HOME > セミナー > 日本語教師のための実践シリーズ 日本語教師を育成するための教案指導講座

日本語教師のための実践シリーズ 日本語教師を育成するための教案指導講座

セミナーの紹介

  • カートに入れる

セミナーの内容

留学生の増加に伴い、皆さんは日々、フル稼働で授業を担当なさっていることと思います。「学校全体の授業のクオリティを上げたい」「校内の研修を見直したい」と考えているものの、時間が足りず、新人や後輩の指導になかなか手が回らないのが現状ではないでしょうか。本セミナーでは、主に教案指導に焦点を当て、後輩教師の成長を促すにはどんなことに気を付け、どう指導していけばいいかを学びます。

・教師教育者としてできること・すべきこと・やってはいけないこと

・教案指導の体験の共有

・教師教育者としての自己分析

・具体的な教案指導方法の確認

・教案添削の実施

・教案の添削内容の共有とディスカッション

・学びの整理

*途中の休憩と昼休憩は適宜時間を見ながら取ります。

※『日本語教師の7つ道具シリーズ+(プラス) 教案の作り方編』(アルク刊)を事前にご購入いただき、目を通しておくことをお勧めします。

『日本語教師の7つ道具シリーズ+(プラス) 教案の作り方編』の詳細はこちら

日  時 2017年10月14日(土)10:00~17:00
会  場 TKP品川カンファレンスセンター (東京都港区高輪3丁目26番33号 京急第10ビル )
http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-shinagawa/access/
定  員 45名
対 象 日本語教師(経験が5年以上で、後輩教師を指導する立場にある方、または今後指導する立場を目指す方)
レベル とくになし
料金 12,960円(税込)
講師 講師写真
【講師】横溝紳一郎(西南女学院大学教授)

ハワイ大学大学院より修士(MA)および博士号(Ph.D.) 取得。元日本語教育学会理事。現在、西南女学院大学人文学部英語学科教授として、日本語教師養成と英語教師養成を同時に行っている。在住の博多地区でも、小中連携の英語教育コーディネーターやゲストティーチャーを担当したり、福岡市国際教育礎プラン運営指導委員会委員長や、はっぱの会(博多小中のオヤジの会)の会長を務めたりする等、様々な教育活動に積極的に関わっている。主な著書に『今さら聞けない日本語教師塾:日本語教師の役割=「やる気」を引き出す!(DVD)』(凡人社)、『クラスルーム運営』(くろしお出版)、『生徒の心に火をつける-英語教師田尻悟郎の挑戦-』(共著、教育出版)等がある。

ページトップへ

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録