HOME > 英会話 > 英語で話そう! イマドキの日本 > 日本の少女たちにアンを紹介した翻訳家

執筆 春日聡子

日本の少女たちにアンを紹介した翻訳家

The translator who introduced Anne to Japanese girls

『赤毛のアン』を日本人に紹介した立役者の人生が、新たに脚光を浴びています。連続テレビドラマ『花子とアン』(NHK)は、『赤毛のアン』の翻訳者である村岡花子の半生を描いています。村岡花子とはどのような人物で、どういう経緯で、日本で最も愛されている、児童文学の一つを翻訳するに至ったのでしょうか。

※下のボタンを押すとこの文章の英訳が読めます。

英文はこちら

A new light is being shed on the life of the person responsible for introducing "Anne of Green Gables" to the Japanese people. The TV drama series "Hanako and Anne" (NHK) tells the true-life story of Hanako Muraoka, the translator of "Anne of Green Gables." Who was Hanako Muraoka and how did she come to translate one of the most beloved children's books in Japan?

Q1

Who was Hanako Muraoka?

Hanako Muraoka was a translator and a scholar of children's literature. She is best known for her translation of the "Anne of Green Gables" series by Lucy Maud Montgomery. She was born in 1893 as the daughter of a poor tea merchant, Ippei Annaka. The father, who was a Christian, quickly recognized his eldest daughter's brightness, and he was determined to provide her with the opportunity to receive the best education possible. Through his Christian connections, he succeeded in sending Hanako to Toyo-Eiwa Jogakuin in Tokyo, a girl's school founded by Canadian missionaries. As a stipendiary student, Hanako studied at Toyo-Eiwa for 10 years from the age of 10, and she excelled in her studies, especially English.

Q2

How did she come to translate “Anne of Green Gables?”

After graduation, Hanako worked as an English teacher and eventually became a writer. She continued to associate with the Canadian missionaries until, as Japan headed down the road to war, all Westerners were forced to leave Japan. In 1939, before her return to Canada, a missionary named Loretta Shaw handed Hanako a novel as a token of their friendship; it was none other than "Anne of Green Gables." She entrusted Hanako to one day translate the book and to introduce the true spirit of Canadian women to the Japanese people. At a time when it was a risk to even possess an English book, Hanako started to translate the book in the belief that this was the sort of book that would brighten the lives of youngsters in this country. She even carried the book and her manuscript into the bomb shelter during air raids. By the time the war was over, she had completed the translation. "Akage no Anne (Red-headed Anne)" was finally published in 1952.

Q3

Why is “Anne of Green Gables” so popular in Japan?

There is an estimate that of the 50 million copies sold worldwide, the sales in Japan account for 15 million copies. There are many theories as to why this particular book gained so much popularity in Japan. The plot line is hardly dramatic, yet according to Hanako, the novel is filled with "words that have the power to change the mundaneness of every day life into something glorious." *1 "Anne of Green Gables" is a story of a girl using her imagination to overcome hardship. It's about women struggling to earn their independence through education. It is about finding enjoyment in everyday life, about valuing friendship and family. Those were exactly the values that the Canadian missionaries tried to instill in their students. Hanako grew up reading the Bible and the poems of Tennyson and Byron. She admired the missionary teachers' puffed-sleeved dresses. She knew the world depicted in "Anne of Green Gables" because that was the world she grew up in. Through what can only be called fate, "Anne of Green Gables" traveled across the ocean and found its way into the hands of a "kindred spirit." It is certain that the novel will continue to be loved by generations of Japanese girls to come.

日本語訳

Q1:村岡花子とはどんな人物だったの?

A1:村岡花子は、翻訳家で児童文学者でした。ルーシー・モード・モンゴメリの『赤毛のアン』シリーズの翻訳で知られています。花子は1893年に、貧しい茶商人、安中逸平の娘として生まれました。クリスチャンでもあった父親は、長女の利発さにいち早く気付き、可能な限り最高の教育を受ける機会を与えようと決めました。そしてクリスチャンの人脈をつてに、カナダ人宣教師によって設立された、東京の東洋英和女学院に、給費生として入学させることに成功しました。花子は10歳から10年間、同校で学び、優秀な成績を収め、特に英語はずば抜けていました。

Q2:どのような経緯で、『赤毛のアン』を翻訳することになったの?

A2:卒業後、花子は英語教師として働き、やがて文学者、翻訳者になりました。カナダ人宣教師たちとの交流は続きましたが、やがて日本が戦争に向かって進み始めると、全ての西洋人たちは、帰国を余儀なくされました。1939年、カナダに帰国する前に、ロレッタ・ショーという宣教師が、友情の証として、一冊の小説を花子に渡しました。その本こそが『赤毛のアン』でした。いつの日かこの書を訳し、日本の人々にカナダ人女性の本当の精神を伝えるよう、花子に託したのです。英語の本を所有しているだけでも危険だった時代に、花子はこのような本こそが、この国の若者の人生を明るくするものだという信念の下、翻訳を始めました。空襲の際にも、原書と原稿を抱えて、防空壕に逃げ込みました。戦争が終わるころには、翻訳も終えていました。『赤毛のアン』は、1952年に、ついに出版されたのです。

Q3:『赤毛のアン』はなぜそれだけ日本で人気があるの?

A3:ある見積もりによれば、全世界での総売上5000万部のうち、日本における売り上げは、1500万部に上るといいます。なぜ特にこの本が、それだけ日本で人気となったのかについては、諸説あります。あらすじはドラマチックとはいえないものの、花子によれば本書には、「ありふれた日常を、輝きに変える言葉」がちりばめられています。『赤毛のアン』は、想像力によって、困難を乗り越えようとする少女の物語です。女性たちが、教育を通して自立を得ようと奮闘する様を描いています。日常生活に喜びを見いだし、友情と家族の大切さを説いています。それらはまさに、カナダ人宣教師たちが、生徒たちに教えようとした価値観でした。花子は聖書、そしてテニスンやバイロンの詩を読んで育ちました。宣教師たちのふっくらした袖のドレスに憧れを抱いていました。花子は『赤毛のアン』に描かれた世界を知っていました。なぜなら、彼女はまさに、その世界で育ったからです。運命としかいいようのない経緯から、『赤毛のアン』は海を渡り、「腹心の友」の手元へと行き着いたのです。本書がこれからも、何世代にもわたる日本人少女たちに愛されることは、間違いないでしょう。

英語で話そう! イマドキの日本 トップへ


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録