執筆 春日聡子

デング熱感染拡大

Dengue fever infection spreads

今年の夏、約70年ぶりに国内でのデング熱感染が確認されました。厚生労働省によると、少なくとも142人の患者が感染しているということです(9月22日現在)。患者たちには海外渡航歴がなく、各自がいくつかの東京の公園を訪れた際に、蚊に刺されたことで感染したと見られています。この発生には、どのような意味があるのでしょうか。

※下のボタンを押すとこの文章の英訳が読めます。

英文はこちら

This summer, the first outbreak of dengue fever in almost 70 years was confirmed in Japan. At least 142 people have been infected, according to the Ministry of Health, Labour and Welfare (as of September 22.) The patients had no records of overseas travel, and it is believed that they contracted the disease through mosquito bites upon visiting various parks in Tokyo. What is the significance of this outbreak?

Q1

What is dengue fever?

Dengue fever is a mosquito-borne viral disease. It is not airborne, nor is it transmitted from person-to-person. Once infected, it causes symptoms such as fever, severe headache, muscle pain, joint pain, and a skin rash similar to measles. There is no vaccine for dengue. Even though it is rare, it can occasionally become severe, especially for those who are infected the second time around.

Q2

Why hadn't it occurred in Japan for the past 70 years?

A dengue fever epidemic once swept Western Japan from 1942 to 1945. It is believed that the virus was imported when military personnel who had contracted dengue fever in other parts of Asia were brought back on military ships during the war. Since then, dengue virus was believed to be non-existent in Japan, and all the dengue fever patients in the country had been cases of imported infectious disease. Because none of the patients who contracted the disease recently had traveled abroad, it was confirmed that they were infected in Japan.

Q3

What is the situation in the rest of the world?

The World Health Organization reports that the global incidence of dengue has grown dramatically in recent decades. Before 1970, only nine countries had experienced a severe dengue epidemic, but now, it is endemic in more than 100 countries around the globe.*1 It is viewed as yet another consequence of global warming, as tropical mosquitos that carry the dengue virus are spreading into areas where such mosquitos had not existed before. With over 40 percent of the world's population now at the risk of contracting dengue, health organizations are working hard to create a vaccine to fight against this disease.

日本語訳

Q1:デング熱って何?

A1:デング熱は、蚊が媒介するウィルス性の病気です。空気感染はしませんし、人から人への感染もありません。感染すると、発熱、激しい頭痛、筋肉痛や関節炎、そしてはしかに似た皮膚発疹などの症状があります。デング熱に対するワクチンはありません。まれではあるものの、特に一度かかった事がある人の場合、重症化することがあります。

Q2:なぜ日本では過去70年間デング熱の感染がなかったの?

A2:かつて1942から1945年に、西日本でデング熱の大流行がありました。これは戦時中に、アジア諸国でデング熱にかかった軍関係者が、軍用船で帰国した際にウィルスが持ち込まれたと見られています。その後は、日本にはデングウィルスはないとされてきて、国内のデング熱患者はすべて、海外で感染した、輸入感染症でした。今回発症した患者は、全員海外渡航歴がなかったことから、国内感染と断定されました。

Q3:海外の状況はどうなっているの?

A3:世界保健機関によると、デング熱の世界的流行は、ここ数十年間で劇的に増えているということです。1970年以前は、深刻なデング熱が流行したのは、わずか9カ国でしたが、今では世界100カ国において、風土病となっています。これは、デングウィルスを保有する熱帯の蚊が、かつては生息しなかった地域にまで広がってきていることから、また一つ地球温暖化がもたらした結果と考えられています。世界全人口の40%が、デング熱にかかる可能性のある今、さまざまな保健機関が、この病気に対抗すべく、ワクチンの開発に取り組んでいます。

英語で話そう! イマドキの日本 トップへ


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録