HOME > 英会話 > 英語で話そう! イマドキの日本 > 「リケジョ」 研究室にも“ガールパワー”参上

執筆 春日聡子

「リケジョ」 研究室にも“ガールパワー”参上

Rikejo“Girl Power” Hits the Labs

また新たな“ガールパワー”の波が、メディアで取り上げられるようになってきました。理系女子、略して「リケジョ」は、理工系分野を専攻する女子学生を指す言葉です。多くの国同様、日本では、理工系の職場において、女性科学者の数が少ないという問題があり、この新語は、より多くの女子学生が、理系分野の職業を選択するのを応援する、包括的な取り組みの一環として、考案されました。 5/27 Up

※下のボタンを押すとこの文章の英訳が読めます。

英文はこちら

Yet another wave of “girl power” has started to be recognized in the media recently. The term Rikejo -- short for Rikei Joshi -- stands for female students who choose to major in STEM subjects. As is the case in many other countries, female scientists are under-represented in STEM-related jobs in Japan, and the coinage of the term is part of an overall effort to encourage more female students to pursue careers in scientific fields.

Q1

How does Japan's situation regarding female scientists compare to other countries?

According to a survey conducted by the government's Gender Equality Bureau Cabinet Office, the percentage of female scientists in Japan stands at 13.6%; a considerably low figure compared to such countries as Spain (37%), England (36.4%), the U.S. (34.3%), or Italy (33.3%).*1 That is not to say that all the countries mentioned above are content with the figures. In the U.S., for example, government-led initiatives are being taken to further increase the number of women in STEM careers.*2

Q2

Who is behind the Rikejo movement?

The government for one. The Gender Equality Bureau Cabinet Office launched the “Challenge Campaign” in 2005 to encourage female high school and university students to choose STEM majors.*3 The Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology is also promoting the cause. Together with various supporting companies and schools/universities across Japan, the government aims to achieve the target of “increasing the share of women in leadership positions to at least 30% by 2020 in all fields in society”.*4

Q3

What is actually being done to encourage the Rikejo?

Aside from seeking legislation that enables both women and men to achieve a good work-life balance, raising awareness and building communities seem to be the key. Female students tend to avoid pursuing STEM careers because of a lack of role models. To tackle the problem, there are now websites with information targeted at Rikejo. Female scientists and engineers are sharing their knowledge and experience to help students envision their future in the relevant fields. Nevertheless, much more will need to be done in order to raise the ratio of female scientists from the current 13% to 30%.

日本語訳

Q1:日本の女性科学者の状況は、諸外国と比較して、どうなの?

A1:内閣府男女共同参画白書によると、日本の研究者に占める女性割合は、13.6パーセントとなっていて、スペイン(37パーセント)、イギリス(36.4パーセント)、アメリカ(34.3パーセント)やイタリア(33.3パーセント)といった国と比べて、かなり低いことが分かるわ。だからといって、上記の全ての国が、自国の数値に満足しているわけではないの。例えばアメリカでは、理工系の仕事に就く女性の数をさらに増やすために、政府主導の戦略も採られているのよ。

Q2:誰が「リケジョ」を奨励しているの?

A2:まずは、政府の存在があるわね。内閣府男女共同参画局が、2005年に、“チャレンジ・キャンペーン ~女子高校生・女子学生の理工系分野への選択~”を始動させたの。文部科学省もこの運動を奨励していて、政府は協賛企業、そして全国の学校/大学と協力して、「社会のあらゆる分野において、2020年までに、指導的地位に女性が占める割合が、少なくとも30パーセント程度になるように期待する」という目標の達成を目指しているんですって。

Q3:「リケジョ」を応援するために、どのような取り組みが行われている?

A3:男女共に 仕事と生活のバランスが取れるよう、法整備を進める以外には、関心を高めること、そしてコミュニティーを構築することが、鍵となっているみたい。というのは、目標とする人物が身近にいないことで、女子学生が理工系の分野に進むことを避ける傾向があって、この問題を解決するべく、今は「リケジョ」のための情報が掲載されたウェブサイトができてきたわね。女性科学者や技術者が、自らの知識や経験を共有し、学生が各分野での自分の将来を思い描く手助けをしてくれているの。いずれにしても、女性科学者の割合を、現在の13パーセントから30パーセントに上げるためには、まだまだやるべきことがあるわ。

英語で話そう! イマドキの日本 トップへ


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録