HOME > マガジンアルク > 通訳ソーウツ日記 > 松本美江さん:通訳ガイドも体力勝負

通訳ソーウツ日記

各界の現役通訳者が通訳現場のさまざまな話題やこぼれ話を語ります。


通訳ガイドも体力勝負

  松本美江(通訳案内士)


イラスト

2016年も訪日外国人の数は過去最高だった2015年をしのぐ勢いで伸び続けています。私たち通訳ガイドもかつて春の繁忙期は5月くらいまででしたが、最近では桜が咲いてから夏休みが終わるまで、途切れることなくツアーが続きます。9月の声を聞いてやっとガイド自身がつかの間の夏休みを取るという状態です。

日本の夏は、気温だけでなく湿度も高いことから、高湿度に慣れていない国のお客さまには過酷な環境での旅となります。驚くのは、それにもかかわらず、アウトドア志向が強いことです。健康のためもありますが、日本の夏は厳しいと知りつつ、あえて夏にいらっしゃるお客さまは、お子さんの夏休みに合わせる方が多く、観光地巡りだけでなく子どもと一緒に体を動かす体験がしたいという希望が増えてきているのです。




訪日客に人気の青木ヶ原樹海

最近私がご一緒したのは、青木ヶ原樹海と宝永山火口のトレッキングです。富士登山の希望も多いのですが、こればかりは山岳ガイドに同行してもらうことをお勧めしています。この夏、どうしても家族だけで登りたいとの強い希望がありました。小学生のお子さんも一緒だったため、旅行会社も山岳ガイドの同行を勧めたのですが、「キリマンジャロも登ったし普段からトレッキングをしている。無理はしないし登山用具一式も持参したから」とのことです。自分たちだけで大丈夫だと主張されましたので、私は登山マップや情報をお渡しし、1合目の馬返しまでドライバー付きの車でお連れした後、5合目で車と共に待機しました。どうなることかと心配したのですが、夏の登山期間は特別Wi-Fiのアンテナが立っていて、お客さまから定期的にショートメールで「今7合目。もう少し登る」など連絡が入り安心しました。その後8合目まで征服し、夕方には私の待つ5合目まで全員お元気で、お子さんはスキップしながら戻っていらっしゃいました。

青木ヶ原樹海には2度ご一緒しました。青木ヶ原というと日本人には樹海で迷うと戻れなくなるとか、自殺の名所などという怖いイメージがありますが、実は日本でも公開された映画『追憶の森』(2015年)で、ここが自殺者の霊のさまようところとして紹介されたためアメリカでも話題になっているのだそうです。

抱いていたイメージは森に入った途端一転します。富士山の噴火で流れた溶岩の上に育ったすがすがしい森の中に、歩きやすいトレッキングコースができていて夏の暑さを忘れさせてくれます。ネイチャーガイドが話す「倒れた老木の上から子どもの木が育っていき、溶岩の上に土が1センチできるのになんと100年かかる」という森の起源を通訳して伝えると、お客さまも「なんだか森が一層輝いて見えるね」と感激していらっしゃいました。お子さんたちも炭鉱作業員のような灯り付きのヘルメットをかぶっての鳴沢氷穴洞窟探検に大喜び。木のはしごで地下21メートルまでそろそろと下りていくスリリングな体験は冒険好きのお子さんには特別な夏の思い出になったようです。

登山の他には京都や飛騨高山などの観光地をサイクリングで巡る希望も増えています。通訳ガイドは知識だけでなく、体力も必要な時代になったようです。私も秋の繁忙期に備えて体力づくりを兼ねて箱根の旧街道を歩いてみようかと思っています。



イラスト つぼいひろき
マガジンアルク』2016年11-12月号掲載

翻訳・通訳のトビラ

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録

バックナンバー

2017年5-6月号

2017年5-6月号

語学のプロ&学習者が実践!
成果が出る「マイ学習時間」の見つけ方


>>目次を見る

2017年3-4月号

2017年3-4月号

アプリ、電子書籍、辞書 etc.
デジタル活用でTOEICスコア&英語力アップ!
最新ツールで始める快適語学ライフ


>>目次を見る

2017年1-2月号

2017年1-2月号

通信講座修了生、学習アドバイスのプロに聞く
語学学習「続ける極意」


>>目次を見る

2016年11-12月号

2016年11-12月号

いつもと違う米大統領選、議論再燃?スコットランド独立 etc.
あの国を二分するテーマに接近!


>>目次を見る

2016年9-10月号

2016年9-10月号

リスニング、スピーキング、プレゼン、新TOEIC――
英語の先生に会いに行く


>>目次を見る

2016年7-8月号

2016年7-8月号

イギリス英語VS.アメリカ英語 比べてわかる 奥深~い言葉ワールド


>>目次を見る

2016年5-6月号

2016年5-6月号

語学を磨くリアルな学び&楽しみ


>>目次を見る

バックナンバーのご購入について

最新号・バックナンバーのご購入は、メールもしくは電話にてご注文を承ります。

  • E-mail
    csss@alc.co.jp
    Tel
    0120-120-800(受付時間:月~金 9時~17時/土日祝休み)でご注文を承ります。

1冊
一般:566円(税込)/会員:510円(税込)