執筆 春日聡子

錦織圭選手飛躍の年

Kei Nishikori's Giant Leap

錦織圭選手の、今季の快進撃に、日本中が沸きました。今年の全米オープンでは、アジア人男性として初めてテニス四大大会のシングルス決勝に進出し、準優勝に輝きました。11月には、世界のトッププレーヤー8人のみが出場できるATPワールドツアー・ファイナルへの出場を果たし、ベスト4に入りました。世界ランキングは、過去最高の5位まで上っています。飛躍の年となった今季、躍進の秘密は何だったのでしょうか。

※下のボタンを押すとこの文章の英訳が読めます。

英文はこちら

Kei Nishikori’s winning streak this season excited tennis fans up and down the country. Nishikori was runner-up at the 2014 U.S. Open, becoming the first Asian-born man to make a Grand Slam singles final. In November, he qualified for the ATP World Tour Finals, in which only the top eight players of the season are invited to partake, and reached the final four. He now ranks No. 5 (as of November 3, 2014), his career high. What is the secret behind his success in this breakthrough 2014 season?

Q1

What was Nishikori’s track record prior to this season?

Since he turned pro in 2007 at age 17, his only major quarterfinal had been at the 2012 Australian Open. He started off the 2014 season ranked 17. Beginning with the win at the U.S. National Indoor Tennis Championships in February, he won a career-high four titles and 54 matches (54-12) this year. But it was his performance at the U.S. Open that really put him on the map. The (then) 10th seed Nishikori defeated the No. 5 Milos Raonic of Canada and No. 3 Stan Wawrinka of Switzerland leading up to the semi-finals. He went on to outlast world No. 1 Novak Djokovic of Serbia, becoming the first Asian man to reach a Grand Slam final.

Q2

Why did he play so well this year?

Nishikori asked former tennis star and 1989 French Open champion Michael Chang to come on board “Team Nishikori” this year as his coach. In a Japanese TV interview held back in 2012*1, Chang gave Nishikori advice on how a smaller player can outplay taller players by being quicker. Further, when Nishikori talked about his devastating defeat against Roger Federer in the 2011 Swiss Indoors Basel final, Chang famously told Nishikori that he thought Nishikori had made one big mistake. The mistake was that at a press conference prior to the match, Nishikori was saying how exciting it was for him to play Roger Federer, whom he had looked up to for many years. Chang’s advice was; You can admire them off the court, but once you come back on court, you need to come back with a mentality and determination that says, “You’re in my way of winning my title.” One can only speculate what role Chang might have played in this year’s success, but the results show that their partnership is a successful one.

Q3

Since when has he been training in the U.S.?

Nishikori moved from Shimane, Japan, to the U.S. at age 14, to train at the world-renowned IMG Bollettieri Academy in Florida. The Masaaki Morita Tennis Fund, founded by former Sony executive Masaaki Morita, sponsored his training. Since 2000, the Fund has sent 17 youngsters to the IMG Academy, but only two stuck it out until graduation, Nishikori being one of them. At a press conference held in Japan on November 18, Nishikori spoke of aiming for World No. 1 within five years. Nishikori is the biggest Asian star since Thailand’s Paradorn Srichaphan, who reached No. 9 in 2003, and he is well on his way to become an inspiration for a whole generation of Asian tennis players.

日本語訳

Q1:今季までの、錦織選手の成績はどうだったの?

A1:2007年に17歳でプロ宣言をしてから、四大大会において唯一準々決勝まで進出したのが、2012年の全豪オープンでした。2014年のシーズンは、ランキング17位でスタート。それが2月の全米国際インドアテニス選手権を皮切りに、自身最高成績となる、54勝(54勝12敗)、4大会優勝を果たしました。しかし、彼の名を世界に知らしめたのは、USオープンでのパフォーマンスでした。当時ランキング10位だった錦織は、5位のカナダ出身ミロシュ・ラオニッチ選手、さらには3位のスイス出身スタン・ワウリンカを破り、準決勝まで勝ち進みました。準決勝戦では、世界ランキング1位のセルビア出身ノバク・ジョコビッチ選手に競り勝ち、アジア人男性として初めて、四大大会の決勝戦に進んだのです。

Q2:今年はなぜこんなに良い成績を収めることができたの?

A2:錦織選手は今年、1989年の全仏オープン優勝者にして元テニス選手のマイケル・チャン氏に、「チーム錦織」にコーチとして加わってもらいました。それ以前、2012年に放映された日本のテレビ番組の対談の中で、チャン氏は錦織選手に、背の低い選手は素早く動くことで、高い選手を破ることができるというアドバイスを与えました。さらに、錦織選手が2011年のスイス・インドアの決勝戦でロジャー・フェデラー選手に完敗したことについて話した際、チャン氏は、錦織選手が大きな間違いを犯したと指摘しました。その間違いとは、試合前の記者会見で錦織選手が、何年も憧れ続けてきたロジャー・フェデラー選手と試合ができることに感激している、と話したことです。チャン氏の助言とは、コートを離れれば、好きなだけ尊敬すればいい。でもいったんコートに戻れば、「私がこのタイトルを勝ち取るのに、邪魔はさせない」という気持ちと決意で戻ってこなくてはいけない、というものでした。今年の活躍に、チャン氏がどれほど寄与していたのかは、推測するしかありませんが、結果を見る限り、二人のパートナーシップは、成功していると言えるでしょう。

Q3:錦織選手は、いつからアメリカで練習しているの?

A3:島根県出身の錦織選手は14歳の時に、著名なIMGニック・ボロテリー・テニスアカデミーでトレーニングをするため、アメリカのフロリダ州に移住しました。ソニーの元役員、盛田正明氏のテニス・ファンド、通称盛田ファンドが支援しました。同ファンドは2000年以来、17人の若者をIMGアカデミーに送っていますが、卒業まで留学を継続したのは二人だけで、錦織選手もその一人です。11月18日に日本で行われた記者会見の場で、錦織選手は5年以内に世界ランキング1位を目指すと話しています。錦織選手は、2003年に世界9位まで浮上した、タイのパラドーン・スリチャパン選手以来、最大のアジア人スター選手で、未来のアジア人選手たちにとってインスピレーションとなることは、間違いありません。

英語で話そう! イマドキの日本 トップへ


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録