執筆 春日聡子

大学入試制度改革

University Entrance Exam Reforms

2013年10月、安倍首相は政府の教育再生実行会議がまとめた大学入試改革に関する提言を、受け取りました。これまでと大きく変わる点としては、現在本番一発勝負の大学入試センター試験に代えて、高校在学中に複数回「達成度テスト」を受けることができるようにするということがあります。文部科学省は、5、6年後の実施を想定しています。こうした改革の狙いとは、何なのでしょうか。

※下のボタンを押すとこの文章の英訳が読めます。

英文はこちら

In October 2013, Prime Minister Abe accepted the suggestions of the Education Rebuilding Council. This government panel on educational reform proposed changes to university entrance exams. One of the most notable changes involved replacing the current standardized exam, that can be taken only once, with a “learning achievement test” that students can take multiple times during high school. The Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology wishes to implement the reforms within the next five to six years. What are the reforms aiming to achieve?

Q1

How do the current university entrance exams work?

Under the current system, universities accept the majority of students on the sole basis of one or two test results. Most examinees that wish to be accepted into prestigious universities first take a standardized exam called the National Center Test for University Admissions, commonly referred to as the “center exam.” It is a multiple-choice exam that is held in mid-January every year over two days. Then, the examinees take the exams of the individual universities of their choice.

Q2

What will the reforms entail?

The new “learning achievement test” will allow students to take the exam multiple times, so there will be less pressure on them compared to the current one-off test. The new test will also do away with precise scores. The results will be categorized in broad ranks instead. The panel also suggested urging universities to shift away from a selection process where only test results are considered, to a more “person-oriented” process by holding interviews or debates. The council further said there should be more emphasis on extracurricular activities, including volunteering or studying abroad.

Q3

What are the aims of the reforms?

The government believes that the current system, which puts too much emphasis on book learning, is no longer effective in creating future leaders as the world becomes more globalized and Japanese society faces the dual problems of a low birth rate and a rapidly aging population. However, experts argue that merely changing the entrance exams will not be the solution unless the universities make students work harder to earn their degrees. Further, many believe that a one-off entrance exam where only the grades are considered is the fairest method. Education is undoubtedly the building block of nations, and the current heated discussions are sure to continue.

日本語訳

Q1:現行の大学入試制度は、どんな仕組みなの。

A1:現行の制度において、大学側は大多数の学生を、1つか2つの試験結果のみで判断して、合格させています。権威ある大学の入学を希望するほとんどの受験生は、まず大学入試センター試験、通称センター試験を受験します。これは、毎年1月中旬、2日間にわたって実施される、マークシート方式の試験です。それから、受験生はそれぞれ志望大学の試験を受けます。

Q2:どんな改革が実施されるの。

A2:新たな「達成度テスト」は、複数回受けることができるようになるので、現在のような一発勝負に比べて、プレッシャーが少なくなります。さらに新テストでは、成績を点数で表示するのをやめます。代わりに、テスト結果を大まかにランク分けします。実行会議はまた、試験結果のみで判断する選考過程から、面接や討論などを設けて、より“人物本位”の入試に移行するよう、大学側に求めるとしています。また、ボランティアや、海外留学などの課外活動もより重視されるようになります。

Q3:改革の狙いは何?

A3:政府は、現行制度では机上の知識に重点が置かれ過ぎているため、世界のグローバル化が進み、日本社会が少子高齢化問題に直面する中、未来のリーダーを育成するのに効果的でないと考えています。しかし専門家は、大学側が学生に対し、学位を得るためにより一層勉強することを課さない限り、入試を改革するだけでは解決にならないとしています。さらに、試験の点数のみが考慮される一発勝負の入試が、最も公平な方法だという意見も多くあります。教育は間違いなく国の根幹を成すものですから、今後も熱い議論が交わされるのは間違いありません。

英語で話そう! イマドキの日本 トップへ


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録