HOME > 英会話 > 英語で話そう! イマドキの日本 > 高まる異常気象の脅威

執筆 春日聡子

高まる異常気象の脅威

The Heightened Risk of Extreme Weather Events

今年の夏も、例年通り、強い台風が相次いで日本列島に接近しています。上陸した台風は、通過した地域だけではなく、離れた地域でも、いわゆる“ゲリラ豪雨”を引き起こすなど、甚大な被害をもたらしています。近年、世界の様々な地域において、異常気象がますます報告されるようになっています。高まる自然災害の脅威に、どう備えるべきなのでしょうか。

※下のボタンを押すとこの文章の英訳が読めます。

英文はこちら

This summer, as usual, many strong typhoons have been approaching the Japanese archipelago. Of those that have landed, some have caused severe damage, not only to areas the typhoons have passed over, but also to other remote areas, inducing so-called guerrilla rainstorms (torrential downpour). In recent years, extreme weather conditions have been increasingly reported around the globe. What can be done to prepare ourselves for the heightened risk of natural disasters?

Q1

Have there been more typhoons this summer than in previous years?

According to the Japan Meteorological Agency (JMA), as at the end of August 2014, typhoons have been heading toward Japan at a pace that could top last year's number. Last year, 31 typhoons occurred, and it was the first time in 19 years that over 30 typhoons had been reported. Further, of the 31 typhoons, 14 came close to Japan, which was also above the normal rate of 11.4. Even without the typhoons, many parts of Japan have been affected by torrential rain and thunderstorms that have caused devastating flooding and landslides this summer.

Q2

Are adequate warnings being issued?

In light of the heightened risk of extreme weather conditions in recent years ── especially following the tsunami caused by the Great East Japan Earthquake and the heavy rain caused by Typhoon No. 12 (Typhoon Talas), both in 2011 ── the JMA launched an "emergency weather warning" system on August 30, 2013.*1 This "emergency weather warning" will be issued when a natural disaster is likely to occur on a scale that will far exceed the usual "weather warning" criteria, in a magnitude observed only once every few decades. The new system was implemented to reduce the number of casualties as much as possible. Unfortunately though, an "emergency weather warning" was not issued prior to the large-scale sediment disaster that caused landslides and killed many in the city of Hiroshima on August 20. The JMA explained that this was because earlier signs had not met the criteria for the issuance.

Q3

Is global warming the cause of these extreme weather events?

In its "Fifth Assessment Report," the Intergovernmental Panel on Climate Change clearly states the climate is changing across our planet, largely as a result of human activities. Further, it goes on to say, "Climate change, whether driven by natural or human forcing, can lead to changes in the likelihood of the occurence or strength of extreme weather and climate events or both."*2 While efforts to mitigate global warming must be continued, the view that further climate change is now inevitable, is becoming more widespread. The key now is to "adapt" and to "cope" with global warming as well as we can, and advancement in weather forecasting is high on the agenda worldwide.

日本語訳

Q1:今年の夏は、例年と比べて台風が多いの?

A1:気象庁によれば、日本に接近している台風の数は、昨年のペースを上回っているということです(2014年8月末現在)。昨年は31個の台風が発生しましたが、30個を超えたのは、19年ぶりのことでした。また、その31個のうち、日本への接近数も、平年値の11.4を超える14個でした。台風以外にも、今年の夏は日本各地で集中豪雨や激しい雷雨が発生しており、壊滅的な川の氾濫や、土砂災害などを引き起こしています。

Q2:警報は適切に発令されているの?

A2:近年の異常気象の増加、特に2011年に起きた東日本大震災における津波、および台風第12号による大雨を受けて、気象庁は2013年8月30日に、「特別警報」の運用を開始しました。 これは「警報」の発表基準をはるかに超える、数十年に一度の大災害が起こると予想される場合に、発表されるものです。新制度導入により、少しでも人的被害が減ることが期待されていました。ところが、8月20日に広島市で発生し、地滑りによる多くの犠牲者を出した大規模土砂災害の際には、残念ながら「特別警報」は発表されていませんでした。それは、事前に「発表基準を満たさなかった」ためだと、気象庁は説明しています。

Q3:異常気象はやはり地球温暖化が原因なの?

A3:IPCC(気候変動に関する政府間パネル)は、その第5次評価報告書において、「地球上の気候は、主に人間活動を起源として変化している」と明確に述べています。さらには、「自然によるものであろうが、人為的なものであろうが、今後気候変動は、異常気象や自然災害を起こりやすくしたり、強力なものにしたりする可能性がある」と続けています。地球温暖化の緩和策は、今後も実施されなくてはいけませんが、今や、気候変動の進行は避けようがない、という見解が広がっています。今後カギとなるのは、温暖化にできる限り「適応」し、「うまく対処」することであって、そのためにも、天気予報の精度を上げることは、世界的に重要な課題となっています。

英語で話そう! イマドキの日本 トップへ


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録