでも一番レベルの高い同時通訳コースに進級するまでには、最短でも3年以上はかかるので、入学前の期間も含めると大変気の長い話である。

話を大学に戻す。とどのつまり大学に同時通訳ブースがあっても無用の長物となるのではと思われるかもしれないが、そんなことはない。

私が受け持つクラスでは、すでに学生のレベルに見合った教材を使いながら、学生にブースの中で逐次通訳の練習をしてもらっているが、普通ならばできない経験である。これを4年間続ければ、学生が就職後、社内通訳をするにせよ、将来、会議通訳者を目指すにせよ、素晴らしい助走訓練になることは間違いない。

ただし、在学中にその質をどこまで高められるかは、全て学生の目標意識と教員の教え方にかかっている。学生にとっても、私にとってもチャレンジングな日々が続きそうだ。



イラスト つぼいひろき
マガジンアルク』2016年1-2月号掲載

翻訳・通訳のトビラ

  • アルコムワールドで日記を書く

英辞郎 on the WEB

メルマガ登録

バックナンバー

2016年7-8月号

2016年7-8月号

イギリス英語VS.アメリカ英語 比べてわかる 奥深~い言葉ワールド


>>目次を見る

2016年5-6月号

2016年5-6月号

語学を磨くリアルな学び&楽しみ


>>目次を見る

2016年3-4月号

2016年3-4月号

語学学習 その先にあるもの


>>目次を見る

2016年1-2月号

2016年1-2月号

英語学習あの手この手を真剣アドバイス


>>目次を見る

2015年11-12月号

2015年11-12月号

DIGITAL×ANALOG 英語学習MIX効果


>>目次を見る

2015年9-10月号

2015年5-6月号

うっとり☆語学学習のススメ


>>目次を見る

2015年7-8月号

2015年5-6月号

英語で 日本語を語る 日本でもてなす


>>目次を見る

バックナンバーのご購入について

最新号・バックナンバーのご購入は、メールもしくは電話にてご注文を承ります。

  • E-mail
    csss@alc.co.jp
    Tel
    0120-120-800(受付時間:月~金 9時~18時/土日祝休み)でご注文を承ります。

1冊
一般:566円(税込)/会員:510円(税込)