HOME > マガジンアルク > 通訳ソーウツ日記 > 松本美江さん:神道ときれい好き文化

通訳ソーウツ日記

各界の現役通訳者が通訳現場のさまざまな話題やこぼれ話を語ります。


神道ときれい好き文化

松本美江(通訳案内士)


イラスト

成田空港に到着するほとんどの外国のお客さまにとって、日本観光の1日目は東京です。期待も好奇心も一番盛り上がっているこの日に、私が第一にお連れしたい場所は──東京の観光地の中で、これまでで一番お客さまの満足度が高かった明治神宮です。その魅力の一番の理由は、都会の真ん中にありながら12万本もの木が植えられた豊かな森に包まれていることでしょう。またすぐ隣に原宿の竹下通りや買い物客でにぎわう表参道があり、掃き清められた神社とのギャップを観察してもらうことで、日本文化の多様性を肌で感じてもらえます。




本殿への参道で観光客は神道に興味津々に

実は最近の明治神宮は、これまで以上に海外からの団体ツアーでにぎわうようになっていて、もはや静寂な場所とはいえなくなっています。それでも参道を歩くと、森の空気清浄効果もあってか、皆さん一様に清々しさを感じると言います。参道に入ってまず目に留まるのが、積み重ねられたカラフルな酒樽です。

“Sake is the official drink of Shinto. It is served at most ceremonies, except those for children and babies.”と説明すると、「お酒がオッケーだなんて、もう神道が好きになったよ!」と笑顔になるお客さまも。

次に皆さん驚嘆するのが樹齢1500年の檜を使った大きな鳥居。「この下を通ることで、気持ちが清められるのです。心の準備はいいですか?」と説明すると、お客さまの顔が引き締まります。通り抜けた途端“Oh, I already feel so much cleaner!”と笑いながらも、清々しい表情になっていて、私の説明を真面目に受け止めてくれるのがわかります。参道を進むと手水舎があります。ここでは作法に則って身体を清めてもらうのですが、こうした動作を体験することで、神道の教えに自然に関心を持つようになるのです。

「神道はどんな教えなの?」「どんな時に神社に来るの?」「神官は結婚できるの?」などと矢継ぎ早に質問が飛んできます。私は、神道には経典も創始者もなく、自然崇拝から始まった自然発生的な信仰で、最も大切な教えは、全ての厄災のもとになる心と体の穢れを清めること。だから特に決まった日に参拝しなくても、自分が必要だと思ったら来ればいい。穢れを避ける以外、禁止事項がほとんどないので、神官さんも結婚でき、おそらく世界で一番シンプルかつフレキシブルな宗教だと思うと説明するのですが、これが想像以上に欧米のお客さまの心に響くようなのです。本殿に着くと、ここでもまたほとんど装飾がなく、中に明治天皇とその皇后さまの御霊が祭られている閉じられた扉があるだけのシンプルさに驚かれます。

帰りの参道で必ず紹介するのが、車のお祓所です。「神官さんがholy dusterのような道具を振って、事故に遭った車や新車などを清めてくれるのですよ」。これには皆さん大笑いしながら、すぐに真面目な顔になって「Spiritual car washだね? こういうわかりやすさがすごい! なぜ他の国に広まらなかったの?」と聞かれます。確かに仏教と比べても神道が海外で普及しているとはあまり聞いたことがありません。戦争中に国家神道となって政治的に利用された時代があったからかもしれませんが、これからは日本人のきれい好き文化と共に神道ももっと自信を持って海外に紹介してもいいのではと感じています。



イラスト つぼいひろき
マガジンアルク』2016年3-4月号掲載

翻訳・通訳のトビラ

  • アルコムワールドで日記を書く

英辞郎 on the WEB

メルマガ登録

バックナンバー

2016年7-8月号

2016年7-8月号

イギリス英語VS.アメリカ英語 比べてわかる 奥深~い言葉ワールド


>>目次を見る

2016年5-6月号

2016年5-6月号

語学を磨くリアルな学び&楽しみ


>>目次を見る

2016年3-4月号

2016年3-4月号

語学学習 その先にあるもの


>>目次を見る

2016年1-2月号

2016年1-2月号

英語学習あの手この手を真剣アドバイス


>>目次を見る

2015年11-12月号

2015年11-12月号

DIGITAL×ANALOG 英語学習MIX効果


>>目次を見る

2015年9-10月号

2015年5-6月号

うっとり☆語学学習のススメ


>>目次を見る

2015年7-8月号

2015年5-6月号

英語で 日本語を語る 日本でもてなす


>>目次を見る

バックナンバーのご購入について

最新号・バックナンバーのご購入は、メールもしくは電話にてご注文を承ります。

  • E-mail
    csss@alc.co.jp
    Tel
    0120-120-800(受付時間:月~金 9時~18時/土日祝休み)でご注文を承ります。

1冊
一般:566円(税込)/会員:510円(税込)