執筆 春日聡子

LINEの“成長痛”

Line's Growing Pains

LINE株式会社は、2013年4月30日現在、LINEユーザーが、世界で1億5000万人を超えたと発表しました。LINEとは、通信キャリアを問わず、世界中のLINEユーザーと無料で通話やメール、グループチャットなどができるアプリです。2011年6月のサービス開始以来、特に若い世代で、絶対的な人気を誇るアプリとなりました。その一方で、その手軽さもあり、未成年者を巻き込んだ、不適切な使用をめぐる諸問題が発生しています。LINEは、こうした“成長痛”を乗り越えることができるのでしょうか。 7/25 Up

※下のボタンを押すとこの文章の英訳が読めます。

英文はこちら

Line Corporation has announced that the number of Line users exceeded 150 million worldwide as of April 30, 2013. Line is a cross-platform communication app that offers free calls, e-mails and group chats among Line users around the world. Following its launch in June 2011, Line quickly became a must-have application, especially among younger users. However, partly because of its accessibility, there have been various incidents of inappropriate usage involving minors. Can Line overcome these growing pains?

Q1

Why has Line grown so rapidly?

Line was initially a simple text-messaging app that allowed users to send free messages to, or have group-chats with, other Line users. When the free call, and the now signature stamp - amusing cartoon characters, used like emoticons - features were added to the service four months after its launch, Line caught on with young students. The simplicity of registering with an existing phone number appealed to users from the start, and now users don’t even need to exchange phone numbers; they simply exchange their Line IDs to become “friends.”

Q2

You hear about Line-related incidents in the media. Why is that?

The very accessibility that made Line popular is also said to have been the cause of various incidents. Aside from certain stamps, which are the main source of income for Line, it is a free app, so almost anyone can download it. Until recently, there was no age limit*1, and there have been reported cases of sexual predators contacting minors through Line. The police have already intervened, requesting the closure of an anonymous bulletin board on the Internet - outside of the Line network - where Line IDs were being exchanged. *2

Q3

How is LINE dealing with these issues?

LINE Corporation has been adding new features to increase security. What it cannot fully control, though, is the content of the chats and shared photos. The group chats have reportedly sometimes been platforms for cyber bullying. Further, the “Read” signs that appear on every message can pressurize users to reply promptly so as not to offend the sender. *3 Line already has a huge following around the globe, and major brand names are jumping in, seeing its potential as a viable marketing tool. As is the case with any social media, Line must tackle various issues if they wish to continue growing.

日本語訳

Q1:LINEはなぜこんなに急速に伸びたの?

A1:LINEは当初、シンプルな、メッセージングのアプリで、他のLINEユーザーに無料でメッセージを送ったり、グループチャットをしたりすることができたんだ。販売開始から4カ月後に無料通話、そして今や最大の特徴とも言える、スタンプ機能がサービスに加わると、若い学生の間で大流行になった。既存の電話番号のみで登録できる手軽さが、最初からユーザーに受け入れられ、今では電話番号すら交換する必要がなくなったんだよ。ユーザーは、LINE IDを交換するだけで、「友達」になれる。

Q2:LINE関連の事件を、メディアで聞くことが多いね。どうして?

A2:そもそもLINEの人気の元になった手軽さこそが、さまざまな事件の背景にある原因だと言われているんだ。LINEの主な収入源でもある有料スタンプを除けば、無料のアプリなので、誰でもダウンロードできるしね。最近まで年齢制限もなかったので、LINEを通じて、性犯罪者が未成年と知り合う事件が起きているんだ。既に警察も介入していて、LINEのネットワーク外だけど、匿名のBBSの閉鎖が要請されたんだよ。

Q3:LINEは、そうした問題に、どうやって対処しているの?

A3:LINE株式会社は、セキュリティを高めるために、新機能を追加しているよ。でも、運営側も、チャットや、共有される写真の中身を完全にコントロールすることはできないんだ。グループチャットが、サイバーいじめの場となっている事例が報告されているし。さらには、「既読」マークがすべてのメッセージに出るので、送信者が気分を害しないように、急いで返信をしなければならないという、プレッシャーを感じる例もあるようだね。LINEはすでに、世界中でファンを増やしているし、大手ブランドも、有効なマーケティング手段としての可能性を見て、参入し始めている。どんな新規のソーシャルメディアにも言えることだけど、成長を持続させるには、LINEはこれからもさまざまな課題に取り組む必要があるだろうね。

英語で話そう! イマドキの日本 トップへ


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録